生活・その他

2018年1月 7日 (日)

ご近所パワースポット

まつこです。

今年は戌年。ひょっとしてご利益があるかもと期待し、東大農学部の中のハチ公像を拝んでみました。

Photo
[犬のしっぽも信心から]

ついでにちょっと足を伸ばして、湯島天神まで散歩。牛の鼻先を撫でてきました。

Photo_2
[牛の鼻先も信心から]

ご近所パワースポットです。

2018年1月 5日 (金)

学生街の喫茶店

まつこです。

ラーメン屋ばかりが増える本郷界隈で、昔からずーーーっと変わらないお店もあります。そのひとつ万定フルーツパーラー。メニューはカレーライス、ハヤシライス、オレンジジュース、レモンスカッシュなど。

Img_0152
[昭和レトロな喫茶店]

創業は大正3年だそうです。 お店に入ると昭和にタイムスリップした感じです。

Photo_2
[名物のカレーライス。黒くてさらっとしています]

昭和の大学生うめぞうが店に入ると、インテリアに溶け込んだように馴染んでいます。名物のカレーを食べながら、ついついうめぞうは学生紛争の時代の思い出話にふけってしまいます。うめぞうはゲバ棒は持たなかったようですが、ノンポリ学生にはノンポリなりの苦い思いが残っているらしいです。

Img_0149
[ミルクコーヒー。食器がミッドセンチュリーっぽくてカワイイ]

食後のコーヒーも、ミルクが濃厚で、お砂糖入れると懐かしい味がしました。スタバもドトールもなかった昭和の時代、大学生はこういう喫茶店でコーヒー飲んで議論したり、恋愛したりしたのでしょう。

Img_0150
[昭和9年製のレジスター]

古いレジスターで、カレーライスは「75銭」とうつのだそうです。カレーとコーヒーで二人合わせて「2円20銭」。最近、このレジスターの写真を撮らせてほしいというお客が増えていると、お店のおばちゃんは笑っていました。インスタ映えしそうなレジスターです。

昭和は遠くなりにけり。こういうお店に入ると、遠い過去になった学生時代がセピア色の記憶としてよみがえります。風呂屋、質屋、喫茶店、雀荘・・・全学ストライキ。向上心と挫折感が入り混じる青春の日々。万定フルーツパーラーはちょっとビタースィートな感傷をかきたてる学生街の喫茶店です。

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

ウメマツです。

あけましておめでとうございます。

Photo
[今年もどうぞよろしくお願いいたします]

いつも冬休みになるとイギリスに遊びに行っていたので、まつこは数年ぶりの日本のお正月です。今年の元旦は伝統的な日本のお正月らしい1日を過ごしました。

Img_00931
[松と南天と竹]

門松は無理なので、そのイメージの花を部屋に飾りました。ご近所の花屋で買ったアレンジメントです。いつもはエピファニーの1月6日あたりまでクリスマスツリーを出したままにしているのですが、今年は年内に片付けてお正月仕様に。

Photo_2
[老人ホームで新春の乾杯』

日本のお正月は家族が集まる日。ウメマツは老人ホームにいるうめママを訪ねました。三段重のおせち(注:既製品です。今年は美濃吉)、日本酒、お雑煮などなどを持って行きました。老人ホームの小さな居室でも、しばしお正月気分を満喫しました。

Photo_3
[善男善女にまじって]

帰り道、近所の根津神社に立ち寄ってみると、お参りする人の長蛇の列。うめぞうは宗派が違うし、私は無宗教なので、境内を散歩しただけですが、それぞれに願いごとを抱えた善男善女にまじって、神社の清々しい気分を味わいました。

ウメマツの今年の願いごとは・・・
二人そろって元気で過ごすこと、
これに尽きます。

でもこの年齢になると、あれこれ不調が出てきてもそれもまた自然なこと。そんな時でも明るく粘り強く日々を送っていけるよう、二人で助け合っていきたいと思います。

2018年、みなさまにとって良い年となりますように!

2017年12月31日 (日)

ひとひらの雪

まつこです。

あっ、雪!

Img_0103
[寒い朝]

ほんの数分だけですが、ふわりふわりと白い雪が舞い降りてきました。

Img_0094
[春を待つ]

昨日、ベランダに植えたばかりの水仙の黄色い花も冷たい風の中で震えています。

今年も1年、このブログに立ち寄っていただきありがとうございました。寒い大晦日になりそうです。みなさま暖かくして、 良いお年をお迎えください。

2017年12月27日 (水)

元気な赤

まつこです。

赤い色もいろいろ・・・

Img_0082
[6時少しすぎくらい]

今朝の朝焼け。冬至を過ぎて、これから少しずつ日が伸びてきます。そう思ってうれしくなった冬の朝。

Img_0083

[祝退院]

昨晩、知人から退院祝いにもらったアレンジメント。赤やピンクの花々を見るだけで気分も華やぎます。

Img_0087
[肌触りの良いHanroの高級下着]

そしてなんといっても一番インパクトの大きい赤はこれ。入院前に同僚の一人からもらったプレゼントです。真っ赤なキャミソールを着て気合を入れて入院せよ、と。

しかし真っ赤なキャミソールで心電図とってもらうのも気がひけるし、着るだけでドキドキしそう。二日目には手術着に着替えたので、病院では出番はありませんでした。せっかくなので新年をこの赤でスタートしようと思っています。

赤はやっぱり元気の出る色です。

2017年12月25日 (月)

ハッピー・ホリデー

まつこです。

クリスマス、おめでとうございます。

クリスマスには聖と俗が交錯します。教会で敬虔に感謝の祈りを捧げたあと、一歩外に出れば、食欲と物欲が大きくふくらむハッピーホリデー!

Img_0076
[ツリーよりツリーの足元が気になる]

毎年のことながらうめぞうのプレゼントは私が選び、私のプレゼントも私が選びます。(うめぞうはプレゼント選びに頭を悩ます必要がなく、私も好きなものがもらえる。うめぞうは何をもらっても喜ぶことになっている。)

というわけで、今年、サンタの代理として私が選んだものは・・・

Img_0077
[見た目は若干地味]

うめぞうにはiPhone X。ここはなんとかふんばって時代の流れについて行ってほしいので、最新機器を。

私にはモラビトのセカンド・バッグとジュール・ドゥ・エルメス。セカンド・バッグにはスマホと家の鍵を必ず入れること。出勤前にあわただしくバッグを変えてもこのセカンド・バッグを入れれば忘れ物はなくなるはず。黒だと重すぎ、ベージュではおとなしすぎるけれど、グレーだとどんな服にも合いそうです。

ジュール・ドゥ・エルメスはいかにもワーキング・ウーマン風の大人の香り。これを朝ひと吹きすると、「さあ働くぞ!」という気分になります。(同じジュール・ドゥ・エルメスでもアプソリュだと甘くなりすぎて私には合わない。また春夏はカルヴェンに変えます。)バッグも香水も働くための身支度です。心臓も良くなったし、1月からまたバリバリ働きましょう!

Photo
[ご近所のレストラン]

教会のキャンドル・サービスのあとに立ち寄ったのはご近所のフランス料理のマプール。若いご夫婦が一生懸命やっているお店です。

Img_0074
[デザートのサンタ]

クリスマスらしくフォアグラやリードヴォーなど、ごちそうをたっぷりいただきました。クリスマスってやっぱり楽しい!

2017年12月24日 (日)

O frabjous day! Callooh! Callay!

まつこです。

クリスマス・イブ、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は、心臓のカテーテル手術を終えて、今日、無事に退院しました。

Img_0053
[キャンドルの灯りがことのほか心にしみる今年のイブ]

前から不整脈の一種の心房細動があったのですが、今年になってからだんだんと悪くなって薬もあまり効かないため、根本的な治療をすることにしたのです。

比較的リスクの小さな治療で、鼠蹊部からカテーテルを入れて、心臓の数カ所を焼灼するというものです。侵襲性も低く、小さな傷跡が残るだけで、術後も二日ほどで退院できました。現代の医療技術の高さに改めて驚嘆します。

それでも手術室に入ってから出てくるまでは4時間ほどかかり、その間じっと病室で待つうめぞうは気の毒でした。私もやはり気持ちが張りつめていたようです。今日の夕方、近所の教会のキャンドル・サービスに出て、一曲目のキャロルを歌い始めたとたん、目から涙がポロポロと落ちてきてしまいました。

お世話になった病院の関係者のみなさん、励ましてくれた友人たち、ずっとそばにいてくれたうめぞうに感謝するとともに、こうしてこの世に生かされていることの喜びと畏怖の思いをあらたにしたクリスマス・イブでした。


今日のタイトルの"O frabjous day! Callooh! Callay!"はルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』」の中に出てくるナンセンスな詩の一節です。「すばうれしき日、はれー、ほれー」みたいな感じ。手術が無事にすんだと知らせたら、イギリスの友人トムが書いてきてくれました。

2017年12月10日 (日)

鮮やかな色

まつこです。

今年もクリスマス・カードが届き始めました。

Dsc_1463
[16世紀のイタリアの教会で使われていた聖歌隊用の手稿本の絵柄]

そろそろ大掃除をしなければいけない時期ですが、なかなか時間が取れないので、今年も家事代行サービスを利用。換気扇と窓ガラスの掃除をお願いしました。今年の大掃除はこれで完了とします。

大掃除以外に、もうひとつ気になっていたことが・・・

Dsc_1452
[すっかり色あせてしまったポスター]

ソファのところにかけているポスターがすっかり色あせてしまいました。15年前にここに引っ越して以来ずっと飾っていたニコラ・ド・スタール(Nicholas de Stael, 1914-1955)の"Musicians"という絵のポスターです。

抽象画と具象画の間で、四角で構築された構図が格好良くてお気に入りの一枚でした。違う絵にはしたくなかったので、同じのを新たに買いなおして額に入れてもらいました。

Dsc_1460
[もとはこんなに色鮮やかだった]

窓ガラスもきれいになり、ポスターも新しくなって、部屋がいっそう明るくなった気がします。窓の外も紅葉が色鮮やかです。

Dsc_1440
[窓の外も色鮮やか]

冬の澄んだ青空を眺めながら、そろそろ年の瀬の気分になっています。

クリスマスまであと15日です。

2017年12月 5日 (火)

東の空と西の空

まつこです。

目覚ましが鳴るのは5時50分。

Dsc_1445
[東の空]

だんだんベッドから出るのがつらい季節になってきました。

Dsc_1447
[西の空]

今朝は、東の空は朝焼けで、西の空には月が煌々と光っていました。

朝起きたらまず窓を開ける。きりりと冷えた空気が部屋の中に入ってきます。眠気が一気に消えて、さあ、今日も1日がんばろうという気持ちになります。

若い頃は早起きは苦手でした。早起きが前より平気になったのは、年取ってよかったことのひとつかな・・・。

明日から本格的な寒さになるようです。クリスマスまであと20日です。

2017年12月 2日 (土)

冬の東京

まつこです。

そろそろ東京の紅葉も散り始めています。お天気が良いので近所を散歩しながら紅葉でも眺めようということになりました。

Dsc_1430
[手入れのよく行き届いた楓]

第五代将軍綱吉の側用人として権勢を振るった柳沢吉保が作った六義園へ。

徒歩20分ほどで行ける名庭園です。ご近所なので気軽に出かけたのですが、行ってびっくり!押すな押すなの混雑ぶりでした。

Dsc_1431
[写真だと混雑ぶりが伝えきれません・・・]

回遊式庭園ですが、ぞろぞろと続く列が途切れることなく、その流れについて歩くだけ。

Dsc_1432
[柳沢吉保自身が設計した庭園]

あまりの人ごみに早々に退散してしまいました。

Photo
[せっかくなので記念写真を一枚]

六義園へ行く途中で立ち寄ったのは駒込の吉祥寺。こちらも銀杏が最後の見頃でした。

Dsc_14232
[若者の街の吉祥寺ではなく、本駒込の吉祥寺は曹洞宗のお寺]

人ごみにちょっと疲れたけれど、紅葉の美しさを堪能できた1日でした。東京も冬は空がすんできれいです。

より以前の記事一覧