社会

2018年12月31日 (月)

あれから10年

久しぶりにうめぞうです。

いよいよ2018年も残すところわずか。今年も、うめまつダイアリーを読んでくださった数少ない皆様には、あらためて感謝をささげます。旅の報告はまつこに任せ、馬鹿の一つ覚えのうめぞう節で旧年をしめくくることにしたい。

Photo_3

[ハンブルク市庁舎の前で世界を語るうめぞう]

大晦日といえば紅白歌合戦、お正月は初詣のあと家族そろっておせち料理。そんな昭和な時代は、さすがに生活形態の多様化や家族関係の変化とともにかすんできた。それでも商魂たくましい資本主義はたえず新たな祝祭を生み出し、強化していく。キリスト教とは無縁でも、クリスマス・イヴには恋人や家族とディナーを楽しまないと、クリぼっちなどとからかわれる。クリぼっち、おおいに結構じゃないか、とへそ曲がりなうめぞうは思ってしまう。自分の生活スタイルまで、マーケットに決めてもらう必要はない。それぞれの年末年始を、それぞれの仕方で過ごそうではないか、と。

ふりかえってみれば10年前、そのたくましい資本主義も満身創痍の瀕死状態だった。2008年の大晦日、日比谷公園では「年越し派遣村」が開設されていた。村長役は自立生活サポートセンター・もやいの湯浅誠氏。全国コミュニティ・ユニオン連合会などが協力し、炊き出しや生活職業相談、生活保護申請の援助や簡易宿泊所の提供などを行った。その3ヶ月半前に米国の大手投資銀行リーマン・ブラザーズが史上最大の負債を抱えて倒産。金融不安と景気後退の津波が世界を呑み込もうとしていた。

あれから10年、資本主義という名のフェニックスは灰の中からふたたび蘇ったように見える。しかし、あの危機は本当に解決されたのか。

この10年間、株価や不動産価格は持ち直しても賃金は横ばい。当然ながら富裕層のための贅沢品市場を除けば、個人消費も頭打ち。低成長の中で格差は拡大し続け、家計と国家財政が抱える借金の対GDP比はついに10年前の水準を超えた。次の危機が静かに、しかし着実に近づいているのだ。その危機を10年間、封じ込め、先延ばししてきた唯一の市場プレーヤーは中央銀行だった。その時間稼ぎも、いよいよ限界に近づきつつある。

 こんな暗い話で一年をしめくくるのは気が進まないが、危機は忘れるより、覚えておいた方がはるかに身のためだ。フェニックスは、たとえ燃え尽きても復活する。しかし、私たちの生活はそうはいかない。たとえもう一度、市場に火がついても、私たち自身の生活は、市場の原理とは異なる原理で守り続けていきたい。そのための知恵を来たる年にはみなさんと一緒に磨いていきたいものだ。どうぞ良いお年を。

2018年12月12日 (水)

水曜日のジャケット

まつこです。

苦労続きのメイ首相。今日は保守党議員が党首に対する不信任投票することを決めました。デイヴィッド・キャメロンが党員に向かって、「首相を支えるべきだ」とツイートしたら非難轟々。やれやれ・・・。

73239566486843imagea47_154460765613

[断固戦うわ!]

「私が今やめたらEU離脱が遅くなるだけ」と訴えていますが、保守党議員は次の党首が誰かで浮き足立っているようです。

73255506486671imagea95_154461080565

[後ろのボタンがアクセント]

もはやイギリスの政局の視界はゼロ。テリーザ・メイのファッションにだけ注目しましょう。

今日は紺色のパンツにジャケットの組み合わせ。高い位置でウエストを絞った細身のジャケットでした。ジャケットは織地に模様が入っていますが、パンツは無地。このバランスがなかなかスッキリしてカッコいいですね。

でも明日も党首でいられるかどうか・・・。

2018年12月11日 (火)

月曜日のスーツ

まつこです。

月曜日のテリーザ・メイのスーツはこれ。

181210110017theresamayparliamentbre

[これはまた先週とは違うスーツですね]

メイ首相は火曜日に予定されていたEU離脱協定案についての採決を延長すると発表しました。議場は騒然。議長がなんども静粛を呼びかけるなか、諄々とさとすように、経済的混乱も国民のこれ以上の分断も避けるためには妥協が必要なんだと演説していました。

しかし野党党首コービンはメイにはもはや政権運営能力はないとはげしく非難。さらには採決延長に抗議の意を示すため、議場内に置かれている職杖(Mace, 国王への忠誠のシンボル)を持ち出そうとする労働党議員までいる始末。

_104725542_p06v6z02

[みなが唖然と見守るなか職杖を持ち出そうとする労働党議員]

これじゃあイギリス首相は、まるで学級崩壊した授業をなんとか正常状態に戻そうとしている校長先生みたいな感じです。

私の好きなジャーナリストであるトム・サトクリフは「恥ずかしくて、他の国のひとたちにイギリスのことを見てほしくない」とツイートしていましたが、この混乱ぶりは不条理劇のようでついつい見てしまいます。しばらくメイのスーツ・ウォッチャーとしての日々が続きそうです。

2018年12月 8日 (土)

メイ首相のスーツ

まつこです。

EU離脱をめぐって、「バックストップ」がどうした、「リーガル・アドバイス」がなんだ、離脱延期だ、いや国民投票やりなおしだ、いやいや断固離脱だ・・・と、混迷の度合いが深まるばかりの英国議会。

その泥沼化した議論のただ中で、開き直った感さえ感じさせるきっぱりした服装をしているのがメイ首相。

May_2

[首相官邸を出発して泥沼の議会へ向かう首相]

クリスマス・シーズンらしい鮮やかに赤いコートの下は、ビシッとしたスーツです。

Commons_br_9

[右も左も勝手なこと言ってまったくもう・・・と内心思っているに違いありません]

スーツに大ぶりなアクセサリーを合わせるのが、テリーザ・メイの定番です。

Image_2

[これは上の写真の前日。よく見ると違うスーツです。ストライプの織り柄のスーツにシャープなデザインのネックレスを合わせています]

イギリスでは内務大臣を経験した人が首相になるのは、ごく珍しいことだそうです。調子にのって国民投票して、結果が出たところで、あわてて逃げ出したキャメロンのあとを継ぎ、急遽、内務大臣から首相になったメイ。棚からぼた餅、というよりもババ抜きのババが回ってきたようなものです。

以前はイギリス政界の「おしゃれ番長」と呼ばれ、時にギョッとするほど大胆に派手なコーディネートもしていました。しかし、EU離脱をめぐる迷走の果てに収拾がつかない状況になったイギリスを率いる今、勝負服はやはり堅実なスーツのようです。

Gettyimages1065088412

[こちらは11月25日、ブリュッセルで離脱案にEU首脳が合意したとき]

ハード・ブレグジット派や残留派が、それぞれの思惑から、メイ首相がEU側とまとめた離脱案をボロクソにけなすなか、メイ首相は少なくとも表面は冷静沈着に対応しているように見えます。

やっぱりこういうときはダーク・スーツに限るようです。日本のワーキング・ウーマンのみなさんも揉めそうな会議の日には仕立ての良いスーツに身をつつみ、お腹の中はどんなに煮えくりかえっていようとも、クールな落ち着きぶりを見せつけて、うまくのりきっていきましょう。

2018年10月31日 (水)

メイ首相のコートと予算案

まつこです。

月曜日に発表されたイギリスの来年度予算。緊縮を終結し拡張財政への転換を宣言する一方、EU離脱のリクスにはまったく触れず、ちょっと見通しが甘すぎるんじゃないのという懸念の声もあるようです。

3500

[ジョークをまじえながら予算案を発表するハモンド財務大臣]

EU離脱をめぐって、党内の対立、国内の亀裂、ヨーロッパとの軋轢など、厳しい立場に立たされている首相のテリーザ・メイ。この予算発表の日にガーディアンの女性記者が目をつけたのは、メイ首相が着ていたコートです。"What is the meaning of Theresa May's £750 'twofer' coat?"

2036

[予算発表の朝、首相官邸から国会に向かうメイ首相]

一枚なのに二枚に見えるコート、こんなにあったかそうなコートで、政権に対する冷ややかな声から自らを守ろうとしているのかしら・・・もうじきEUから離脱するのに、イタリア製のヘルノのコート着ているのね・・・750ポンドもするコートを着ているのは緊縮財政の終結と関係あるのかしら・・・所得税減税の恩恵を受けるのはこんな高いコート買える人たちだけなんじゃないの・・・

こんな調子のちょっと皮肉な記事でした。

Telemmglpict000151259174_trans_nvbq

[このヘルノのコートはこういうカジュアルなスタイルの方が合っていますね]

こんな記事が出たり、ハモンド蔵相が予算案の発表中になんどもジョークを交えたり、イギリスの政治風景にはユーモアの精神がまだ生きているようです("Toilet jokes, missing rabbits and Nick Clegg calling: Hammond's budget humour")。

EU離脱交渉が難航していようと、とりあえず余裕のあるフリはしてみせる。そんな2019年度の予算案発表でした。

2018年7月23日 (月)

友好的離婚

まつこです。

先日、あるセミナーに参加しました。ドイツのEU議会議員を講師として招きEUの現状について意見を聞くという会です。

EUがテーマのセミナーならあれにしよう!と思って選んだのは、Charlotte Olympiaのユニオンジャックをデザインしたバッグ。ついでに服も靴もJosephにして、UKファッションでコーディネートしてみました。ちょっとした「遊び」のつもり。

Photo_2

[ネイビーのワンピースなら無難]

右傾化が顕著になる国々や、押し寄せる移民の受け入れなど、目下のところ諸課題が重くEUにのしかかっており、かつてのヨーロッパ統一の明るいヴィジョンは見えにくくなっています。日本との貿易協定によって、EUにも日本にも有利になるような関係構築をしたいという趣旨の講演でした。

まあごく一般的な内容だったのですが、イギリスのEU離脱、Brexitが話題になったとたん、ドイツ人EU議員の口調ががぜん熱くなりました。「EUを離れたらイギリスは弱体化するはずだ。出てくなら勝手にどうぞ。さっさと出て行ってくれ。バイバイ」といった調子です。

まあ、確かにBrexitをめぐって、イギリスは迷走を続けています。離脱の交渉条件をめぐっては、メイ首相の離脱方針に反対してEU担当大臣や外務大臣が辞職、さらにはそのEUと協調関係を目指す穏健な方針ですら、EU側は反発していると報道されています。

しかし「さっさと出てけ」と言われると、私が言われたわけでもないのに、なんとなく面白くないのはなぜかしら。Charlotte Olympiaのユニオンジャックのバッグのせいかしら。

いっぽうイギリスでは、「イギリス人よ、自信をもって離脱しよう!」と、辞めた外相のボリス・ジョンソンが檄を飛ばしています。こういうアジテーションも一時的な鬱憤ばらしにしかならないんじゃないかしらねえ。

「友好的な離婚」なんて、言うは易し、行うは難し。夫婦関係と同じように、つい感情的になってしまうのが外交関係です。しかしこういう難しい局面だからこそ、冷静な議論を積み重ねて互いの妥協点をさぐるという「大人の態度」を、ぜひEUとイギリスには見せてもらいたいものです。それができれば、ヨーロッパの価値も世界で再度評価されるでしょうけれど、まあ、難しいんでしょうねえ・・・。

2018年1月21日 (日)

クッキー片手に悲憤慷慨

まつこです。

先週末はセンター試験の監督に動員され休日返上。は〜あ、くたびれた・・・。

と、へこたれていたところにうれしいプレゼントが届きました。

Img_0179_1
[ハプスブルク・ファイルヒェンの高級クッキー]

しっかりと香りのする焼き菓子ですが、口に入れるとホロホロと溶けるような軽さです。せっかくのおいしいお菓子でゆっくりしたティータイムでも過ごそうと、お茶をいれました。

Img_0182_1
[おひとりさまで優雅なティータイム]

いつもはマグカップでガブガブ飲むので、ソーサー付のカップにするだけでも優雅な気分になります。

しかし・・・

お茶を飲みながら手にした読み物がまずかった。

Img_0184_1
[オヤジ雑誌の中央公論]

2020年度からの入試改革についての特集記事が組まれていました。職業柄ついつい読んじゃいます。

今回の入試改革では文科省が「多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価しろ、と言っているのですが、なんだかよくわからない理念です。協調性のある「いい人」を選んで大学に入れろというんでしょうか。こういう中途半端な基準を持ち出すと、ますます学力軽視の教養崩壊が進むだけ。ひいては国力低下を招くだけです(断言)。

しかもこの特集では文科大臣が「大学は社会、産業界との共創関係を意識すべき」などと言っています。文科大臣がこういう発想では、大学が就職予備校化するばかり。今でも高校生とその親が大学を選ぶ時には、「どういう就職口があるか」を気にし、大学も大学で受験生獲得のために就職率を上げるのに汲汲としています(嘆息)。

大学はジョブ・センターじゃありませんっ!

ついつい紅茶吹き出しながら叫んじゃいそうになります。AIだ、少子高齢化だ、人口減少だ、財政破綻だ・・・と不透明な時代だからこそ、知識と思考力を鍛えて、時流に流されない倫理観を育む、じっくりとした教育が必要です。

それなのに、こんな右往左往の入試改革で高校も大学もあたふたと対応に追われるようでは、ますます教育そのものに向けるエネルギーが削られるだけ。

あーあ、片手にウィーン菓子、片手に『中央公論』持って、悲憤慷慨してしまいました。

2017年5月 8日 (月)

ブリジット・マクロンのファッション

まつこです。

フランス大統領選挙決選投票の報道で、「おっ!」と私が目を向けたのは、39歳の若くハンサムなマクロン・・・ではなく、64歳の妻ブリジットのほう。

405
[投票所に向かうマクロン夫妻]

すっきりとしたグレーのジャケットがかっこいい。そのファッション・センスはすでに注目されているようで、イギリスの『ヴォーグ』のオンライン版には、さっそく「ブリジット・マクロンで変わるファースト・レディのファッション」(How Brigitte Macron is redefining First Lady Dressing)という特集記事が掲載されました。

Macronelysee2
[スペインのフェリペ六世がフランス訪問したときの歓迎晩餐会に向かう二人。赤いヒールはジャンヴィト・ロッシだそう]

アメリカのトランプ大統領と妻のメラニアの年齢差も24歳だけれど、こちらは逆で妻の方が24歳年上。しかしブリジットのファションはメラニアにもひけをとってはいない。膝上数インチの超ミニスカートを着こなすブリジットは、それまでのフランス大統領夫人とは一線を画す自己主張のあるファッションが特徴です。

Brigittemacronstyle9
[これはオランダの王族の歓迎会の時のファッション]

フランスの大統領夫人は、これまであまり目立たない存在だったのだそうです。確かに元ファッション・モデルのカーラ・ブルーニもサルコジの奥さんになったら、ブルジョアっぽいおとなしい着こなしになっていました。

Brigittemacronesttoujourslapourepau
[この後ろ姿は60代には見えない!]

それに比べるとブリジット・マクロンのファッションはずっとエッジが聞いています。60代でノースリーブ+素足にミニスカート+スーパー・ハイヒールをカッコよく着こなせるのは、あっぱれです。

Macrontrogneux
[もちろんデニム姿もかっこいい]

有名ブランドのファッション・ショーのフロント・シートに座る姿もしばしば目撃されているようです。エルメス、ルイ・ヴィトン、ディオール、モンクレーなどフランスの代表的ブランドをご愛用とのことですが、ファースト・レーディになればますますその注目度は上がることでしょう。

Brigitte
[24歳の年の差なんて・・・]

高校時代の国語とラテン語の先生だった女性と14年間の交際を経て結婚。そのエマニュエルは「ブリジットはずっと僕のそばにいてくれた。僕の人生の一部だ。大統領という地位には人間的な次元もある。僕の平静さを支えてくれるのは彼女なんだ」と、言い切っています。

既成概念にとらわれない恋愛と結婚をしたマクロン夫妻が、エリゼ宮から新しい時代を切り開いていってくれることを期待しましょう。

2017年2月 8日 (水)

似ている二人

まつこです。

先日、ロイアル・オペラ・ハウスのシネマ上映でオッフェンバックの『ホフマン物語』を見に行きました。

三つの悲恋の物語を詩人ホフマンが自伝的に語るという、凝った劇中劇構造を持つフレンチ・オペラです。

30555527200_c1339c57b3
[ヴェニスの娼婦に恋して、心打ち砕かれる詩人]

悲恋の相手は「人形」「娼婦」「病人」。いずれ叶わぬ恋の設定に、さらに悪役が登場して恋路に立ちはだかります。音楽とドラマが渾然一体となって盛り上がる4時間半にわたる上映、たっぷり楽しみました。

しかし困ったことが・・・

オペラに登場する悪人を見ているあいだに、ある人物のイメージが重なってきて頭から離れないのです。それは・・・

30768710291_4f706c31a1_z
[恋の邪魔をする悪党]

170111_war_tillersonjpgcroppromox_2
[富と権力を握る男]

アメリカの国務長官ティラーソンです。

以来、テレビやネットでティラーソンの顔を見るたびに、バリトン歌手トーマス・ハンプソンが演じた悪党に見えてしまうようになりました。

ついでにもう一組・・・

Img_1159
[豊橋の鬼祭り]

Trump1
[選挙結果を恨んでみても後の祭り]

やれやれ、困ったものだ、ほんとに。

2017年1月22日 (日)

壁ではなく橋を

まつこです。

次々ととっかえひっかえブロンド美人ばかり妻にしている人が、ビル・クリントンの古い女性スキャンダル持ち出すってどうなのよ・・・?英語が得意じゃない東欧系のファッション・モデルを3人目の妻にしている人が移民差別するって矛盾してない・・・?

というような素朴な疑問から、民主主義の根幹が崩れているという理念的な危機感を抱く人まで、多種多様な問題意識を持った女性たちが、大統領就任式の翌日に世界の各地でデモ行進しました。

A74f1c2ed1c14a3890a5001b31e4e77a
[ワシントンは50万人。写真はIndependentより]

このWomen's Marchは、トランプ大統領への抗議だけではなく、女性の権利や、もっと幅広く人権問題全般についての問題意識を共有するためのデモです。

3c5ef318000005784142956imagea76_148
[ワシントンではマドンナもスピーチ。写真はDaily Mailより]

グロリア・スタイネムのようなフェミニズム活動家だけではなく、マドンナやヴィクトリア・ベッカムなどいわゆるセレブリティたちも多数支援して、アメリカだけでなくイギリスでもかなりな盛り上がりを見せました。

3c5cf8d9000005784142956emma_watson_
[エマ・ワトソンもワシントンでデモに参加。写真はDaily Mailより]

事前にも事後にもかなり話題になり、報道も大きくなされたようです。

C97ab72edc7845eaba428de22af81cda
[こちらはニューヨーク。写真はIndependentより]

イギリスのインデペンデント紙の報道によれば全世界各地600箇所で250万人の人が参加したそうです。

3c5d5030000005784142956imagea178_14
[ジュリア・ロバーツのかぶっているようなピンクのニット帽が今回のシンボル・アイテム。写真はDaily Mailより]

イギリスでもロンドン、エジンバラ、カーディフ、リバプールなど各地で開催されました。ロンドンではメイフェアのアメリカ大使館前からトラファルガー・スクェアまで、10万人の人が行進したそうです。

_93731763_mediaitem93730755
[ロンドンのトラファルガー・スクェア。写真はIndependentより]

Women's Marchとはいうものの、あらゆるジェンダーの人が参加し、人種や性への差別や環境問題など、多様なメッセージを訴えました。

Image
[こちらはロンドン・ブリッジ。写真はTime Outより]

イギリスでは「壁ではなく橋を作ろう」(Bridges Not Walls)が合言葉になり、ロンドン・ブリッジ、ウォータールー・ブリッジ、ウェストミンスター・ブリッジなど、テムズ川にかかるいくつもの橋に横断幕や巨大プラカードが掲げられました。

9
[東京のアメリカ大使館前に集まった人たち。写真はMinichiより]

東京でも日比谷公園から六本木までデモをしたそうです。参加者数は報道機関によって350から500までと幅があります。

H
[東京のデモの様子。写真はMainichiより]

参加者のほとんどが外国人。こういうデモが開催予定であることも、あまり広く知られていませんでした。

イギリスのEU離脱やトランプ新政権などについて、日本の報道を見ていると経済的影響のことばかりが話題になっています。しかしポピュリズムのうねりや性差別や排外主義は世界的現象で、日本も例外ではありません。「橋」が必要なのは日本も同じです。

日本でも松田聖子とか安室奈美恵あたりがピンクのニット帽かぶって、「私は韓国でもアイドルでした〜。慰安婦問題乗り越えて新しい時代を築きましょう」とか、「私の故郷の沖縄のこと、みんなももっと真剣に考えてね〜」みたいなスピーチしたら、もうちょっと盛り上がるんじゃなかろうか。

より以前の記事一覧