買い物

2019年9月15日 (日)

Josephの香水

まつこです。

この夏、1日だけロンドンに行ったのですが、そのときに見つけたのがこの香水。

Img_2710

[Joseph Parfum de Jour。透けたボトルの向こうに口元が浮かび上がるデザインもおもしろい]

あまりの寒さにJosephでセーターを買ったのですが、その会計の際にレスジター横に置いてある香水に気づきました。Josephに香水あるの知らなかったと言ったら、店員さんが「なかなか入荷しないんだけど、今回はめずらしく入ってきたのよ」と勧めてくれました。

ちょっと試したら、なんだか懐かしい香り。グリーン・フローラル系というのか、フレッシュな甘さです。なんとなくバブル期の肩パット入ったスーツ着ていた時代を思い出されました。「なんなんだ?この懐かしさは!」

それもそのはず、あとで調べたら、もともとは1985年にペンハリガンによって調香されたものなのだそうです。何回か廃盤になったり復刻したりを繰り返しているよう。

あの頃、流行っていたシャネルの19番にも似ているような気がします。(今の19番はちょっと違う香りに変わっているようですね。)ほどよい甘さと爽やかさをまといながら、ハイヒールはいて、都会を闊歩する20世紀後半のキャリア・ウーマン(←死語?)みたいなイメージで、自己形成するのにうってつけの香りです。CKのEternityもこの系譜の香りでした。

最近の新作はもうちょっと軽やかに甘いのが多いけれど、この前世紀の香りはちょっぴりクラシック。シルバー世代のワーキング・ウーマンには、意外に合う香りかもと思って自分用に買ってきました。

まだ湿気と暑さで香水をつける気にはなりませんが、涼しくなったらこの秋はJosephの香水で気合いを入れながら働こうと思います。

 

2019年2月14日 (木)

新記録

まつこです。

メ○カリで断捨離を試みたものの・・・

Img_2121

[薄いベージュで細身のコート]

わずかにできたクローゼットの隙間があっというまに埋まってしまいました。

今シーズン2枚目のウールのコート。しかも1枚目と同じPeserico。デザインはまったく違うものの生地は色違い。1枚目のコートを買うときに試着して迷ったものがセールで40%引きになっているのを見つけ、つい衝動買いしてしまいました。

ワンシーズンに2枚のコート購入は「新記録」です。立春過ぎましたが、せっかく新しいコートを買ったので、もうしばらく寒さが続いてほしいと願っているところです。

2018年12月25日 (火)

セルフ・サービス・サンタ・クロース

まつこです 。

クリスマスおめでとうございます。

Img_1792_2

[Merry Christmas

昨日は私が出勤。さらにうめぞうが風邪気味のため、今年は教会にも行かず、我が家はきわめて俗世的ホリデーとなりました。

プレゼントももはや自分で欲しいものを選び、自分で買う、完全セルフ・サービス型です。本物のサンタさんの登場する余地なし。

で、今朝、包みを開いて出てきたものは・・・

Img_1789

[Pesericoのセーター]

いったい、黒のタートルネックのセーターだけで我が家に何枚あることかと、自分でもあきれつつ、微妙なデザインの違いにひかれつい買ってしまいました。

さらに、今年のセルフ・サービス・サンタ・クロースは太っ腹で、このセーターを選んだときに一緒に目にしてしまったこちらもお買い上げ・・・

Img_1790

[Pesericoのコート]

ちょっとコクーン型でカジュアルに着こなせるコートです。上の黒いセーターを合わせて外出するのが楽しみです。

2018年9月21日 (金)

歴史は繰り返す

まつこです。

わーい、雨だ!・・・と喜ぶのは、新しいレインコートを買ったから。

Img_1541

[ナイロン素材のロング丈のトレンチ]

こうやって吊るしてみると地味なコートですが

モデルさんが着るとこんな感じ↓

S1_d00lvm

[こうカッコよくは着こなせないけど・・・]

ワイドパンツや長めのスカートなど、最近の流行はシルエットが大きくなっています。さらに仕事のため、スーツの上にコートを着なければならない機会もしばしばあります。

そんな目的にぴったり合いそうなコートをJosephで見つけたので、衝動買いしてしまいました。袖がドラマティックにたっぷりしているので、ジャケットの上でも大丈夫。ナイロンで軽いので肩こりもなさそう。

それにしても似たようなコートを大昔に持っていたような気もします。そう、20年前に買って、10年前に捨てちゃったパンツやコートが今あれば・・・と今、思っているマダム世代も多いのでは。

捨てちゃったのが悔しいような、新しいのが買えてうれしいような、複雑な気分です。

2018年8月 4日 (土)

微妙な違い

まつこです。

この微妙な違い、わかりますか?

Img_0972

[上から162番、434番、174番]

いずれもシャネルです。一番上だと目立たなすぎて顔色悪くみえがち。真ん中は秋冬には気に入っていたけれど、暑い夏にはもう少しやわらかい色にしたい。

一番上と真ん中を合わせて使うのが、ちょうど良い気がしていたのだけれど、いつも2本持ち歩くのもめんどくさい。中間の色はないかと探して手に入れたのが、一番下のやつ。

こんな微細な違いに気がつくのは自分だけ。わかっちゃいるけど、ちょっとでもいいから自己満足を大きくしたいお年頃です。

2018年7月21日 (土)

シャネルの化粧品

まつこです。

「老け顔にならない!プロに聞く「引き算メイク」の極意」

このタイトルを見れば、丹念に読まずにはいられません。読めば、書かれているとおりに従わずにはいられません。

というわけで、AERA.dotの記事を読み、デパートの化粧品売り場に直行。リキッドよりもクリームファンデーションの方がオススメと書いてあったので、シャネルのいちばん薄づきのジェルを買いに行ったのですが、店員さんに強く勧められてリキッドファンデーションを買いました。今まで使っていたシャネルのCCクリームより、こちらの方が薄づきで崩れにくいかも。

Img_0709

[雑誌記事を読んですぐに買い物に行くのがバブル世代]

それよりも大きな収穫だったのがアイブロウ・ペンシル。仕事の後ですっかり眉が崩れていたたので、店員さんがリタッチしてくれました。それがあまりに使いやすそうだったので、即購入したのですが、これ、ホントにすごく使いやすい!

Img_0710

[この芯の形状が使いやすい。日本製と聞いて納得]

薙刀状の芯といえば、シュウ・ウエムラのペンシルをナイフで削ってもらったという経験もある方も多いでしょう。このシャネルのは削らなくても薙刀状。この形が使いやすいのです。

かつてJJだのHanakoだの、カタログ系雑誌からあれこれを学んだバブル世代が今や巨大なシルバー・マーケット。シャネルだのディオールだの外資系化粧品メーカーのカウンターを眺めれば、ご同輩たちの姿が目立ちます。みんな昔は、前髪立てて、肩パット入りの服きていたんだろうなあ・・・。 「ま、お互いがんばりましょ!」と心の中でエールを飛ばしました。

2018年2月15日 (木)

はじめての・・・

まつこです。

昨日、うめぞうはMRIの検査を受けました。結果がわかるのは翌日なので、気持ちが落ち着きません。せめてSt Valentine's Dayのチョコレートでも食べて気を静めようと、取り寄せしておいたアンリ・ルルーのチョコレートをいただきました。

Img_0271
[ヴァレンタイン仕様で大きなリボンのついたパッケージ]

アンリ・ルルーのチョコを食べるたび、うめぞうは「パリのお店の店員さん、すごーくきれいな人だったね〜」と必ず言います。チョコレートより甘い思い出のアンリ・ルルー。

でもやっぱり気になる精密検査の結果・・・

で、一夜明けて再び病院へ。

いつもの女医さんが「悪いものじゃなかったです!よかったですね。要は、ま、老化です」とにっこり笑ってくれました。腰椎のすべり症に加え、脊柱管狭窄、椎間板ヘルニアもあって、それらによって坐骨の神経が圧迫されているのだそうです。痛みのコントロールはこれからの課題ですが、とりあえず骨がんとかカリエスというような悪性のものではないとわかり本当にホッとしました。

ホッとしたところでデパートへ。

Img_0281
[うめぞう、はじめての杖]

足腰に痛みやしびれがあるので、杖が必要です。うめぞう、杖を持つなんて年寄りっぽい・・・とやや気落ちしているようですが、もはや見栄をはるような事態ではありません。でも革張りでかっこいい杖を選びました。

ついでにちょっと靴売り場をのぞいたら、セールで半額近くになっていたレペットのボルドー色のフラットシューズ。ちょうど私のサイズだけ残っていました。

うめぞうが歩けるようになって、一緒に散歩できる日が早くくるといいなあと願っています。

2018年1月25日 (木)

化粧品の効用

まつこです。

ある日、うめぞうが言いました。「ポーラのリンクル・ナントカっていう化粧品は効くみたいだよ。君も使ってみたらどう?」

美容情報を夫から仕入れるというのも不本意ですが、うめぞうはテレビ番組か新聞かで情報を得たようで、ポーラの販売員よろしく「開発に15年」「医薬部外品」とその商品説明をしてくれました。思わずそのセールス・トークにつられて買ってしまったポーラの「リンクルショット」。

Img_0220_1
[昨年の大ヒット商品だったというリンクルショット]

発売1周年とのことでアニバーサリー・キットになっていました。

Img_0219_1
[1周年記念でローションと美容液がおまけとしてセットになっています]

日頃はこういう「おまけ付き」みたいなのは興味がないのですが、販売員さんがうれしそうに「こちら1周年記念で・・・」と説明してくれるのでありがたくいただいてきました。

1本14,580円(税込)と結構なお値段です。販売員さんの説明によると「効き目がわかるのは3本目くらいから」。その間、「朝晩、シワにそってこれを塗り、そのシワに直角にマッサージする」のだそうです。

うーむ、数ヶ月にわたって朝晩、シワの周囲をマッサージしていれば、ひょっとしてその効果でシワが薄くなるんじゃなかろうか・・・と、若干、冷めた見方もできないではないが、せっかくのうめぞうのオススメなので、さっそく今晩から試してみます。

ついでに・・・

Img_0216_1_2
[気分が高まるJo Maloneの包装』

化粧品売り場を歩いている途中にふと目に入り衝動買いしてしまったのはジョー・マローンのハンドクリーム。

Img_0218_1
[ロンドンの町並みをデザインしたパッケージ。よく見ると空が曇っていてみな傘をさしている]

こちら新製品です。香りは定番のライム・バジル&マンダリンとイングリッシュ・ペア&フリージアに、ピオニー&ブラッシュ・スエードの3種類。テクスチャーは従来のボディ&ハンド・ローションより軽くてべたつきません。

こちらは完全にパケ買い。ハンドクリームとは思えないお値段だったけど、かわいいデザインを見ているだけで気分が上がるから、まあ、よしとしましょう。

実際に効果があるのか(使用価値)ではなく、買うのが楽しい(効用)のが化粧品。ニベアやユースキンの方が手荒れには効くけれど、心に効くのはジョー・マローン。やっぱり買い物って楽しいわ!

2017年9月22日 (金)

イタリアからの手紙

まつこです。

古いジャケットのポケットに折りたたんだ紙が入っているのに気付きました。取り出してみると手紙。「え、誰かにもらった手紙を入れ忘れちゃったのかな?」と一瞬、うろたえました。

Dsc_1210
[一瞬、古いエアログラムかと・・・]

 

開いてみたら、なんのことはない、ジャケットのメーカーのチルコロ(CIRCOLO1901)の宣伝用メッセージでした。

Dsc_1208
[イタリア語、英語、ドイツ語の3ヶ国語表記]

 

「わきに抱えてもいいし、肩に羽織ってもいい、いつでもどこでもこのジャケットを着て楽しんでね」みたいな他愛ない内容です。でも、さすがイタリアのメーカー、宣伝とはいえ演出がおしゃれです。薄紙がエアログラムみたいで、さりげないインクのシミまで印刷してあって、雰囲気出ています。

Dsc_12162

[春から夏にかけてけっこう着たジャケット。白と薄いブルーの糸をあわせたニット素材]

チルコロのジャケットは細身でシルエットがすっきりしているのですが、ニット素材なので着ていてらくちん。柔らかい印象の仕事着として重宝します。

Dsc_1213
[つい最近買ったニット・ジャケット。丈が長めなので着こなしやすそう]

イタリアブランドのCIRCOLOやSeventyを買うのはいつもの近所のセレクトショップのSORRISO。この秋冬用のCIRCOLOのジャケットもそこで買いました。今月のPreciousに同じのが掲載されていて、ちょっとうれしい。(このジャケットのポケットにも同じ手紙が入っていました。)

ほかにもあれこれ秋冬物を購入したので、早く涼しくならないかなあ・・・と、本格的な秋の到来を心待ちにしています。

2017年7月 2日 (日)

1日1万歩

まつこです。

この2年ほどで3キロ以上増えてしまった体重。ここでなんとか食い止めたい!「1日1万歩と夕食の糖質制限」と目標を設定したら、10日ほどで1キロ半減。な〜んだ、簡単じゃない、と思ったものの、そこで気を許したらまた元通り・・・。うーむ。

「1日1万歩」というのがけっこう難しいのです。普通に通勤していると7千歩前後。1万歩をめざすとなると、6階のオフィスまで歩くとか、一駅手前で電車を降りて歩く、というような工夫をしなければなりません。しかし、ピンヒール、ポインテッド・トウのパンプスでこれはちょっときつい。

そもそも年齢にともない足の筋肉が落ちるため、ヒールで歩くのが辛くなってきます。同世代の友人たちもだんだんとコンフォート・シューズっぽい靴を履くようになってきました。私もいよいよコンフォート・シューズか・・・(嘆息)

Dsc_0976
[3足まとめて大人買い]

フランスのコンフォート・シューズのアルシュのは、色がきれいだったり、デザインも細めですっきりしています。派手目のおばあちゃん靴みたいなのもありますが、すっきりしたデザインのを選べばあまり年寄りくさくはなりません。

Dsc_0974
[archeのシンボル・カラーは赤]

以前買った迷彩柄のバレエ・シューズが、なかなか使い勝手が良かったので、セールの機会に3足まとめて買ってしまいました。

Dsc_0977
[少しだけヒールがある方が歩きやすい]

アルシュの靴は底が吸収性の良いゴムで、本体がとても柔らかいヌバックです。あまりに履きやすいので、これにいったん慣れてしまうと、なかなかハイヒールにはもどれなくなります。

Dsc_0979
[やけのやんぱち。この日買った4足目]

スーツを着た日も1万歩を歩けるように、ポインテッド・トウのフラットシューズもお買い上げ。こちらはChemburという日本のメーカーです。日本のメーカーの靴は、幅が広くて前に足がすべり落ちて、かえって歩きにくいというものも多いのですが、こちらはフラット・シューズなので大丈夫でしょう。

Dsc_0957
[通勤途中の並木道は今、紫陽花が満開]

ハイヒールを諦めてコンフォート・シューズを履くのは、ある種の「断念」でもあります。シャルル・ジョルダン、ブルーノ・マリ、ペリーコなどなど、かつてカツカツと高らかに音を鳴らして7センチヒールで闊歩した若き日は、遠ざかりつつあります。

今は出勤時にカツカツ威勢よく出かけても、帰宅時にくたびれはてて最寄駅からタクシーということもしばしば。でも、たまにはハイヒールも履き続けたいという「意地」も残っています。「断念」と「意地」が下駄箱の中でせめぎあっています。

より以前の記事一覧