« カーディフ | トップページ | ともに生きる »

2024年2月26日 (月)

The Motive and the CueとMy Neighbour Totoro

まつこです。

短いイギリス出張を終えて帰国しました。14時間のフライトと9時間の時差。時差ぼけが治らないうちに、また時差ぼけです。

今回ロンドンで見た芝居は2本だけ。夜の開演時間は、日本の明け方にあたり、途中、猛烈な眠気と戦いながらの観劇です。なので怪しい部分もあるのですが・・・。

まずはナショナル・シアターからウェスト・エンドに移動したThe Motive and the Cue。演出はサム・メンデスです。

5449

[写真はGuardianから借りました]

ジョン・ギールグッドが演出し、リチャード・バートンが主演したブロードウェイの『ハムレット』上演までのリハーサル期間、二人の意見のすれ違いや衝突を経て、新たなハムレット像を作り出していくプロセスを描いています。ギールグッドの自己韜晦とバートンの自己顕示欲の裏にはそれぞれの複雑な心理的屈折が隠れていて、それが次第に見えてきます。ギールグッドは同性愛、ギールグッドは飲んだくれの父との関係、それぞれスターとしての華やかなカリスマの陰の個人的な苦しみを、目をそらさずに直視したとき、二人のスターの力が融合する。

こう書くと複雑な心理劇のようですが、お色気撒き散らすエリザベス・テイラーとか、クセのある脇役たちが絡んで、軽妙な会話で劇は進行します。その合間にギールグッドとバートンの語る『ハムレット』のセリフが、古い録音で聴いた本物とそっくりの口調で挟まれます。

場面展開の合間にノエル・カワードの洒落た歌声が流れる演出で、全体が20世紀イギリス演劇へのオマージュのようになっています。カワード、ギールグッド、バートンとそろえばイギリス演劇の黄金期と言っても良いでしょう。なめらかで洒落たカワードの歌声が流れると、劇場全体がセピア色の雰囲気に包まれます。しかも会場がノエル・カワード劇場。終わるや否やいっせいに立ち上がり拍手喝采するイギリス人観客たちに挟まれて、これは「イギリス人のためのイギリス演劇を見た」という印象を強めました。

もう一本見たのは、アニメ『隣のトトロ』をRSCが舞台化したMy Neighbour Totoroです。

5000

[こちらの写真もGuardianから拝借]

豊かな自然にふれて、子供の想像力が人知を超えるものを見出していく、というテーマは文化の違いを超えて共有しやすいのでしょう。敗戦後それほど経ていない日本の田舎という舞台設定に、それほど違和感を感じずに劇場を埋め尽くした観客全体が、美しく楽しい舞台を大いに楽しんでいました。

巨大なトトロや小動物たちは、人形で描かれますが、それを動かす人形遣いたちは人形浄瑠璃の黒衣の扮装をしています。人形浄瑠璃や歌舞伎では黒衣は見えない前提になっていますが、このMy Neighbour Totoroの黒衣たちは時折、顔も見せ、その存在がむしろ強調されています。無数の黒衣たちがいっせいに体を揺らすことで、動植物の自然の大きな力が表現されるのです。人間たちは常に自然という黒衣に囲まれているんだと認識させる演出でした。

これら黒衣たちも含め、舞台の上はほぼ全員が東洋人。美しく流れる久石譲の音楽を演奏しているのも東洋人(日本人?)ミュージシャンたち。さらに劇中歌は半分以上、日本語で歌われます。RSCのステージが東洋人で埋め尽くされ、日本語が流れている。そのことを誰も驚かずに(いや、私は驚きましたが)、年齢も人種も入り混じった観客たちがみんなそろって楽しんでいる。他人種や他文化から吸収できるものを吸収し、自国の利益へと変換していく力が、イギリスという国のしたたかな開放性ですが、My Neighbour Totoroもその一端と思えました。

古い伝統へのオマージュと、新たな開放性と、ふたつの異なった面を見た二晩の観劇でした。

 

« カーディフ | トップページ | ともに生きる »

コメント

出張お疲れ様でした!
対照的な観劇でしたね。しかしトトロがロンドンで当然のように上演されていることに驚きました。英語が世界一語彙の多いことばであると聞いたことがありますが、まさに吸収力の賜物ですね・・・。

Mochaさん、コメントありがとうございました。

『トトロ』に続いて、Spirted Away(『千と千尋の神隠し』)も上演されるらしいです。ポスターを見かけました。

ロンドンのホテルでテレビのクイズ番組(University Challenge)見ていたら、日本料理についての問題が出題されていました。「キャベツを細く切って、小麦粉の水溶きと一緒に焼いた料理の名前は?」まさかと思ったけど「オコノミヤキ!」と正解を即座に答えていました。「ウマミ」、「ミリン」も、すでに市民権を得た言葉らしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーディフ | トップページ | ともに生きる »