« 2024年1月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年2月

2024年2月26日 (月)

The Motive and the CueとMy Neighbour Totoro

まつこです。

短いイギリス出張を終えて帰国しました。14時間のフライトと9時間の時差。時差ぼけが治らないうちに、また時差ぼけです。

今回ロンドンで見た芝居は2本だけ。夜の開演時間は、日本の明け方にあたり、途中、猛烈な眠気と戦いながらの観劇です。なので怪しい部分もあるのですが・・・。

まずはナショナル・シアターからウェスト・エンドに移動したThe Motive and the Cue。演出はサム・メンデスです。

5449

[写真はGuardianから借りました]

ジョン・ギールグッドが演出し、リチャード・バートンが主演したブロードウェイの『ハムレット』上演までのリハーサル期間、二人の意見のすれ違いや衝突を経て、新たなハムレット像を作り出していくプロセスを描いています。ギールグッドの自己韜晦とバートンの自己顕示欲の裏にはそれぞれの複雑な心理的屈折が隠れていて、それが次第に見えてきます。ギールグッドは同性愛、ギールグッドは飲んだくれの父との関係、それぞれスターとしての華やかなカリスマの陰の個人的な苦しみを、目をそらさずに直視したとき、二人のスターの力が融合する。

こう書くと複雑な心理劇のようですが、お色気撒き散らすエリザベス・テイラーとか、クセのある脇役たちが絡んで、軽妙な会話で劇は進行します。その合間にギールグッドとバートンの語る『ハムレット』のセリフが、古い録音で聴いた本物とそっくりの口調で挟まれます。

場面展開の合間にノエル・カワードの洒落た歌声が流れる演出で、全体が20世紀イギリス演劇へのオマージュのようになっています。カワード、ギールグッド、バートンとそろえばイギリス演劇の黄金期と言っても良いでしょう。なめらかで洒落たカワードの歌声が流れると、劇場全体がセピア色の雰囲気に包まれます。しかも会場がノエル・カワード劇場。終わるや否やいっせいに立ち上がり拍手喝采するイギリス人観客たちに挟まれて、これは「イギリス人のためのイギリス演劇を見た」という印象を強めました。

もう一本見たのは、アニメ『隣のトトロ』をRSCが舞台化したMy Neighbour Totoroです。

5000

[こちらの写真もGuardianから拝借]

豊かな自然にふれて、子供の想像力が人知を超えるものを見出していく、というテーマは文化の違いを超えて共有しやすいのでしょう。敗戦後それほど経ていない日本の田舎という舞台設定に、それほど違和感を感じずに劇場を埋め尽くした観客全体が、美しく楽しい舞台を大いに楽しんでいました。

巨大なトトロや小動物たちは、人形で描かれますが、それを動かす人形遣いたちは人形浄瑠璃の黒衣の扮装をしています。人形浄瑠璃や歌舞伎では黒衣は見えない前提になっていますが、このMy Neighbour Totoroの黒衣たちは時折、顔も見せ、その存在がむしろ強調されています。無数の黒衣たちがいっせいに体を揺らすことで、動植物の自然の大きな力が表現されるのです。人間たちは常に自然という黒衣に囲まれているんだと認識させる演出でした。

これら黒衣たちも含め、舞台の上はほぼ全員が東洋人。美しく流れる久石譲の音楽を演奏しているのも東洋人(日本人?)ミュージシャンたち。さらに劇中歌は半分以上、日本語で歌われます。RSCのステージが東洋人で埋め尽くされ、日本語が流れている。そのことを誰も驚かずに(いや、私は驚きましたが)、年齢も人種も入り混じった観客たちがみんなそろって楽しんでいる。他人種や他文化から吸収できるものを吸収し、自国の利益へと変換していく力が、イギリスという国のしたたかな開放性ですが、My Neighbour Totoroもその一端と思えました。

古い伝統へのオマージュと、新たな開放性と、ふたつの異なった面を見た二晩の観劇でした。

 

2024年2月21日 (水)

カーディフ

まつこです。

今回の出張先はこちら。

Img_2434

[ウェールズ国旗がたなびくカーディフ城]

ロンドンから列車で2時間ほど西に、セヴァーン川を渡ればそこはウェールズ。首都とはいうもののカーディフはコンパクトで落ち着いた地方都市です。その中心にあるカーディフ城に行けば、この街の歴史がわかります。

まず1世紀にローマ人がやってきて城壁を作り・・・

Img_2441

[ローマ人の作った城壁。今は建物の地下になっています]

次に12世紀にはノルマン人が要塞を作り・・・

Img_2438

[ノルマン人の要塞の見張り台]

19世紀には炭鉱で富を手にした貴族が館を作り・・・

Img_2439

[19世紀に流行したネオ・ゴシック様式]

今日ではそこが市の観光の中心になっています。

入場料は大人14ポンド。支払おうとしたときに目にはいった"Concession £12"という文字。もしやと思い、「60歳超えているんでconcessionではないでしょうか」と尋ねたところ、「えー、見えないわー!」と受付の女性に驚かれたけど、IDも見せずに12ポンドに割引してもらいました。受付の女性は「私も来年、60歳なの。がんばらないと」と言っていました(笑)。

4年半ぶりのイギリスで、生まれて初めてconcessionを利用して、気分は微妙・・・。ま、年寄り扱いしてもらって、2ポンド安くなればそれで良いかな。いや、たった2ポンドのために、自ら年寄りだと宣言するかなあ。ちょっと悩むところです。

2024年2月17日 (土)

春は西風にのって

まつこです。

久々の海外旅行なので、時差ぼけや体力低下を懸念して、到着の翌日は予定を入れず完全オフの日にしておきました。60代、女一人の海外出張ですから、できるだけ慎重に。

Img_2390

[アルバート公の像も春の光を浴びて輝いています]

朝食を終えたところで、朝の散歩。明け方の雨が上がり、気温もマイルドで、散歩日和です。宿泊先は30代の頃からずっと、サウスケンジントン界隈。ケンジントン・ガーデンのクィーンズ・ゲートからもほど近い界隈です。今朝もトコトコと歩いて、クィーンズ・ゲートからケンジントン・ガーデンへ。

「クィーン」と言えば、今回の羽田で飛行機に搭乗する際、ボーディング・ブリッジで隣を長い銀髪の老人が歩いていました・・・「おおー、ブラインアン・メイだ!」 当然ながらブライアンはファースト・クラスへ。ほんの数秒でしたが、ブライアン・メイと至近距離で歩けるなんて(しかも他には誰もいなかった)、幸先の良い旅の始まり。ヒースローで降りた時も、見かけました。空港内カートに乗り込んで去って行きました。

Img_2394

[ハイド・パークのサーペンタインの池]

ロンドンはいつ来ても人でいっぱい。世界中から観光やビジネスで人が押し寄せていますが、広々としたケンジントン・ガーデンやハイド・パークはそんな喧騒からしばし逃れられるオアシスです。

Img_2393

[水仙の黄色が鮮やか]

2月とは思えないマイルドな暖かさと、朝のニュースで繰り返し伝えていました。イギリスでは「西風」が春の季語ですが、天気予報を見ていたら、確かに大西洋方向からの風向きになっていました。

Img_2398

[スノー・ドロップが可愛らしい]

『BBC Breakfast』を見たのも4年半ぶりですが、プレゼンターは変わっておらず、今朝はチャーリーとナガ。チャーリーは4年分、しっかり老けて、その分「チャラい」感じが薄れいて、かえって好印象。しかしコロナ禍を経て変化もありました。ちょっとくらいお買い物しようかなと思ったのですが、アクセサリーのLinks of Londonは閉業、バッグや小物類のLulu Guinnessや婦人服のNicole Farhiはオンライン・ショップだけになっていました。昔からのお気に入りブリティッシュ・ブランドが消えて、ちょっと寂しい・・・。

2024年2月16日 (金)

ロンドン

まつこです。

久しぶりのロンドン! 今回は出張で、短いイギリス滞在です。

Img_23831

[いつも変わらない街並み]

海外に出たのも2019年の夏以来、初めてです。でもあまり変わっていないサウス・ケンジントンの街並みを見て、少しずつロンドンにいる感覚が戻りつつあります。人々の歩く速さ、街に漂うタバコのかすかな香り、いろんな言語が混じって聞こえてくる人混み・・・ああ、この空気感だったなあと思い出しました。

ロシアのウクライナ侵攻の影響で、飛行ルートも異なっていました。ベーリング海峡から北極海を横断して、14時間のフライト。ようやくヒースローに降り立つと、予想外の暖かさでした。ハイドパークとケンジントン・ガーデンの間の道を走るタクシーの窓から、スノー・ドロップの白い花がたくさん見えました。

ロンドンでも、季節は冬から早春へと移りつつあるようです。

« 2024年1月 | トップページ | 2024年4月 »