« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

上川外務大臣

まつこです。

また放言?どうせ確信犯でしょ・・・と、呆れるだけで怒る気にもならない、麻生太郎の「おばさん」発言。上川陽子外務大臣の「様々なご意見もあると承知している」というコメントは、どこにも敵を作らない、いかにも優等生的な模範解答です。

そんな記事を読みながら、ついでに上川外務大臣のファッション・チェックしてみました。

As20240130001495

[昨日の記者会見。朝日新聞に掲載された写真をお借りしました]

まず目をひくのは、かなり計算されつくしたカットの髪型。麻生じいさんの目には「おばさん」としか見えないでしょうが、左右アシメトリー、トップは短く、バランス良くカットされています。セットもちゃんとしてあります。ただのおばさんショートじゃありません。

大柄ですっきりした柄のスカーフは、北朝鮮拉致問題の解決を訴えるブルーリボンと色を合わせています。スカーフからのぞくネックレスとインナーのバランスも良し。

さりげないけど、たぶんプロのスタイリストがついているのではないでしょうか。

これ以外の写真もちょっと見てみました。

Kamikawayoko

[自民党のHPより]

001351299

[法務大臣時代、国連開発計画の年次会合でスピーチしている写真。法務省のHPより]

ここに挙げた2枚は例外的にきれいな色のジャケットですが、基本的にこの人は紺かアイボリーのテーラードカラーのジャケットが多いようです。安定感十分ですが、おもしろみはなし。

次の首相候補の一人だそうですが、優等生らしい手堅さが強みになるのか、はたまた自民党のおじいさんたちの傀儡で終わってしまうのか。 当然ながら、容姿よりも気になるのは、政治的手腕のほうですね。

 

2024年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

ウメマツです。

あけましておめでとうございます。

Img_2344

[2024年1月1日の朝焼け]

東京は青空が広がっていますが、風の強い元旦です。国内も国際情勢も波乱の続く年になりそうです。近代的な政治経済の仕組みが崩れかけ、新しい時代に向かおうとしているのかもしれません。大きく人類史を眺める視点と、一人ひとりのささやかな生活を守る努力と、その両方を併せ持田なければならないと思う年の初めです。

Photo_20240101102601

[昨年10月に国会議事堂見学に行きました。(恥ずかしながら)二人とも初めてでした]

私たちも健康に気をつけながら、それぞれの仕事を楽しみながらやっていきたいと思っています。細々ですが、このブログも書き続けていきます。今年もどうぞよろしくお願いします。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »