« 映画『ロスト・キング』 | トップページ | いよいよ師走 »

2023年11月12日 (日)

江乃浦測候所

まつこです。

11月は学園祭シーズン。そのために連休になった週末に、小旅行に出かけました。

Photo_20231112192401

[うめぞう久々のおでかけ]

小田原まで新幹線、そこでローカル線に乗り継いで、行き先はこちら。

Photo_20231112192601

[「ねぶかわ」と読みます]

海岸沿いの小さな駅、根府川駅です。そこから送迎バスに乗ってたどり着いたのは・・・

Photo_20231112192701

[「かんきつやま」と読むようです]

みかんがたわわに実る山ですが、みかん狩りではなく、目的はアート鑑賞。江之浦測候所という山全体を使ったアートギャラリーです。

Img_2107

[100メートルのギャラリーは夏至の日の出の方向に合わせて造られています。展示されているのは海をテーマとするモノトーンの写真]

山頂には100メートル細長いギャラリーが伸びています。柱のないすっきりとした抽象的な空間です。しかしアート鑑賞といってもこのギャラリーを見るだけではありません。山全体のあらゆる場所が意匠の凝らされたアート施設になっています。

Img_2105

[どこを見ても完成度が高い]

この江乃浦測候所を作ったのは、建築家・現代アーティストの杉本博司さん。庭園、茶室、竹林、神社、能舞台、古代ローマの円形劇場、鉄のトンネル、フランスの旧家の石段など、時代や超えたさまざまな要素が組み合わせられていますが、一人のアーティストの美意識によって、一貫性のある空間になっています。

Img_2069

[石舞台]

この日は残念ながら曇りで海も灰色でしたが、眼下に広がる海の風景も含めて、全体が息を飲むほど美しい。アートとネイチャーがシンクロしながら相乗効果をあげています。

Photo_20231112202601

[ガラス張りの能舞台の横に伸びる鉄製の隧道は、冬至の日の出の方向に合わせられています]

10年をかけて2017年にオープンしたそうですが、まださらに追加して造成されている部分もあるようです。この広大なアート施設はおそらく100年後にも残ることでしょう。

Photo_20231112204101

[竹林]

季節の変化や天候の違いによって異なった表情を見せるはず。ぜひ繰り返し訪れたいと思っています。

 

 

 

« 映画『ロスト・キング』 | トップページ | いよいよ師走 »

コメント

全然知らない場所です。人混みもなくて(京都はスゴイ)、散策も楽しそう!まつこさん、髪が伸びましたね。うめぞうさんの脚もすっかり良くなって、よかったです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

江乃浦測候所は完全予約制で入場者数が制限されているので、人混みや騒音と無縁です。最近は小旅行でも外食でも、「混んでいなくて良いところ」を懸命に探すようにしているのですが、これがなかなか難しい。京都も鎌倉も好きなのですが・・・。(通勤、たいへんそうですね。タクシー乗れますか?)

素敵な小旅行でしたね。全く知らない場所でした。
それにしても11月中旬でまつこさんが半袖・・・。変な気候が続いていましたよね。
また今度は急に冷えてきました。師走に入りお忙しいことと思いますが、お互い身体にきをつけて乗り切りましょう!

Mochaさん、コメントありがとうございます。

江乃浦測候所、よかったですよ〜。この日は残念ながら曇りで、空や海の色が真っ青ではなかったのですが、それでもどこを切り取っても絵になる風景でした。

そうこうする間に、あっという間に師走・・・。なんとかインフルエンザにもコロナにも感染せずに冬を乗り切りたいものですね。お互い、健康第一でいきましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『ロスト・キング』 | トップページ | いよいよ師走 »