« 2023年8月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年9月

2023年9月24日 (日)

映画『ロスト・キング』

まつこです。

2012年、イギリス中部の都市レスターの、殺風景な駐車場から中世の国王リチャード三世の遺骨が発見されました。映画『ロスト・キング』はその大発見を題材にした映画です。

でも映画を見終わって強く印象に残ったテーマは、一人の女性アマチュア歴史家とレスター大学の関係者との間の微妙な関係・・・

_126428149_mediaitem126428148

[主人公フィリパをサリー・ホーキンズが好演しています]

持病、職場での不満、元夫とのぎくしゃくした関係と、たくさんの問題を抱えた女性が、リチャード三世の実像を探ろうと調査・研究にのめり込んでいく。その熱意がやがて遺骨発掘につながるのですが、学位も持たないアマチュア歴史家にはスポットライトが当たらず、すべてレスター大学の功績にされてしまう。歴史的な発見そのものよりも、個人の情熱と組織防衛の緊張関係が、この映画の中心となるテーマと言えます。

Pa15716198

[フィリパ・ラングリーは自らの体験を本に著しています。その本の1冊がこの映画の題材になっています]

主人公フィリパには実在のモデルがいて、名前もそのままフィリパ。1990年代の後半にリチャード三世の伝記を読んだことをきっかけとして、リチャードの実像と遺骨を求めるプロジェクトを開始します。私は数年前にこの人が登場するドキュメンタリーを見ていて、ずいぶん意志の強い人だなあという印象を受けていました。なにか取り憑かれている女性で、ちょっと強迫観念的な感じ。そのため、この映画で大学関係者がフィリパに対し、適当にあしらうような冷淡な態度を取るのも、さもありなんという気がしました。

ただ組織の論理よりも、こういう個人の執念こそが、大きな成果をあげるということは、ままあること。「変わり者」をきちんと評価し、讃えるのは難しいことではありますが、「そういう時にこそ学問的公平さは必要なんだよねえ」と、あらためて思わされました。

一緒に映画を見に行ったのは、うめぞうと、同僚のぽにょ。3人とも大学関係者なので、映画を見終わったとたん、顔を見合わせて「レスター大学もやられたねえ」と苦笑いしました。実際、昨年、イギリスで公開された際には、議論となって、レスター大学関係者は反論もしたようです。(BBCの関連記事:The Lost King: Steve Coogan defends Richard III film in university row.)

ドキュメンタリーではなく、事実から想を得たヒューマン・ドラマなので、フィクションだと割り切ってしまえれば良いのですが、でもやっぱり、レスター大学の関係者たち、映画を見て焦っただろうなあ・・・。

 

2023年9月22日 (金)

バラクラ・イングリッシュ・ガーデン

まつこです。

先週、蓼科への小旅行の帰り道、バラクラ・イングリッシュ・ガーデンに立ち寄りました。知り合いから行ってごらんと勧められていたのですが、内心、「えー、日本のイングリッシュ・ガーデンって、どうせそれっぽいイミテーションでしょう・・・」と、あまり期待していませんでした。

しかし・・・

1_20230922165701

[気分は夏のイングランド]

広大で、本格的なイングリッシュ・ガーデンでした。花が咲き乱れ、ミツバチが忙しく蜜を吸い、さわやかな風がやさしく葉を揺らす。「ここはイングランド?」と思ってしまう庭です。イギリス人がここに来ても感心するでしょう。

Photo_20230922170401

[東京の蒸し暑さを忘れるひとときでした]

オーナーは日本人のガーデンデザイナーさんだそうですが、イギリスからガーデナーを招き、植物を移植して1990年に完成させたのだそうです。維持管理のために、多くのボランティアも参加しているようです。

1万平米の庭園内にはカフェやレストランもあります。

Photo_20230922171001

[スコーンと紅茶の組み合わせのクリーム・ティー]

今はダリアがたくさん咲いている季節でした。美しい庭を眺めながら、クリーム・ティーをいただきました。ステンレス製のポットもイギリスでよく見かける物。たぶん紅茶もイギリスでいちばんポピュラーなTetleyのようでした。

ヨーロッパでは街歩きが楽しいのですが、日本国内を旅しても、街並みに感心することはめったにありません。一方、日本では、いったん庭園の中に入ると、すみずみまで美しいということがよくあります。歳をとってこれから海外旅行に行く機会も減りそうなので、これからは日本の庭巡りでもしようかなあ、と考えています。

 

 

2023年9月16日 (土)

推し活

まつこです。

「推し活」がブームだそうですが、私が最近ちょっとハマっているのは、「お茶かる」というYouTuber。芸大生4人組が結成したグループです。やんちゃな男の子たちがふざけ合っているようでいて、音楽に対しては真摯な姿勢をかいま見せる、そのギャップが萌えるポイントです。

R_x_0kbf_400x400

[ポップなロゴ]

そのメンバーの一人が我が家の近所の名曲喫茶で、コンサートを企画するというので聞きに行ってみました。若者YouTuberのコンサートなんて、若い女の子たちのファンが集まるんだろうなあ・・・私みたいなおば(あ)ちゃんが行ったら浮いちゃうかなあ・・・と、いささか尻込みしていたのですが、思い切ってうめぞう同伴で行って来ました。もはや孫の応援みたいな気分です。

「洋琴四手観音」と題された今日のコンサートは、メンバーのうち二人のピアニストによる連弾の演奏プログラムでした。ドヴォルザーク、ドビュッシー、チャイコフスキー、メンデルスゾーンなど、1時間ほどたっぷりと迫力ある連弾のサウンドを楽しむことができました。

Img_1920

[四手観音のポーズをとるりゅーいち君とあらい君]

おどけた観音様のポーズを交えながら曲の紹介をしても、いざ演奏となると真剣な表情に変わり、曲が終わって拍手を浴びるとちょっとシャイな表情を浮かべます。この初々しさに目を細めるのは私だけではないようで、客席は意外と年齢層高めでした。

これからもこの若者たちの成長が、私の老後の楽しみ(?)になりそうです。

2023年9月14日 (木)

蓼科

まつこです。

いつまでたっても真夏の暑さが残る東京を逃れ、信州の蓼科に2泊3日の小旅行に出かけました。私は大学1年生の時以来、40数年ぶりの蓼科です。

茅野駅の周辺には昔の面影はひとつもなく、全国、どこにでもありそうな風景。さらに幹線道路沿いに点在する土産屋や食堂が幟をはためかせて自然の景観を損なっている様子に、やや失望したのですが、宿についてみると清涼な空気と絶え間ない渓流の音に、やはり心洗われる気分でした。

Img_1841

[この程度の高低差でも轟音が鳴り響いています]

滝の近くまで歩いてマイナスイオンをたっぷり浴びたり・・・

Photo_20230914171201

[蓼科湖はもともとは農業用の溜池だったそうです]

湖のほとりで指先にトンボをとまらせて楽しんだり・・・

Photo_20230914171501

[ヨウシュヤマゴボウという植物らしいです。綺麗だけど有毒だそうです]

山の中の自然遊歩道を散策してみたり・・・

Photo_20230914172101

[いかにも蓼科という風景]

壮大なパノラマを眺めて爽快な気分になったり・・・

Img_1861

[季節限定のスダチそば]

やっぱりおいしい信州のお蕎麦を食べたり・・・

すっかりのんびりできた小旅行でした。やっぱり蓼科いいですね。

 

2023年9月 7日 (木)

衝動買い

まつこです。

下調べ十分で意気込んで買ったのに、意外と期待ハズレだったという経験は誰もがしたことがあるでしょう。いっぽうで、予定していなかったのに、「あ、これ!」とピンときて買ったものは、意外と成功率が高い・・・

という、自己弁護で始めましたが、やっちまいました、久々の衝動買い。

お気に入りのお箸をうめぞうが折ってしまい、代わりを買いに出かけた日本橋高島屋。お目当てのお箸がちょうど品切れ中とのことでガッカリして、7階の家庭用品売り場から降りるエスカレータでのこと。すぐ前に80歳前後と思われる老婦人が立っていました。白い長めのプリーツ・スカートと薄緑色のカーディガンという、ごく控えめな服装でしたが、肩にかけていた白のバッグがさりげなくてとても素敵でした。

「お、あれはTod'sのバッグ・・・いいね・・・小柄なお婆さんでもバランス取れてるね・・・いいなあ・・・私が持つなら黒かな・・・欲しいな・・・冬のボーナスで買おうかな・・・黒ならグレーのコートにも、キャメルのコートにも合うし・・・いいなあ・・・いいなあ・・・・いいなあ・・・」

老婦人の後ろ姿を眺めながら、7階から6階、5階、4階、3階・・・3階にはTod'sの売り場があります。吸い寄せらるように近づいて・・・

Img_1815

[目の前の老婦人はこれの白を肩にかけていました]

あーあ、買っちゃった。柔らかい皮のクタッとした感じが好みです。とても軽く、持ち手の長さが肩にかけても、手にもっても、どちらでもバランスの良いデザインです。

Img_1816

[広げるとかなり収容力の大きいトートになります]

冬のボーナスって、まだかなり先だよね・・・と残暑のさなかに苦笑しています。秋もしっかり働きましょう!

ちなみに我が生涯で最大の「衝動買い」は今住んでいるマンションです。近所の鰻屋で鰻の蒲焼きでも買って夏バテを防ごうと思った夏休み中のある日、ついでに散歩がてら近所を散策している間に、マンションのモデル・ルームを好奇心でのぞいてみました。「ちょうど、キャンセル住戸が出たところです」と言われ、その数十分後、「それでは仮契約」となっていました。

衝動買いに悔いなし。

 

« 2023年8月 | トップページ | 2023年11月 »