« 乗馬 | トップページ | 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』 »

2022年2月14日 (月)

『老後とピアノ』

まつこです。

最近、月に一度か二度のピアノ・レッスン。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ1番の1楽章だけで、すでに4ヶ月以上かかっています。「長くやっていると少しは形になってきますね〜」と、先生は苦笑しながら言っています。見えすいたお世辞が言えない先生の、せいいっぱいの褒め言葉です。「もう少しできるようになると思いますから、もうしばらく続けてください」と言われ、いよいよ5ヶ月目に突入です。

Img_0750

[分厚いソナタ集の最初の5ページだけボロボロになってきました]

あーあ、なかなかうまくならないなあ・・・と、落胆したり、なかば諦め気分だったり。そんな私の心のどまんなかに、直球ストライクでつきささってきたのが、元朝日新聞のアフロヘア記者、稲垣えみこさんの『老後とピアノ』

 

[もともとは『月刊ショパン』の連載だったそうです]

50歳で朝日新聞を退職し、ミニマルな生活をしながら、40年ぶりにピアノを再開した稲垣さん。子供の頃は練習きらいだったけど「今ならばちゃんとできるんじゃないだろうか?」という、当初のほの甘い予測も、40年ぶりにみた楽譜が「まるっきり暗号にしか見えない」というショックも、大人ゆえの見栄のため先生の前になると「こんなこと練習の時は一度もなかったのにィ〜」とボロボロになるのも、まるで私の経験をそのまま書いてもらっているよう。

老眼が進んでいて楽譜を拡大コピーするとか、むきになって練習しすぎてガチンガチンにりきんじゃうとか、体だけではなく脳が老化しているのをはっきり実感したりとか、シニアのピアノ・ライフにあるあるのエピソードが次々に出てきます。

でもこの本から私が学んだ最良のヒントは、稲垣さんがピアノを通してたどりついた「野望を持たず、今を楽しむ」という人生観です。ひとつひとつの音を慈しむように、老いていく人生の時を味わう。もっとうまくなりたいとか、人に聞かせてほめられたいとか、そんな向上心は若者には良いかもしれないけれど、老人は「先」などないのだから、目の前の小さなことを楽しめば、そこに思いもかけぬ美しいものとの出会いがあると、稲垣さんは語ります。

そうだそのとおり!そう思いながら弾くと、あら不思議、肩から力が抜けて、ピアノの音もちょっと良くなります。

稲垣さんは1965年生まれとのことなので、まだ50代ですが、「老後」という言葉を我がこととして堂々と引き受けているところもあっぱれです。実年齢よりも若く見えることばかりを追求する風潮に流されず、自分の幸福のあり方を見定めていく。そんな姿勢が、実にかっこよく思えてくる一冊でした。

« 乗馬 | トップページ | 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』 »

コメント

私もこの本、気になっていたのです。私の方は現在バッハを弾いているのですが、譜面片面だけの簡単な曲に最低1カ月かけています。バッハはテンポがゆっくりだから御しやすいだろうと思いきや、いやーなかなかの難物です。夫「これナニ?」私「だからバッハやって!」というやりとりをかれこれ1年以上繰り返しています。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

稲垣さんの本の次に読み始めたのは、猪木武徳の『社会思想としてのクラシック音楽』です。音楽と政治経済の関係を論じています。「バッハは祈り、ロマン派は自己を語る」という一章もあります。おもしろそうです。

ピアノの先生とはすっかり仲良くなり、ときどき我が家にお招きするのですが、食事の最中にうめぞうが「ところで、うちの妻はうまくなっているんでしょうか?」と、真顔で聞いてしまいました。先生も私も「・・・」と言葉につまってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗馬 | トップページ | 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ