« 辻井伸行リサイタル | トップページ | 中秋の名月 »

2020年9月18日 (金)

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』

まつこです。

女に嫌われない女好き。別れた女にも恨みを言われない男。それがルチアーノ・パヴァロッティ! パヴァロッティの生涯を描いたドキュメンタリー映画は、大きな身体と同じように、人柄の魅力もスクリーンからはみ出しそうでした。

深くつきあった女性たちが、みなとても魅力的なのが、とにもかくにもあっぱれです。

Aduaveronilaprimamogliedilucianopavarott

[一人目の妻、アドゥア・ヴェローニ]

40年ちかく夫を支えていた一人目の妻、アドゥアが自分を捨てた夫について語る場面も多くあります。もちろん苦い思い出も語られますが、出会った頃の遠い記憶を語りながら、「あの声に恋しないなんてありえないわ」と言って微笑みます。人生の甘さと苦さを経験した大人の素敵な微笑みでした。

二人の間に生まれた3人の娘もみな美しくて、知的な雰囲気を漂わせています。

Images

[秘書であり生徒であり愛人だったアメリカ人ソプラノ歌手マデリン・レニー]

マデリン・レニーはマスタークラスの生徒として出会い、やがて『ラ・ボエーム』で共演します。若く貧しい芸術家の恋を描くオペラそのままに、二人が惹かれあっていった過去を、淡々と語るマデリン・レニーも潔くてかっこいい。

2d7232752ba9da1e7e866dc1be1b8f38cba2342a

[二人目の妻はニコレッタ・マントヴァーニ。出会った時は化学を専攻していた女子学生]

スキャンダルも、子供の死も乗り越えて、34歳も年上の男性と結婚したニコレッタ・マントヴァーニの澄み切った目の表情も印象的でした。たとえ世間が非難しようと、たとえ短い結婚生活だろうと、超越的な愛が二人の間にはあったのだと確信させられます。パヴァロッティがこんなにしなやかで強く美しい女性に惹かれたのも納得。

もうひとり付け加えるならこの人も・・・

90

[1991年、ハイドパークでのコンサートのあとで]

どしゃぶりのロンドン、ハイドパークでの屋外コンサート。ずぶ濡れになった大観衆の中の皇太子妃ダイアナに捧げる甘いセレナーデ。この頃にはすでにひどく不仲だったチャールズとダイアナですが、コンサート後にパヴァロッティに会いに行った二人の表情は、まるで太陽に照らされたように明るい笑顔でした。

まさに太陽のテノール。

けれど、やがてその大きな太陽も海の向こうに落ちていきます。あとには美しい夕日が残るだけ・・・。

はちきれんばかりの魅力とともに、ギュッと胸をつかまれるような切なさも味わえる映画です。絶対の自信を持ってお勧めします。

« 辻井伸行リサイタル | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

映画に、コンサートに、と楽しい日常が戻りつつありますね!羨ましい・・・。最後に外で観た映画は「半地下の家族」だったかな。今は専らNetflix です。(「愛の不時着」時間がかかった・・・。)また遠隔が始まり画面ばかり見て目はしょぼしょぼ、肩こりゴリゴリの日々に突入しましたが、心おきなく遊べる日を夢見て頑張りましょう!

Mochaさん、コメントありがとうございます。

「心おきなく遊べる日」が実現したらヨボヨボのおばあちゃんになっていました、っていうのだけは避けたいよねえ。私の勤務校は10月から授業です。今はジェットコースターが走り出す前の、あのカタカタっと上りつめていくときの気分です。急降下を前に息を詰めている日々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻井伸行リサイタル | トップページ | 中秋の名月 »