« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月18日 (金)

映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』

まつこです。

女に嫌われない女好き。別れた女にも恨みを言われない男。それがルチアーノ・パヴァロッティ! パヴァロッティの生涯を描いたドキュメンタリー映画は、大きな身体と同じように、人柄の魅力もスクリーンからはみ出しそうでした。

深くつきあった女性たちが、みなとても魅力的なのが、とにもかくにもあっぱれです。

Aduaveronilaprimamogliedilucianopavarott

[一人目の妻、アドゥア・ヴェローニ]

40年ちかく夫を支えていた一人目の妻、アドゥアが自分を捨てた夫について語る場面も多くあります。もちろん苦い思い出も語られますが、出会った頃の遠い記憶を語りながら、「あの声に恋しないなんてありえないわ」と言って微笑みます。人生の甘さと苦さを経験した大人の素敵な微笑みでした。

二人の間に生まれた3人の娘もみな美しくて、知的な雰囲気を漂わせています。

Images

[秘書であり生徒であり愛人だったアメリカ人ソプラノ歌手マデリン・レニー]

マデリン・レニーはマスタークラスの生徒として出会い、やがて『ラ・ボエーム』で共演します。若く貧しい芸術家の恋を描くオペラそのままに、二人が惹かれあっていった過去を、淡々と語るマデリン・レニーも潔くてかっこいい。

2d7232752ba9da1e7e866dc1be1b8f38cba2342a

[二人目の妻はニコレッタ・マントヴァーニ。出会った時は化学を専攻していた女子学生]

スキャンダルも、子供の死も乗り越えて、34歳も年上の男性と結婚したニコレッタ・マントヴァーニの澄み切った目の表情も印象的でした。たとえ世間が非難しようと、たとえ短い結婚生活だろうと、超越的な愛が二人の間にはあったのだと確信させられます。パヴァロッティがこんなにしなやかで強く美しい女性に惹かれたのも納得。

もうひとり付け加えるならこの人も・・・

90

[1991年、ハイドパークでのコンサートのあとで]

どしゃぶりのロンドン、ハイドパークでの屋外コンサート。ずぶ濡れになった大観衆の中の皇太子妃ダイアナに捧げる甘いセレナーデ。この頃にはすでにひどく不仲だったチャールズとダイアナですが、コンサート後にパヴァロッティに会いに行った二人の表情は、まるで太陽に照らされたように明るい笑顔でした。

まさに太陽のテノール。

けれど、やがてその大きな太陽も海の向こうに落ちていきます。あとには美しい夕日が残るだけ・・・。

はちきれんばかりの魅力とともに、ギュッと胸をつかまれるような切なさも味わえる映画です。絶対の自信を持ってお勧めします。

2020年9月16日 (水)

辻井伸行リサイタル

まつこです。

久しぶりのコンサート。辻井伸行さんのリサイタルでした。

Photo_20200916152901

[コンサート後、ワイン飲もうとお店に入ったけれど30分で閉店・・・]

辻井さんのコンサートはいつもならなかなかチケット取れないのですが、コロナ禍で観客も足が遠のいているようで、今回はあっさり買えました。ベートーヴェンの『月光』、ドビュッシー、ラベル、ショパン、リストと、王道中の王道の曲ばかりで構成されたプログラムでした。

観客席はひとりおきに座るので、収容人数は日頃の半分。演奏中も聴衆はマスクをはずしてはいけないことになっています。マスクして聞いていると、なんだか音がくぐもっているように聞こえるのは気のせい?

それでも素晴らしいコンサートで、ピアノはこんなにも多彩で豊かな音が出るのかと、改めてピアノという楽器の表現力に感動しました。

芸術の秋、始動です!

 

2020年9月14日 (月)

浴室のクリーニング

まつこです。

日頃、ちゃんとお掃除していても、築20年近い住まいの浴室はどうしても汚れが残っています。そこでハウス・クリーニングをお願いしてみました。

Img_3904

[細部まできれいになりました]

2時間ほどの作業ですっかりきれいにしてもらいました。鏡はどうしても白い水垢が落ちなかったのですが、さすがプロ!曇り一つなくぴっかぴかにしてもらいました。

まるで新築マンションの浴室みたい。うれしい〜!

2020年9月 9日 (水)

映画『オフィシャル・シークレット』

まつこです。

退職以来、たいてい自宅にひきこもっているうめぞうですが、2週に1本ほどのペースで私と一緒に映画を見に行っています。先週見たのは『オフィシャル・シークレット』(Official Secrets)。2004年、イラク戦争直前に起きた国家機密の漏洩をめぐる事件をもとにしたドキュメンタリドラマです。

イギリス情報機関GCHQの職員で、イラク戦争を阻止するために機密をリークした主人公を演じたのはキーラ・ナイトリー。ナイーブな正義感と弱さをあわせ持つ等身大の女性の葛藤を演じていて、なかなかよかったです。

でも私のお目当ては人権派弁護士ベン・エマーソンを演じるレイフ・ファインズ。

640x320

[人権派弁護士というまっとうな役のレイフ・ファインズ]

近年、コメディやアクション映画でのエキセントリックな役柄が多いので、正義のために闘う法律家というまっとうな役柄がファンとしてはうれしい限りです。

この映画を見てあらためて感じたのは、イギリスのエスタブリッシュメントの持つジェントルマンズ・クラブ的雰囲気です。政治、司法、メディアが互いに規制や監視しあう関係でありながら、同時にその内部の人たちはエリートとしての同族意識や信頼関係を共有しています。

映画の中では内部告白者キャサリンの逮捕後、公訴局長官が弁護士エマーソンの別荘を訪ね、一緒に釣りをするという場面が出てきます。公訴する側と弁護する側が、海に向かって並んで釣りをしていていいのか?そのな原則的な疑問は、イギリスのエリートたちにとっては、キャサリンの正義感と同じようにナイーブなのかもしれません。

Mv5bzge1nza1mwutmta0ns00mtqylwexmtetnde1

[ノーフォークの地味な景色がまたいかにもイングランドらしい]

私邸のリビングのソファで、クラブの皮張りの椅子で、ウィスキーを片手に、政治家、ジャーナリスト、法律家が、くつろいだ表情で必要な情報を交換したり、秘密を引き出したりする。そうやってエリートたちが社会を動かしていることを偽善と感じる一方で、人権を保護し大義のために専門知識を駆使して戦う側もまた、そのエリートのサークルの中にいるのです。

ファインズ演じるエマーソンは人権団体リバティに属しています。リバティは1934年に設立された団体で、初代代表は小説家のE. M. フォースター。映画の中にも出てくる2004年当時の代表はシャミ・チャクラバティでしたが、彼女は40歳代でエセックス大学の総長、貴族院議員にもなっています。日本では人権団体、すなわち反エリートという図式でとらえられがちですが、権威も反権威も抱合する懐の深さがイギリスのエリート社会なのだろうと思います。

そのあたりのイギリス社会のあざとさやしぶとさを表現するには、やっぱりレイフ・ファインズはぴったりでしょう。

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »