« オーダーメイド | トップページ | ご無沙汰しました »

2020年5月18日 (月)

コロナ危機によせて

ひさびさにうめぞうです。

在宅勤務も見た目ほど楽じゃないようだ。ズーム会議、テレワーク、遠隔授業、教材アップロード、学生レポートのフィードバック。マツコは連日、髪を振り乱して書斎に引きこもり。将棋でいえば穴熊戦法。かたや強運の持ち主うめぞうは絶妙のタイミングで定年退職。せめてガス抜きのため、せっせと家事にいそしんでいる。具体的成果はそのうちマツコがレポートするだろう。

医療介護現場の疲弊、中小企業の連鎖倒産、生活困窮者の急増、鬱や自殺の増加、途上国のデフォルト、金融不安、米中対立・・・メディアに溢れる近未来予測は惨憺たるもので、現場で奮闘されている方々には心よりお見舞いを申し上げる。

でも、こんなときは気分転換も必要だ。例えば超マクロ的に今の状況を考えてみてはどうだろう。弓の的のような4つの同心円を描き、一番外側の丸から順番にABCDとする。

Aは物理化学的な自然世界。Bは生物が作り上げる生態系。Cは国家という政治共同体。Dは資本主義という経済システム。

ところが現代人の頭の中では、この順序がほとんど逆になっている。これを小文字で表記しよう。頭の中での一番大きな丸aは経済。その中に国家bが収まっている。ここ数十年は「国家から市場へ」ということで、bは随分と小さな丸になった。その中に申しわけ程度に生態系cが、そしてさらにその中に物理化学的自然dが収まっている。こんなふうに人間の頭の中の秩序abcdは、客観世界を構成する秩序A B C Dからいちじるしく乖離している。だから21世紀になって、この現実乖離したイメージの修正が強いられたのは、ある意味、当然のことだった。

経済aが自分の外部にある国家bの存在に気付かされたのは、2008年の金融危機の時だった。公共部門に緊縮を迫り、金融部門に過剰投資してきた政策のツケがここで一気に吹き出した。高度な金融商品が生み出した錬金術はあえなく破綻。その時、資本主義システムの自壊を救済したのは国家と中央銀行だった。企業間競争に目を奪われていた資本家は、経済システムが自立的なものではなく、国家制度の内部でしか存続できないことを思い知らされた。

次に国家bが自分の外にある生態系cの存在に気づかされたのが、今回のコロナ危機だった。都市化による人口密集、森林伐採、気候変動、人と物の国際移動などは生態系を激変させる。新型ウィルスの誕生は生物進化史からいえば当然のこと。医療公衆衛生部門に緊縮を迫り、軍事部門に過剰投資してきた政策のツケがここで一気に吹き出した。国家間競争に目を奪われていた政治家は、国家制度が自立的なものではなく、生態系の内部でしか存続できないことを思い知らされた。

生態系のさらに外にある物理化学的自然dの存在にわれわれが気づかされたのは、東日本大震災とあの津波だったろう。原発神話はあっという間に崩れた。必ず到来する巨大地震はそのことをまた人類に思い出させるだろう。恐竜の世界も巨大隕石の衝突によって永遠に失われたと聞く。人類がabcdの幻想から目覚め、客観世界を構成するA B C Dの秩序を謙虚に受け入れ、自分たちの文明や知識や技術を過信しないこと。これが今回の危機の超マクロ的教訓だろう。

 

 

 

« オーダーメイド | トップページ | ご無沙汰しました »

コメント

うめぞうさん、悠々自適っぷりが伝わってきて、羨ましいです(笑)。記事を読んで、中世の「大いなる存在の連鎖(Great Chain of Beingで画像検索)」を思い出しました。一番外側の信仰はなくなり、その代わりに鎮座しているのが大衆情報社会、140行のpopular journalismです。トランプ就任でも思いましたが、このコロナ禍でもその怖ろしさを感じずにはいられません。存在の連鎖が本来の品性を回復しますように、と日々祈るばかりです。

Pukiちゃん
貴重なコメントをありがとうございます。なるほど、「存在の連鎖」への感覚が失われているんですね。この点では、古代や中世の人々の方がよく分かっていましたね。神聖な絶対者が姿を消したとしても、実在世界の階層性まで見えなくなるのは大問題です。社会が自分を環境や自然の一部と思わずに、自立した経済システムだと誤解していると、危機のたびに大混乱しますね。
話は違いますが、遠隔授業に耐えら得れなくなったまつこの逃避先は、今やネット碁。僕はほとんどやりませんが、まつこはどうもそちらの方面でひそかに強くなっているようです。3子局の壁がそろそろ破られるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーダーメイド | トップページ | ご無沙汰しました »