« 新しい日常 | トップページ | オーダーメイド »

2020年4月23日 (木)

1ヶ月

まつこです。

コロナウイルス騒ぎで、心落ち着かない日々ですが、そんなときには自然に触れたくなるもの。人間社会がどんなに動揺していても、木々や草花は季節の移り変わりを、平然といつもどおりに見せてくれています。

そんな確実な季節の移ろいを心にとどめようと、この1ヶ月、毎朝、窓から見える東大農学部の景色を撮ってみました。

3月22日には、まだ寒々しい風景でした。

Img_3479

[3月22日]

それが10日後にはこのとおり。

Img_3558

[4月3日]

木々の梢に小さな芽が吹き出しています。いったんこうなると、緑の勢いはめざましいものがあります。

Img_3563

[4月5日]

Img_3567

[4月8日]

Img_3578

[4月10日]

Img_3585

[4月12日]

Img_3598

[4月14日]

Img_3614

[4月16日]

Img_3620

[4月18日]

Img_3626

[4月19日]

Img_3632

[4月22日]

木々の緑の力強さに、励まされます。冬の寒さの中、じっと静かに春を待っていた木々が、生き生きと活気づくのを見ていると、忍耐の日々を黙々と積み重ねる大切さを教えられているようです。

さ、今日も、在宅勤務をしっかりやりましょう!

« 新しい日常 | トップページ | オーダーメイド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい日常 | トップページ | オーダーメイド »