« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月23日 (木)

1ヶ月

まつこです。

コロナウイルス騒ぎで、心落ち着かない日々ですが、そんなときには自然に触れたくなるもの。人間社会がどんなに動揺していても、木々や草花は季節の移り変わりを、平然といつもどおりに見せてくれています。

そんな確実な季節の移ろいを心にとどめようと、この1ヶ月、毎朝、窓から見える東大農学部の景色を撮ってみました。

3月22日には、まだ寒々しい風景でした。

Img_3479

[3月22日]

それが10日後にはこのとおり。

Img_3558

[4月3日]

木々の梢に小さな芽が吹き出しています。いったんこうなると、緑の勢いはめざましいものがあります。

Img_3563

[4月5日]

Img_3567

[4月8日]

Img_3578

[4月10日]

Img_3585

[4月12日]

Img_3598

[4月14日]

Img_3614

[4月16日]

Img_3620

[4月18日]

Img_3626

[4月19日]

Img_3632

[4月22日]

木々の緑の力強さに、励まされます。冬の寒さの中、じっと静かに春を待っていた木々が、生き生きと活気づくのを見ていると、忍耐の日々を黙々と積み重ねる大切さを教えられているようです。

さ、今日も、在宅勤務をしっかりやりましょう!

2020年4月16日 (木)

新しい日常

まつこです。

誰もが今までとは違った生活を送っている昨今ですが、専業主夫となったうめぞうは新しい日常生活にすっかりなじんでいます。

Photo_20200416193601

[第1作目のパンを切るうめぞう]

退職記念にプレゼントしたホームベーカリーがさっそく大活躍しています。

Img_3557

[記念すべき初めてのトースト]

最初はスタンダードな食パンから始まり・・・

1_20200416193901

[柔らかい生地に切れ目を入れるのは意外とむずかしい]

翌日にはフランスパンに挑戦。さらに全粒粉のパン、ライ麦パン、天然酵母のパン・・・と順調にレパートリーを広げています。

外出自粛が続く中、フレッシュなパンが食べられるなんて、なんて贅沢!なんと時宜にかなったプレゼントを選んだことか!

と思っていたら・・・

Img_3612

[どーんと届いた!]

ある日、なんと25キロ入りの小麦粉が配達されてきました。

Img_3613

[業務用・・・?]

うめぞう、ドイツに住む友人がコロナ禍による籠城に備え50キロ入りの小麦粉を買ったというのを聞いて、触発されたようです。これでたとえ市中のスーパーの棚から強力粉が消えても、我が家ではパンを食べ続けることができる、と豪語しています。

狭い我が家には他に置き場もなく、25キロの小麦粉はウォークイン・クローゼットの中に収まっています。洋服の間で堂々たる存在感を放つ小麦粉の袋を眺めながら、いくらなんでもこの小麦粉がなくなる頃までには、コロナ騒ぎが収束していてほしいものだと願っています。

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »