« 『男と女 人生最良の日々』(Les Plus Belles Années d'une vie) | トップページ | 誕生日の赤いバラ »

2020年3月 3日 (火)

おひなさまケーキの思い出

まつこです。

3月3日はひな祭り。我が家も小さなお雛様を出して飾っています。このお雛様を見ていると遠い記憶が蘇ってきます。

Img_3425

[我が家のちいさなお雛様]

今を遡ること50数年前、私が幼稚園に通う道の途中にお菓子屋さんがありました。そこのガラスケースに雛祭り用のケーキが飾られていました。今も鮮明に思い出せますがひし形で上に小さなお雛様がのっているかわいいケーキです。私は毎朝、店の前にしゃがみこんでは、そのケーキをじっくり眺めてから幼稚園に向かっていました。

親にそのケーキを買ってほしいと頼んだ覚えはありません。たぶんほしいという気持ちより、かわいいな〜と見とれているだけだったのだと思います。毎朝、決まって店の前にしゃがみこみ、しばし愛でてから幼稚園に向かう。それがしばらくの間の朝の習慣になっていました。

そして3月3日。夕方、母と一緒に自宅に帰宅したら、我が家の玄関にそのケーキが届けられていたのです。母は注文もしていないケーキが届いていたのでびっくりして聞いてみると、そのお店からのプレゼントとのことでした。毎朝、毎朝、幼稚園の制服姿で店の前にしゃがみこんでいた私の姿をお店の人も、当然、気づいていたのです。あまりの熱意にほだされて(?)、我が家に配達してくれたのでした。

憧れの的のお雛様ケーキが突然、我が家に届く。こんな夢のようなことがあっていいんだろうか・・・。幼心にとっては奇跡が起きたような出来事でした。そのときの興奮した気持ちを、毎年、3月3日になると思い出します。

まだ近所付き合いが濃厚だった1960年代のことです。地元に古くからあるお菓子屋の奥さんが、雛祭り当日に売れ残っていたケーキを、若くて貧乏だった教師夫婦の家の娘に届けてくれる。そんな心温まる交流が、ごく普通にあった時代でした。遠い、遠い、昔のことになりました。

« 『男と女 人生最良の日々』(Les Plus Belles Années d'une vie) | トップページ | 誕生日の赤いバラ »

コメント

いじらしさと優しさに感動して、涙がこぼれました。目を輝かせてケーキを愛でている可愛い子供にお店の人も癒やされ、励まされたのでしょう。「こんなことしたら、かえって迷惑なのでは・・・」とか余計なことを気にして萎縮しがちな社会になってしまいましたが、こういう素直な優しさを持ちたいものです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

あまり欲のない子供で、ただ眺めているだけでうれしかったのですが、その後、物欲に突き動かされる大人に成長してしまいました。エルメスのウィンドウ、眺めているだけでしあわせ・・・そんな無欲な老女に、果たしてなれるでしょうか?(エルメスはいくら健気に見つめ続けても、容易には報いてくれません。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『男と女 人生最良の日々』(Les Plus Belles Années d'une vie) | トップページ | 誕生日の赤いバラ »