« 歴史のひとこま | トップページ | 祝 定年退職 »

2020年3月30日 (月)

サクラとスイセン

まつこです。

東京も週末は外出自粛要請が出ましたが、もっと厳しい状況のイギリスでは必要最小限度以外の外出は禁止、人との距離を2メートル以上あけることというルールが出され、行動が厳しく制限されています。友人たちからは「庭をぐるぐる歩いて運動不足の解消をしている」とか、「車でムーアまで行って歩いた」とか、「whatsappやzoomを使ってティー・パーティしている」という、いかにもイギリス人らしい対応をしている様子が伝えられてきました。

Img_3492

[先週の木曜日の千鳥ヶ淵]

日本から桜の写真を送ったらたいそう喜ばれて、イギリスの水仙の写真がお返しに送られてきました。

P1070612

[イギリスも水仙が咲き乱れる春です]

感染症には国際的な協力関係で対応しなければなりません。医薬品やワクチンの開発だって、世界中の研究者が懸命に行っています。それなのに、中国政府の初期対応が悪かったとアメリカ人が集団訴訟を起こしたとか、アメリカ軍が持ち込んだウイルスだと中国人が言っているというのを聞くと、ほんとうにガッカリします。ネットで世界中がつながっている時代、国境を超えて互いに励まし合って難局を乗り越えたいものです。

ケンブリッジに住む友人は、近隣に住む人同士がよく協力しあっていると伝えてくれました。買い物を代行しあったり、時間を決めて互いに玄関ドア前に出てエールを交換しているそうです。懸命に尽力しているNHSの職員たちを讃え、全国で人々が時間を決めていっせいに拍手したときには、EU離脱騒動による国民の分断がこれで癒えた、と実感したそうです。

イタリアでも、スペインでも、イランでも、中国でも、アメリカでも、人々はみな苦労しながらウイルスの収束を願っています。見知らぬ国でも、そこには同じ問題を共有している人がいる。オリンピックなどより、このCOVID-19対策の方がよほど世界が一体感を持ち、国際協調を推進できる機会のはずです。サクラとスイセンの写真を見ながら、そう感じています。

« 歴史のひとこま | トップページ | 祝 定年退職 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史のひとこま | トップページ | 祝 定年退職 »