« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

祝 定年退職

まつこです。

2020年3月31日をもってうめぞうは定年退職。

Img_3539

[Happy Retirement!]

実は定年退職のお祝いとして、この3月末に1週間のイタリア旅行を計画していました。「70歳までよくがんばった!」というわけで、私の冬のボーナスを投入し大盤振る舞いのつもりだったのですが、このコロナウイルス騒ぎで当然ながらキャンセル。

JALはキャンセル料も取らずに全額返金してくれました。ふぅ。(安堵のため息)

そういうわけで、イタリア旅行の代わりにせめて何か記念になるプレゼントをしたいと思い選んだのは・・・

Photo_20200331233801

[なんだ?この大きな包みは?]

うめぞうが前々からほしいと言っていたものです。「狭くて置き場所ないよ」「あんまり使わないんじゃない」とか、あれこれ理由をつけてこれまでは購入に反対していたのですが、今回は寿定年退職記念ということで、サプライズのプレゼントにしました。

Photo_20200331234201

[象印の製品です]

それは、ホームベーカリー。

うめぞう、大いに喜んでくれました。「ずっとほしかったんだ〜」と喜色満面です。ひょっとしてイタリア旅行より、うめぞうにとってはこちらの方がうれしいプレゼントかもしれません。

これからは主夫として、せっせと料理に励むと、うめぞうは意欲満々です。おいしい焼きたてパンが食べられそうです。

 

 

2020年3月30日 (月)

サクラとスイセン

まつこです。

東京も週末は外出自粛要請が出ましたが、もっと厳しい状況のイギリスでは必要最小限度以外の外出は禁止、人との距離を2メートル以上あけることというルールが出され、行動が厳しく制限されています。友人たちからは「庭をぐるぐる歩いて運動不足の解消をしている」とか、「車でムーアまで行って歩いた」とか、「whatsappやzoomを使ってティー・パーティしている」という、いかにもイギリス人らしい対応をしている様子が伝えられてきました。

Img_3492

[先週の木曜日の千鳥ヶ淵]

日本から桜の写真を送ったらたいそう喜ばれて、イギリスの水仙の写真がお返しに送られてきました。

P1070612

[イギリスも水仙が咲き乱れる春です]

感染症には国際的な協力関係で対応しなければなりません。医薬品やワクチンの開発だって、世界中の研究者が懸命に行っています。それなのに、中国政府の初期対応が悪かったとアメリカ人が集団訴訟を起こしたとか、アメリカ軍が持ち込んだウイルスだと中国人が言っているというのを聞くと、ほんとうにガッカリします。ネットで世界中がつながっている時代、国境を超えて互いに励まし合って難局を乗り越えたいものです。

ケンブリッジに住む友人は、近隣に住む人同士がよく協力しあっていると伝えてくれました。買い物を代行しあったり、時間を決めて互いに玄関ドア前に出てエールを交換しているそうです。懸命に尽力しているNHSの職員たちを讃え、全国で人々が時間を決めていっせいに拍手したときには、EU離脱騒動による国民の分断がこれで癒えた、と実感したそうです。

イタリアでも、スペインでも、イランでも、中国でも、アメリカでも、人々はみな苦労しながらウイルスの収束を願っています。見知らぬ国でも、そこには同じ問題を共有している人がいる。オリンピックなどより、このCOVID-19対策の方がよほど世界が一体感を持ち、国際協調を推進できる機会のはずです。サクラとスイセンの写真を見ながら、そう感じています。

2020年3月21日 (土)

歴史のひとこま

まつこです。

「知り合いが感染者と接触したため、私まで隔離措置の対象になって、家から出てはいけないと保健所職員に命じられ、出かけられなかったんです・・・」

Globetheatre91519790

[シェイクスピアの時代のロンドン]

これは最近の新型コロナウイルスの話題ではありません。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』に登場する修道僧ジョンのセリフです。ペストの流行のせいでロミオのもとに連絡が届けられず、ロミオはジュリエットが死んでしまったと思い込んで毒をあおって死んでしまいます。

シェイクスピアの時代には、ペストは何年かごとに繰り返し流行していました。シェイクスピアが生まれた1564年も、ストラットフォードの町では7人に一人が亡くなったそうです。しかし生まれたばかりのシェイクスピアは運良く生き延び、そのおかげで数々の作品がやがて世に残されることになりました。

現在、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスですが、「隔離」や「イベント会場の閉鎖」はシェイクスピアの時代のペストへの対応と同じだなあと、あらためて思います。『ロミオとジュリエット』が書かれた少し前の1592年から1593年もロンドンではペストが大流行し、人口の14%もが命を落としました。もちろん人々が密集する劇場は感染リスクが高いので、閉鎖されました。役者たちは仕事がなくなり、劇団員もバラバラになってしまいます。

でもシェイクスピアはこの劇場閉鎖の期間もムダにはしませんでした。『ヴィーナスとアドーニス』、『ルークリース凌辱』という長い物語詩を書いて、パトロンの青年貴族に捧げています。数々のソネットもおそらくこの時期に書いたものと推測されています。ペストが流行ったせいで、劇作家としてだけでなく、詩人としてもシェイクスピアは大きな足跡を残せたと言えます。

黒死病、ペスト、天然痘、コレラ、結核、スペイン風邪・・・。人類の歴史は感染症との戦いの歴史でもあります。これまでも様々な「新型」の感染症を、人類は乗り越えてきました。感染症が流行ると、パニックや差別が起きてしまうのも、人間が繰り返してきた歴史です。今回の騒ぎもやがて、人類史のひとこまになるのだろうと、超然とした視点を持つことも必要でしょう。

卒業式も入学式も中止、新学期開始は延期、旅行も中止。あれこれ計画が狂ってしまった春ですが、詩人シェイクスピアを見習って、イベント自粛でできた時間をなんとか有効に使いたいものです。

 

2020年3月12日 (木)

誕生日の赤いバラ

まつこです。

昨日は私の59歳の誕生日。うめぞうから花束をもらいました。

Img_3462

[今年のプレゼントはこれとペンダント]

真っ赤なバラの花束なんて、若い頃であればなんとなく照れ臭かったんじゃないでしょうか。あげる方もキザだし、もらう方もよほどの美人じゃないと面映ゆい気がします。でもおじいさんがおばあさんに真紅のバラをあげるのであれば、実にほほえましい。赤いバラのケレン味を、白髪やシワがほどよく中和するからでしょう。これからは誕生日のプレゼントは赤いバラと決めましょう。

うめぞうは「59本は買えないので9本にしたよ」と言って渡してくれました。来年は60歳なので10本。そして再来年の61歳で1本にして、1年ごとに1本ずつ増やしてもらうことにしましょう。

ティファニーの指輪やエルメスのスカーフもらって大喜びした頃もありましたが、この歳になると、誕生日を二人とも元気で迎えられれば、それだけで大いに満足です。歳をとるのも悪くないな、と実感した誕生日でした。

2020年3月 3日 (火)

おひなさまケーキの思い出

まつこです。

3月3日はひな祭り。我が家も小さなお雛様を出して飾っています。このお雛様を見ていると遠い記憶が蘇ってきます。

Img_3425

[我が家のちいさなお雛様]

今を遡ること50数年前、私が幼稚園に通う道の途中にお菓子屋さんがありました。そこのガラスケースに雛祭り用のケーキが飾られていました。今も鮮明に思い出せますがひし形で上に小さなお雛様がのっているかわいいケーキです。私は毎朝、店の前にしゃがみこんでは、そのケーキをじっくり眺めてから幼稚園に向かっていました。

親にそのケーキを買ってほしいと頼んだ覚えはありません。たぶんほしいという気持ちより、かわいいな〜と見とれているだけだったのだと思います。毎朝、決まって店の前にしゃがみこみ、しばし愛でてから幼稚園に向かう。それがしばらくの間の朝の習慣になっていました。

そして3月3日。夕方、母と一緒に自宅に帰宅したら、我が家の玄関にそのケーキが届けられていたのです。母は注文もしていないケーキが届いていたのでびっくりして聞いてみると、そのお店からのプレゼントとのことでした。毎朝、毎朝、幼稚園の制服姿で店の前にしゃがみこんでいた私の姿をお店の人も、当然、気づいていたのです。あまりの熱意にほだされて(?)、我が家に配達してくれたのでした。

憧れの的のお雛様ケーキが突然、我が家に届く。こんな夢のようなことがあっていいんだろうか・・・。幼心にとっては奇跡が起きたような出来事でした。そのときの興奮した気持ちを、毎年、3月3日になると思い出します。

まだ近所付き合いが濃厚だった1960年代のことです。地元に古くからあるお菓子屋の奥さんが、雛祭り当日に売れ残っていたケーキを、若くて貧乏だった教師夫婦の家の娘に届けてくれる。そんな心温まる交流が、ごく普通にあった時代でした。遠い、遠い、昔のことになりました。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »