« 早春 | トップページ | おひなさまケーキの思い出 »

2020年2月26日 (水)

『男と女 人生最良の日々』(Les Plus Belles Années d'une vie)

まつこです。

きっと泣けるだろうな・・・と期待して、そのとおり涙がポロポロ流れたロマンティックな映画は、クロード・ルルーシュ監督の『男と女 人生最良の日々』。

1966年の『男と女』は、大人の恋をとびきりスタイリッシュに描いていました。30代の子持ちの男女が偶然に出会って恋をする。それぞれの過去が落とす影や、ためらいやてらいが、恋に切ないほろ苦さを与える。それが美しい映像や音楽に合わせて描かれる洗練の極みの恋愛映画でした。

それから50余年・・・

142185972093043421177_silence_on_tourne_

[ドーヴィルの海岸の美しい風景を背景とする大人の恋愛]

美男美女だったアンヌ(アヌーク・エーメ)とジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)は80代の老人になっています。

2f83d93b6d10976f20cc4c341566b348333aa0ac

[アヌーク・エーメは80代でもきれい!]

若い時の映像と老いてからの映像が重なり合うだけで、輝いていた日々と死を目前にした現在の間にある半世紀という年月の重みが感じられて、それだけでグッときます。

あのときの可愛い子役たちも半世紀たつとこのとおり、立派な中年になっています。

0f74bb4858b74586b73bb6a8683aa2f84b3f2809

[子供世代まで同じ俳優を使ったのが効果的]

ハンサムなレーサーだった男は認知症になり老人ホームで暮らしている。そこに訪ねていく女。あいまいになる記憶の中で、過去の思い出と今の幻想が混じり合う様子が、美しいフランスの光の中で描かれます。出会いや別れを経て人生の終わりにさしかかった男女の追想や諦念を、説明的にならず叙情的に描く佳作でした。

Un_homme_et_une_femme

[輝いていた日々]

老いて再会したとき、女は「一人でいると死が怖いけれど、二人でいると相手の死が怖い」と呟きます。去っていった人生の時と、これからくる人生の終わりがこの映画のメインテーマです。

Unnamed

[人生の終わりに再会して]

原題の"Les Plus Belles Années d'une vie"はヴィクトル・ユゴーの"Les plus belles années d'une vie sont celles que l'on n'a pas encore vécues"(人生で最も美しい日々はこれから生きる日々)から取られています。過去の時間はどれほど輝いていようとも、もう取り戻せない。死を前にして、最も美しい日々を見果てぬ先に思いながら、人は今を受け入れて生きていくもの。

そのように静かに思いを定めたとき、人生の終わりの貴重な時間が美しい夕日のように見えてくる。そう感じられる映画でした。

« 早春 | トップページ | おひなさまケーキの思い出 »

コメント

『男と女』は大学生時代に背伸びして見たものの、この映画はどうなんだろう?と思って迷っていましたが、まつこさんの文章を読んで、俄然見たくなりました。それにしても、80代なのですか。恐るべし、アヌーク・エーメ。。。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

アヌーク・エーメは1932年生まれだそうです。けっこう太っているのですが、かっこよかったです。80代でも髪をかきあげる姿がサマになっています。その姿を見ると、おばあちゃんになってもおしゃれするぞ、という意欲がわいてきますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早春 | トップページ | おひなさまケーキの思い出 »