« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月26日 (水)

『男と女 人生最良の日々』(Les Plus Belles Années d'une vie)

まつこです。

きっと泣けるだろうな・・・と期待して、そのとおり涙がポロポロ流れたロマンティックな映画は、クロード・ルルーシュ監督の『男と女 人生最良の日々』。

1966年の『男と女』は、大人の恋をとびきりスタイリッシュに描いていました。30代の子持ちの男女が偶然に出会って恋をする。それぞれの過去が落とす影や、ためらいやてらいが、恋に切ないほろ苦さを与える。それが美しい映像や音楽に合わせて描かれる洗練の極みの恋愛映画でした。

それから50余年・・・

142185972093043421177_silence_on_tourne_

[ドーヴィルの海岸の美しい風景を背景とする大人の恋愛]

美男美女だったアンヌ(アヌーク・エーメ)とジャン(ジャン=ルイ・トランティニャン)は80代の老人になっています。

2f83d93b6d10976f20cc4c341566b348333aa0ac

[アヌーク・エーメは80代でもきれい!]

若い時の映像と老いてからの映像が重なり合うだけで、輝いていた日々と死を目前にした現在の間にある半世紀という年月の重みが感じられて、それだけでグッときます。

あのときの可愛い子役たちも半世紀たつとこのとおり、立派な中年になっています。

0f74bb4858b74586b73bb6a8683aa2f84b3f2809

[子供世代まで同じ俳優を使ったのが効果的]

ハンサムなレーサーだった男は認知症になり老人ホームで暮らしている。そこに訪ねていく女。あいまいになる記憶の中で、過去の思い出と今の幻想が混じり合う様子が、美しいフランスの光の中で描かれます。出会いや別れを経て人生の終わりにさしかかった男女の追想や諦念を、説明的にならず叙情的に描く佳作でした。

Un_homme_et_une_femme

[輝いていた日々]

老いて再会したとき、女は「一人でいると死が怖いけれど、二人でいると相手の死が怖い」と呟きます。去っていった人生の時と、これからくる人生の終わりがこの映画のメインテーマです。

Unnamed

[人生の終わりに再会して]

原題の"Les Plus Belles Années d'une vie"はヴィクトル・ユゴーの"Les plus belles années d'une vie sont celles que l'on n'a pas encore vécues"(人生で最も美しい日々はこれから生きる日々)から取られています。過去の時間はどれほど輝いていようとも、もう取り戻せない。死を前にして、最も美しい日々を見果てぬ先に思いながら、人は今を受け入れて生きていくもの。

そのように静かに思いを定めたとき、人生の終わりの貴重な時間が美しい夕日のように見えてくる。そう感じられる映画でした。

2020年2月25日 (火)

早春

まつこです。

今年の2月はあれこれ忙しく、あっというまに終わってしまいそうです。新学期が始まるまえに、あれこれやっておかなければならない仕事が多いのに・・・

Img_3420

[大寒桜という種類だそうです]

そんな私をさらに焦らすように、桜も咲き始めました。この桜の木は毎年、3月にならなければ咲かなかったと思うのですが、暖冬のせいでしょう。足早に歩いていたのですが、思わず足を止めてしばし眺めてしまいました。

新型の感染症の流行で不安な日々ですが、早春の風にゆれる花を見ていると、少し落ち着いた気分になってきます。早く暖かくなってウイルスの拡散も収束に向かうといいですね。

2020年2月 9日 (日)

『ダウントン・アビー』と『ジョジョ・ラビット』

まつこです。

2月は観たい映画が目白押し。

まずは『ダウントン・アビー』ですが、ご都合主義もここに極まれりというストーリー展開で、最後は華々しい舞踏会でハッピーエンド。とことんファン・サービスに徹した娯楽作品でした。

4127_d031_00209_r1567531003e156935565348

[最後は国王陛下をお迎えしてダンス・パーティ]

これ以上の続編は・・・ないでしょう。

次に見たのはオスカー受賞の呼び声も高い『ジョジョ・ラビット』です。秀逸だと思ったのはオープニング。レニ・リーフェンシュタールのプロパンガンダ映画『意志の勝利』の大衆が熱狂している場面に合わせて、ビートルズの『抱きしめたい』のドイツ語版Komm, Gib Mir Deine Handが流れます。

Triumphofthewill

[ヒトラーがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!]

老若男女みんながヒトラーに夢中。当時のドイツ人にとってヒトラーってアイドルだったのね、ということが一瞬にして可視化されます。

そんなスーパー・スターに憧れる気の弱い少年ジョジョがこの映画の主人公です。

4140

[ジョジョの秘密のお友達は二人]

アイドルだから部屋にポスターも貼るし、グッズもそろえます。ファンクラブだって入っちゃう・・・というわけで、当時の少年がヒトラー・ユーゲントに入るのは、ごくあたりまえだったことがわかります。みんなが盛り上がっていれば、どんな非人道的な独裁者にだって、つられて熱狂しちゃうのが大衆心理です。

ところがジョジョの母親は、そんな息子を黙って見守りながらも、密かにユダヤ人の少女を屋根裏に隠すレジスタンスの活動家です。ユダヤ人はケダモノだと信じていた少年ジョジョも、やがてその少女と心通わせるようになりますが、一方で、心の中で妄想している親友はアドルフ・ヒトラー。心の中の秘密のお友達アドルフと、屋根裏の秘密のお友達エルザ、ジョジョはその二人の間で揺れ動きながら成長していきます。

なかなかよくできた映画だと思いましたが、イギリスの新聞の映画評は全体に辛口です。主人公がかわいいとか、皮肉が効いていておかしいとか、そんなことで歴史の悲劇性や独裁者の残虐性をあいまいにしてしまうな、という批判的見方がされています。

でも、まあ、笑ったり、泣いたり、考えたりできる、良い映画でした。

2020年2月 7日 (金)

早朝出勤

まつこです。

1月末から2月が、私の場合は繁忙期。

Img_3413

[この時期、日の出の時刻は6時半くらい]

今週は早朝出勤が続いています。寒いけど早起きすると、ご褒美は朝焼けの風景。太陽が昇る位置も日の出の時刻も、日々、少しずつ変化しています。

さ、明日もがんばろ。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »