« クリスマスまであと18日 | トップページ | クリスマスまであと10日 »

2019年12月10日 (火)

クリスマスまであと15日

まつこです。

西片町教会で開かれた「クリスマス・オルガンコンサート&セミナー」に行ってみました。在宅医療に特化した根津クリニックの主催です。

Img_3276

[ご近所の小さな教会です]

こちらのクリニックで音楽療法士をしておられるオルガニストの井上紗和子さんの演奏を聴き、その間に院長の任博先生の「ナチュラルにアンチエイジング」という講演を聞くというおもしろい企画でした。

任先生のお話によると、エイジングには個人差があって、心身の健康度は実年齢プラスマイナス20%の範囲で幅があるのだそうです。つまり実年齢50歳で同じでも、若々しい人だとマイナス20%で40歳、老けこんじゃっている人は60歳の心身になるということです。個人差はあるけれど生き物としての自然な老化にあわせて、うまく歳を重ねていくことが大切だというお話でした。

その秘訣は「色気」、「食い気」、「歩け」の3つだそうです。いろんなものに興味を持ち社会的生活を維持する「色気」と、バランスの良い食事をしっかりとる「食い気」と、毎日、しっかり歩いて運動機能を保つことが大切。ごく当たり前のことのようですが、説得力のあるお話でした。オルガンの演奏も楽しめました。

その二日後もクリスマス・コンサート。今度は大久保の淀橋教会で開かれた「べー・チェチョル クリスマスコンサート」です。

Img_3280

[メソジスト派だそうです。とても大きくて立派な教会でした]

ベー・チェチョルさんはオペラ歌手としてドイツで活躍している最中に、甲状腺ガンの手術をし、そのために声を失ってしまいました。日本の医師の手術によって声帯の機能を取り戻したのですが、その復活は「奇跡」とされ、NHKのドキュメンタリーにもなりました。

もとのような華やかなオペラ歌手としての活躍はできなくなりましたが、本人の厚い信仰心に支えられた誠実な歌声は、たとえときにかすれても、聞く者の心に深く響いてきます。またベーさんをずっと支援している日本人プロデューサーとの、日韓の国境を超えた友情の物語も心うつものです。

ベーさんの声帯の調子は万全ではなく、この日のコンサートではたくさんの歌は歌えず、ピアノの演奏や聖書や詩の朗読が多かったのですが、心温まる時間を過ごすことができました。

大久保にはにぎやかなコリアン・タウンがあります。韓国人歌手ベーさんの歌を聞いたあとは、韓国料理店にぜひ行きたい!

Photo_20191210214101

[マッコリとサムゲタン]

サムゲタンの専門店に行き、一人一羽ずついただきました。おいしかったです。

冷たい雨が降っていた日だったのですが、心も体も暖かくなった日曜日でした。

 

 

« クリスマスまであと18日 | トップページ | クリスマスまであと10日 »

コメント

この時期はどうしても仕事漬けになりやすいのですが、そうすると「食いけ」ぐらいしか楽しみがなく、一気に老け込みそうな気がします。やはり何事もバランスが大事ですよね。私もうめまつ夫妻を見習って、もうちょっと出歩かないと。サムゲタン、美味しそうです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

私の場合はもう少し腰を落ち着けて仕事をした方が良いのですが、囲碁だ、ピアノだ、クリスマスだ、と予定入れすぎてしまっています。できれば1月か2月に関西遠征もしたいと思っているのですが、学期末試験と入試の間に隙間があればお付き合いください。

もちろんです!楽しみにお待ちしております!

Pukiさん、コメントありがとうございます。

よろしくお願いします!ちかいうちにメールします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスまであと18日 | トップページ | クリスマスまであと10日 »