« 映画『真実』(La vérité) | トップページ | クリスマスまであと20日 »

2019年11月30日 (土)

神楽坂でスコットランド

まつこです。

11月30日は聖アンデレの記念日、Saint Andrew's Dayです。Saint Andrewはスコットランドの守護聖人なので、この日にスコットランドでは郷土料理を食べたり、伝統的な音楽を楽しんだりするようです。5年前にはトムとジュディの家に呼ばれて、ハギスを食べました。

ハギスを食べられるところが東京でもあるのか調べてみたら神楽坂にスコットランド料理店があるとのこと。さっそく出かけてみました。

Photo_20191130205901

[とりあえず今のところは連合王国なのでユニオン・ジャックのバッグでもいいでしょう]

The Royal Scotsmanというガストロ・パブです。外観はイギリスでよく見かけるパブですが、なんでも真似しながらより洗練させるところが日本流。こちらのパブでは、6種類のビールを温度やガスの圧力などを徹底管理し、一番おいしい状態で出すよう心がけているそうです。

Photo_20191130210901

[スコティッシュ・パブらしく青地に白の斜め十字のSt Adnrewの旗がかかっています]

日頃、私はあまりビールを飲まないのですが、この日飲んだBrew Dogというドラフト・ビールはフルーツっぽい香りでとても美味しかったです。

ハギスも頼んでみました。

Img_3240

[たっぷりのマッシュ・ポテトと一緒に出てきました]

丁寧に作られているようで内臓の臭みはありません。添えられたウィスキーをかけて食べてみたのですが、このウィスキーはピートの匂いらしいくすんだ独特の香りがします。

Img_3242

[この日は日曜日だったのでサンデー・ローストがありました]

この日のサンデー・ローストはビーフで、ヨークシャー・プディングもついていました。なかなか美味しかったです。

もともとフランスのビストロで働いていたのに、バグパイプの音色に魅せられて、スコットランド通になった料理人の方が始めたお店だそうですです。ぬるいビール飲みながらハギスをつつけば、北国スコットランドにいる気分になってきます。寒く長い夜が続く冬の季節にこそ、行きたくなるお店です。

 

 

« 映画『真実』(La vérité) | トップページ | クリスマスまであと20日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『真実』(La vérité) | トップページ | クリスマスまであと20日 »