« 絵と目があう | トップページ | 負けて強くなる »

2019年9月15日 (日)

Josephの香水

まつこです。

この夏、1日だけロンドンに行ったのですが、そのときに見つけたのがこの香水。

Img_2710

[Joseph Parfum de Jour。透けたボトルの向こうに口元が浮かび上がるデザインもおもしろい]

あまりの寒さにJosephでセーターを買ったのですが、その会計の際にレスジター横に置いてある香水に気づきました。Josephに香水あるの知らなかったと言ったら、店員さんが「なかなか入荷しないんだけど、今回はめずらしく入ってきたのよ」と勧めてくれました。

ちょっと試したら、なんだか懐かしい香り。グリーン・フローラル系というのか、フレッシュな甘さです。なんとなくバブル期の肩パット入ったスーツ着ていた時代を思い出されました。「なんなんだ?この懐かしさは!」

それもそのはず、あとで調べたら、もともとは1985年にペンハリガンによって調香されたものなのだそうです。何回か廃盤になったり復刻したりを繰り返しているよう。

あの頃、流行っていたシャネルの19番にも似ているような気がします。(今の19番はちょっと違う香りに変わっているようですね。)ほどよい甘さと爽やかさをまといながら、ハイヒールはいて、都会を闊歩する20世紀後半のキャリア・ウーマン(←死語?)みたいなイメージで、自己形成するのにうってつけの香りです。CKのEternityもこの系譜の香りでした。

最近の新作はもうちょっと軽やかに甘いのが多いけれど、この前世紀の香りはちょっぴりクラシック。シルバー世代のワーキング・ウーマンには、意外に合う香りかもと思って自分用に買ってきました。

まだ湿気と暑さで香水をつける気にはなりませんが、涼しくなったらこの秋はJosephの香水で気合いを入れながら働こうと思います。

 

« 絵と目があう | トップページ | 負けて強くなる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵と目があう | トップページ | 負けて強くなる »