« 映画『イエスタデイ』 | トップページ | シェイクスピア3作品 »

2019年8月15日 (木)

王政復古期の2作品

まつこです。

芝居を観にストラットフォードに来ています。まずは王政復古期の2作品から。

Theprovokedwifeproductionphotos_may2019_ 

[愛のない結婚でも離婚はできない時代]

ジョン・ヴァンブラは劇作家としてより、ブレナム宮殿の建築家としての方が知名度は高いかもしれません。ホイッグ党員として政治活動もし、フランスで政治犯として投獄されたことまであります。そんな多才なヴァンブラの喜劇『Provoked Wife』は愛のない結婚生活にうんざりした妻を描いています。

大酒は飲むは、暴力沙汰は起こすは、娼婦は買うは、愛情なんてまるでないケダモノのような夫。そんな夫でも別れられない時代には、若い愛人でも作るしかない。こんなグロテスクな状況を笑えるコメディにしてしまうのが王政復古期。ですが21世紀にこの喜劇を上演すると、笑ってばかりはいられない。モラハラ夫に抵抗しながら、次第 にしたたかになっていく女性の強さを強調する問題劇になっていました。

2663provokedwifereviewsocial_jrg_imageon

[私が世界の中心という勘違いオバさん]

グロテスクな笑いなら任せておいてと、脇役のはずなのに存在感が際立つのは、自意識過剰、自己愛過剰、虚栄心とうぬぼれの塊のようなご婦人。ヤキモチ焼きかつ覗き見趣味で、筋の展開に絡んできます。さすがイギリス俳優の芸達者ぶりを発揮し、あっぱれな笑われぶりでした。

同じ日に見た2本目はうってかわって悲劇。トマス・オトウェイの『Venice Preserved』です。同じ王政復古期の作品でもこちらの上演は現代に舞台を設定しています。

Venicepreservedproductionphotos_2019_201

[サイバーパンクっぽい演出]

腐りきった権力者たちを倒そうと画策する革命家たち。しかしその革命組織も腐敗している。その絶望感をブレードランナー風のシャープな舞台で表現しようという上演でした。暴力とセックスが支配する暗い舞台でした。

Unknown

[革命に不向きな柔和な夫]

原作での主人公は愛と友情と正義の狭間に立たされる男なのですが、この上演ではその主人公が意志薄弱な坊やになっていました。その夫を叱咤したり、なだめたり、泣き落としたりして、なんとか動乱の時代を生き延びようとする妻がこの上演のヒロインです。最後はたった一人で死んでいく女の悲劇でした。

王政復古期の劇を2本見て、やっぱり21世紀は喜劇も悲劇も主人公は女なのね、と改めて認識した1日でした。

« 映画『イエスタデイ』 | トップページ | シェイクスピア3作品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『イエスタデイ』 | トップページ | シェイクスピア3作品 »