« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

強い味方

まつこです。

うめぞうがしげしげと私の顔を見て、「最近、肌の調子いいね」と言いました。妻のメークにはいっさい関心のないうめぞうですが、健康状態のバロメーターである肌の色艶はけっこう気になるようです。

肌の調子が良くなったのは強い味方のおかげ。これです・・・

Img_2563

[ミッフィーがかわいいユースキン]

旅行先に基礎化粧品を持って行かずに、急遽、スーパーで買ってとりあえず使ってみたら、これがなかなか調子が良い。POLAのアンチエージング用の最高級ラインを揃えて使ってみたこともありますが、それに勝るとも劣らない効果を実感。だったらこれでいいじゃん!

冬の間、乾燥がひどいときはユースキンAを方を使います。私は特に唇の荒れがひどいのですが、このユースキンAを使うとかなり良くなります。メンソレータムみたいな匂いですが、保湿力抜群です。湿気の多い梅雨時はユースキンS。使い心地も匂いも特筆すべき点のないごく普通のクリームですが、ほどよく肌が整います。

敏感肌にも、お子様にも、お財布にもやさしいユースキン。もう基礎化粧品は生涯これでもいいかな、とかわいいミッフィーを見ながら思っています。

2019年6月23日 (日)

うめぞうめし

まつこです。

最近、うめぞうが料理の腕を上げています。

Img_2499

[この日は魚のソテーにディルの風味のソースがかかっていました]

うめぞうは今年度末で退職です。頭の中はすでに退職後の悠々自適の生活のイメージでいっぱいのようで、もはや気分は「主婦」らしいです。

老後の生活保障が問題になっていますが、アテにならない政府より、頼りにすべきは働く妻。「僕が美味しいもの作るから、君はがんばって働いてネ!」というわけで、せっせとお料理のレパートリーを増やしています。

Img_2475

[この日はヒラメのカルパッチョとコチのムニエル]

男の料理らしく量がたっぷりなうえに、最近はプレゼンテーションも洗練されてきました。付け合わせの色合いやサラダの盛り付けも工夫されています。

Img_2533

[子羊と野菜のロースト]

うめぞう飯でたっぷり栄養を補給しながら、梅雨から学期末にかけての胸突き八丁を乗り切ります。

 

 

2019年6月16日 (日)

囲碁合宿

まつこです。

久しぶりの駅弁!

Img_2514

[海鮮系と肉系をひとつずつ選びました]

東京駅コンコースの駅弁屋「祭」に行ってみたところ、そのお弁当の多彩さにも驚きましたが、押すな押すなの人混みに仰天しました。それでもがんばって人をかきわけかきわけ、ようやく選んだのがこの2種類。

Img_2515

[がっつりステーキを選んだのが私で、カニといくらのがうめぞう]

駅弁をおいしくいただきながら新幹線で向かったのはこちら。

Img_2520

[土曜日は大雨でしたが、日曜日はきれいに晴れました]

熱海です。しかし今回はのんびり温泉旅行ではなく、一泊二日の「囲碁合宿」です。私の通っている教室で年に一度開催されるイベントです。家族同伴可とのことなので、今回はうめぞうも同行し、囲碁三昧の二日間を過ごしました。

Img_2517

[雨上がりの空がきれい]

通常の対局のほか、プロの棋士の先生たちによる指導碁のほか、ペア碁の対戦もありました。ペア碁は私たちは夫婦で組みました。棋力に差があるので、私の一手一手にうめぞうはハラハラしたり、感心したり、いろいろ苦心したようですが、めでたく勝利。

Photo_14

[伊豆の特別ラベルのビールで勝利を祝ううめぞう]

うめぞうはそのほかの対局も全勝で、記念に先生たちの揮毫がされた色紙をいただきました。私は今回は不調で、ペア碁以外は負けちゃいました。

Photo_15

[ポカが出て、苦杯をなめた合宿でした]

合宿中は温泉に泊まったにもかかわらず、一滴もお酒は飲まず、囲碁に集中。その代わりに合宿終了後はタクシーの運転手さんが勧めてくれたお寿司やさん淡島寿司で、二人で慰労会をしました。

Img_2525

[お刺身]

Img_2526

[鯛の塩焼き]

Img_2528

[豪勢に特上!]

3ヶ月前までは私がこんな囲碁合宿に参加するなんて想像もできませんでした。あれよあれよというまに、大会に出たり、合宿に行ったり、しっかり囲碁にはまっています。ピアノもそうですが、努力すると少しずつでも自分が成長するのを実感できるのが楽しいところです。うめぞうも夫婦で共通の趣味が持てて良かったと喜んでいます。ペア碁の面白さも実感できて、収穫の多い囲碁合宿でした。

2019年6月14日 (金)

くこさま

まつこです。

最近、いただいた中国からのお土産は、りっぱな陶器に入っています。

Img_2512

[堂々たる重さの器です]

中国の奥地で取れた大変貴重な野生の黒枸杞の実です。英語名ではブラック・ゴジベリー。抗酸化作用のあるアントシアニンの含有量がとても多く、ハリウッドでもスーパー・フードとして珍重されているのだとか。

Img_2513

[野生黒枸杞と書かれています]

美肌効果など、アンチエイジングの効果が期待されると聞き、毎日、少しずついただいています。お茶にしてもあまり美味しくないと聞いたので、我が家はヨーグルトに入れて食べています。

Img_2504

[前の晩にヨーグルトに入れておくと、このような鮮やかな紫色になります]

自然乾燥させたものなので湿気やカビを嫌うそうなので、冷蔵庫で保存していますが、なかなかに大きな容器なので、冷蔵庫の中でかなりな存在感を放っています。我が家ではこう呼んでいます。

「枸杞様(くこさま)」

味はほとんどしませんが、鮮やかな紫色がなんだか効きそうな雰囲気です。

2019年6月 1日 (土)

新しいおもちゃ

まつこです。

今日から六月。今年は特別に大型の連休だったため、その反動で6月になってから心身の不調を訴える六月病の危険性が高まっているとか。私たち二人は、囲碁だ、将棋だ、卓球だ、ピアノだ、なんだかんだ・・・と趣味のあれこれで忙しく、もちろん仕事もあるわけで、例年よりも元気に梅雨入り前の季節を過ごしています。

Img_2494

[梅雨入り間近。あじさいの花が咲き始めています]

しかし、気分の好調さとはうらはらに苦戦しているのがピアノのレッスン。40数年前には弾けていた曲すらも、難しく感じて手こずっています。「目で楽譜を読む」→「脳が理解する」→「手に指示を伝える」→「指が動く」このひとつひとつのプロセスで、いちいち時間がかかる。新しい曲だと譜読みに時間がかかること、このうえなし。いったん弾けるようになっても、しばらくすると忘れる(涙)。これが「老化」というものかと、切に実感しています。

Img_2491

[楽器を新しくして、果たして腕があがるのかどうか?]

さらに先生のお宅のグランドピアノが、特別に鍵盤が重く、家ではなんとか弾けても、レッスンではボロボロ。家の電子ピアノの鍵盤があまりにも軽いので落差が大きすぎる。と、自分の腕ではなく楽器のせいにして、鍵盤のタッチが本物のピアノに近いヤマハのハイブリッド・ピアノに買い換えました。誕生日にもらったKORGの電子ピアノですが、レッスンを受ける気持ちになるところまでで、このエントリー・モデルは十分に役割を果たした。こちらは小さなお子さんのいるご家庭に引き取っていただくことになりました。

Photo_13

[タチアオイも咲き始めました。朝夕の散歩で季節の変化を感じます]

うめぞうはといえば、パソコンを新しくし最近のAIをとりこんだ囲碁や将棋のソフトをあれこれ入れて、毎日、熱心にやっています。

というわけで、二人とも新しいおもちゃを手に入れ、張り切っているところです。老化にあらがいながら、少しでも腕を上げることができるかどうか。ちょっと値段のはるおもちゃですが、細く長く楽しみたいと思っています。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »