« お稽古事あれこれ | トップページ | 初出場 »

2019年5月 1日 (水)

趣味の読書

まつこです。

職業柄、本を読むことを「趣味」とはなかなか言いにくいのですが、この連休中は趣味の読書を楽しんでいます。

Img_2433

[この連休中読んでいるのはこの2冊]

1冊目は平野啓一郎の『マチネの終わりに』。運命の人とすれ違い続けるという通俗小説的な筋書きですが、時間論、芸術論、職業における倫理など、硬質の議論が展開されています。ヒロインがユーゴスラビア人と日本人のハーフで日本語、英語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、ラテン語を操る知性派で、強い正義感も持ち、そのうえとびきりの美人。彼女が運命的出会いをしたのが世界的に活躍する天才ギタリスト。こういう絵に描いたような理想的な男女ではありますが、二人をそれほど若くなく(女40歳、男38歳)設定したところが、この小説の成功の要因でしょう。

人生に対する諦念と執着が交錯する年代の恋愛に、哲学や歴史が織り込まれていて、大人のための読み物になっています。文化的芳香にどっぷり浸れる小説でした。

もう一冊はD. H. ローレンスの『チャタレー夫人の恋人』です。これを私は朗読の配信サービスAudible.ukで聞きながら読んでいます。イギリスではもともとオーディオ・ブックという朗読の録音で読書を楽しむ人たちが一定数いて、一流の俳優たちによる素晴らしい録音がたくさんあります。E. M フォースターとかオースティンなどの小説、いわゆる英文学の名作をこの音声と活字とで楽しむのが私の「趣味」です。

『チャタレー夫人の恋人』はサマンサ・ボンドの朗読で聞いています。貴族チャタレー家の森番のオリバーは、グラマー・スクールで教育も受け、軍人としても中尉にまでなった人ですが、ヒロインのコニーとの会話では、あえて強いミッドランド訛りで話します。その訛りによって、貴族の妻であるコニーとの階級差や、煤けた炭鉱と森の豊かな自然が対比をなすミッドランドの風土が浮かび上がります。こういう訛りの持つ効果は目で活字を追っているより朗読で聞いた方がはるかによく理解できます。

昼間は英語の朗読を楽しみ、夜は日本の小説を読む。合間にピアノ弾いたり、碁を打ったり。老後は毎日、こんな生活なるのかなあ・・・。待ち遠しい定年後の生活を、ちょっとだけ味わっているような連休です。

« お稽古事あれこれ | トップページ | 初出場 »

コメント

「マチネの終わりに」、これは私も(珍しく)読みました。主人公の女性が何ともカッコいいですね。人を恨まず、孤独を恐れず。ちょうど働き初めて7年ぐらい経つ教え子に、読みやすくて、しかも仕事に対してキリッと前向きになれるような本を、と言われて、これを勧めたこともあります。20代後半の若い子には、この本が描く諦観の末の幸福は早すぎたかもしれませんが(笑)。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

ヒロインのあまりのカッコよさに、「こんな人いるかなあ・・・いや、広い世界にはこんな女性もいるかもね・・・」と、ついついフィクションの枠組みを超えて考えちゃいました。結末部分での「クロエの白いワンピースに薄手ジャケット」というコーディネートから浮かび上がるのは、稼ぎもファッション・センスもあっぱれなワーキング・ウーマン。読めば確かに、私もがんばろっ!と仕事に対して前向きになれますね。

クロエといえば、あのバッグ、活躍してますか?

と、問われれば、まだ一度も使ってないっス(涙)。

あのバッグが合うような機会を作ることが課題かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お稽古事あれこれ | トップページ | 初出場 »