« ご隠居気分 | トップページ | ル・クロ・モンマルトル »

2019年4月18日 (木)

『パッドマン 5億人の女性を救った男』

まつこです。

うめぞうがが見たがっていた映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』を見に行ってきました。これが期待以上に感動的!

176858

[主演はアクシャイ・クマール]

妻のために女性の生理用ナプキンを自作した男性の物語です。女性の生理を穢れとみなす因習にとらわれた社会で、変人扱いされ孤立無援、妻とも離別してしまう。それでも苦労して作り上げたナプキン製造のための安価な機械が、インドの農村部で女性の自立を助けるようになり、最後には妻にも思いが通じて復縁してハッピーエンド。

インド映画らしく、歌って踊って痛快なコメディなのですが、思わずウルっとくるのが国連での演説シーン。お金もうけより、みんなを幸せにすることの尊さを語るのですが、その英語がハチャメチャ。でもその言葉の拙さがかえって、ほんとうに大切なことはたとえ言葉がハチャメチャでもちゃんと伝わるのだということを教えてくれます。

ちなみにこのパッドマンのモデルは実在の発明家で社会活動家になったアルナーチャラム・ムルガナンダム。帰宅してからTEDでプレゼンテーションしているのを見てみたら映画のパッドマンよりだいぶ英語はお上手でした。

根っからの愛妻家が、妻だけじゃなくて、5億人の女性たちも幸せにしちゃう。女の人の笑顔がなにより好きなうめぞう向きの映画でした。

 

« ご隠居気分 | トップページ | ル・クロ・モンマルトル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご隠居気分 | トップページ | ル・クロ・モンマルトル »