« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

お稽古事あれこれ

まつこです。

この連休、どこにも出かけない理由のひとつがお稽古事。茶道、ピアノ、囲碁と、3つも一度に始めたので、けっこうスケジュールが詰まっています。自分が教わる側に立つ経験は、教え方について考える機会にもなります。

Img_2405

[4月のしつらえ]

茶道は日本橋高島屋の新館の中に入っている茶論(サロンと読む)というモダンでおしゃれなお店のコースに参加しています。従来の家元制度やしきたりにとらわれずに、茶道の文化に親しむというコンセプトで、非常に合理的にデザインされたコースです。教えてくれるのは「お師匠さん」ではなく「講師」。講義と実践をうまく組み合わせているのですが、講義で使われるスライドは写真や図表が効果的に使われ、配布資料は書き込み式のワークシートになっていて、話を聴きながら埋めていくと講義のポイントがしっかり整理されるようになっています。

情報量の多い講義に疲れたなと感じ始めた頃に、甘いものをいただき、お茶を点てるという組み合わせもうまくバランスが取れています。いたれりつくせりの「高サービス型授業」です。

Img_2409

[囲碁の課題が書かれた配布テキスト]

囲碁は『ひかるの碁』の監修やテレビの囲碁番組などで人気の吉原由香里さん(旧姓梅沢さん)の教室に通い始めました。まさか自分がプロ棋士の主催する囲碁教室に通うことになるとは思ってもみませんでしたが、60歳になる前にいろいろチャレンジしておいた方が老後が楽しそうと思い通うことを決意しました。「囲碁なんておじいさんの趣味」と思っていましたが、女性の生徒さんが想像以上にたくさん通っています。

こちらも講義と実践の組み合わせ。講義ではある局面が実戦で出たことを想定して、二人一組でその局面の課題を解きあいます。その後、先生の解説を聞き、自分たちの出した答えが合っていたかどうかを確かめます。そのあとは生徒同士の対局ですが、先生が棋譜を取ってくださり、対局後に良かったところ、悪かったところを、指摘してもらいます。

これはいわゆる「アクティブ・ラーニング」です。参加型の協働学習を通し、実践力をつけるというやり方です。

Img_2408

[楽譜に書き込まれた原始人の記号みたいなのは、鍵盤から指を離す離し方を説明するために先生が書き込んだもの。ぱっと離すのではなく、離し惜しむようにして離すと、休符の時の残響が違うという・・・。指の離し方ひとつでも、言うは易し行うは難しを実感。]

これらに比べてピアノの先生の教え方は、ずっと感覚的です。40数年ぶりのレッスンを受けるために私がネットで探し出し巡り会えた先生は、国の内外で演奏活動もしておられるオルガニストです。教えることだけでなく、ご自身の演奏活動に力を入れていらっしゃるプロの演奏家です。はっきり言って、ど素人の老後の楽しみにはもったいなさすぎる先生です。

「指が動くようになる、つかえずに弾けるようになるというのは、誰でも練習すればできる。大事なのは音楽を表現する力を育てること」という強い信念を持っておられます。簡単なバッハの小品でも先生が弾くと素晴らしい音楽になるのですが、この先生は私のような指使いのおぼつかないど素人にも表現力を求めます。ごく単純な音列でも、どのようなアーティキュレーションで弾くのかによって、単なる音の羅列が生き生きとした音楽に聞こえてきます。そのことを生徒にやらせようという方針です。

ダメな教師は口先で教えるだけ、マシな教師は自分でやってみせる、良い教師は生徒にやらせる、といいますが、まさにこの「生徒にやらせる」先生です。頭で理解できても、すぐにその通りに弾けないのでじれったいのですが、ほんの少しずつでも自分の指が音楽らしいものを生み出す瞬間が経験できて、苦労しながらも毎回レッスンが楽しみです。

非常にシステマティックになっている茶道のコースは、インストラクターが変わっても同じ質の教育が提供できます。それに比べてピアノの先生は先生の個性を学び取っている気がします。比べてどちらが良いという問題ではないのですが、果たして私には学生に伝えるだけの自分というものがあるだろうかと、自らの教師生活についても考え直す良いきっかけになっています。

 

 

2019年4月28日 (日)

根津で休日

まつこです。

10連休、私たちはどこへも出かけず、のんびり過ごしています。

Photo_10

[早朝の根津神社]

ご近所の根津神社ではつつじが満開です。昼間はつつじ祭りで混雑しているので、私たちは朝食前に出かけて色鮮やかなつつじの風景を楽しみました。

Img_2417

[よく見ると花の形や色がそれぞれ微妙に違っています]

昨日の曇天とうってかわって抜けるような青空、つつじの色も映えます。

午後からは少し早めのディナー。これもご近所で、根津のChama Chama。外がまだ明るいうちから飲むワインは、格段に美味しいです。「休日だな〜」と実感します。

Photo_11

[小さなお店が心地よいChama Chama]

メディアで紹介されたりはしていないけれど、Chama Chamaはご近所の人たちに人気の名店です。イケメン・シェフが丁寧に作ったおいしい料理を出してくれます。

Img_2430

[ホワイト・アスパラガスと新玉ねぎのムース。ほんのりとした甘みとやさしい香りの絶品]

Img_2431

[短時間だけスモークしたあとグリルした子羊。軽い燻製の香りと羊の香りが混じってこれも絶品]

Img_2432

[見た目はふつうのロールケーキだけれど、ふんわりした口当たりとカスタード・クリームがこれまた絶品]

のんびりして、美味しいもの食べて、翌日も連休・・・。あー、しあわせ〜。

2019年4月26日 (金)

『マックィーン:モードの反逆児』

まつこです。

今週、見に行った映画は『マックィーン:モードの反逆児』。イギリスのデザイナー、アレグザンダー・マックィーンのデザイナーとしてのデビューから自死までを追う鮮烈なドキュメンタリー映画です。

3791

[人生で唯一確実なものは母親の愛情。その母の葬儀の前日に息子マックィーンは自死しました]

傲岸で繊細、優しくて冷酷、そうした二面性を併せ持つデザイナーが、卓越した芸術と巨大ビジネスに引き裂かれるようにし追い詰められていく。その破滅へのプロセスが、息がつまりそうな緊張感をもって描かれている映画です。

しかし狂気と絶望のなかにあってなお、彼の創造力によって作り出される服はあやしい美しさを放ち続けます。この人はメフィストフィリスに魂を売って傑出した才能を手に入れたのではないかと、そんなことを考えながら見ていました。

ファッション音痴のうめぞうまで、「いや〜、よかったね・・・」と絶句してしまうような鬼気迫る映画です。ゴールデン・ウィークにおすすめの映画です。

 

2019年4月22日 (月)

北国の春

まつこです。

山形の鶴岡に住む友人Hさんから春の便りが届きました。

Img_2401

[部屋は花の香りでいっぱいです]

大学を定年で退職したあとHさんは広い畑を借りて、本格的な農業に取り組んでいます。そこでできた野菜をときおりダンボールにぎっしり詰めて送ってきてくださいます。

今回はいろんな青菜やあさつきが入っていました。その野菜とともに入っていたのが、畑の横に咲いていた花々です。可愛いピンクの花はアーモンドの木だそうです。

Photo_9

[青菜はパスタやサラダにしておいしくいただきました]

雪国の里にも春のやわらかな陽射しがあふれ、花々がいっせいに咲き出しているのでしょう。そんな穏やかな田園風景を想像しながら、新鮮で甘みの強いおいしい野菜をいただきました。

 

2019年4月20日 (土)

ル・クロ・モンマルトル

まつこです。

午前中で仕事が終わったある日、初夏のような陽気に誘われ、うめぞうを誘って神楽坂ランチ。

Photo_7

[暑かったのでジャケット脱いだらいかにも仕事帰りのシャツ姿・・・]

いつものル・クロ・モンマルトル。最近、新しいお店を開拓する意欲が減じていて、おなじみの店ばかり行ってしまいます。

暑くもなく、寒くもなく、オープンエアで食事が楽しめる季節は限られています。そんな日のランチはぜひともデッキ席で食べたいものです。

Photo_8

[昼からワイン2杯目・・・]

メインはうめぞうがスズキのポワレ、私はブータン・ノワール。フレンチやイタリアンでプレゼンテーションが美しく凝った料理を出す店も増えていますが、私たちはどちらかというと、こういう昔ながらの変わらぬ料理の方が好きです。

ル・クロ・モンマルトルはだいぶ前にオーナーが変わっていますが、先代のムッシューのときと同じようにごく普通のビストロ料理を出してくれます。こういうお店、意外と希少です。

爽やかな風を感じながら、夏のヨーロッパに旅行に行った気分になった昼下がりでした。

2019年4月18日 (木)

『パッドマン 5億人の女性を救った男』

まつこです。

うめぞうがが見たがっていた映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』を見に行ってきました。これが期待以上に感動的!

176858

[主演はアクシャイ・クマール]

妻のために女性の生理用ナプキンを自作した男性の物語です。女性の生理を穢れとみなす因習にとらわれた社会で、変人扱いされ孤立無援、妻とも離別してしまう。それでも苦労して作り上げたナプキン製造のための安価な機械が、インドの農村部で女性の自立を助けるようになり、最後には妻にも思いが通じて復縁してハッピーエンド。

インド映画らしく、歌って踊って痛快なコメディなのですが、思わずウルっとくるのが国連での演説シーン。お金もうけより、みんなを幸せにすることの尊さを語るのですが、その英語がハチャメチャ。でもその言葉の拙さがかえって、ほんとうに大切なことはたとえ言葉がハチャメチャでもちゃんと伝わるのだということを教えてくれます。

ちなみにこのパッドマンのモデルは実在の発明家で社会活動家になったアルナーチャラム・ムルガナンダム。帰宅してからTEDでプレゼンテーションしているのを見てみたら映画のパッドマンよりだいぶ英語はお上手でした。

根っからの愛妻家が、妻だけじゃなくて、5億人の女性たちも幸せにしちゃう。女の人の笑顔がなにより好きなうめぞう向きの映画でした。

 

2019年4月14日 (日)

ご隠居気分

まつこです。

桜の花は散ってしまいましたが、銀杏の木にはちっちゃくて可愛い新芽が出てきています。

Img_2373

[毎朝眺める農学部のシンボルツリー]

うめぞうの血糖値コントロールのために、朝夕、よく散歩をしているのですが、同じ時間帯に同じコースだと、だいたい会う人たちも決まってきます。農学部のキャンパスでいつもトレーニングしている紳士とは、「今年の銀杏の芽吹きは遅かったですね」「寒い春でしたからね」と語り合って、一緒に銀杏の大木を見上げました。

守衛さんからは「今、赤門の横の八重桜が満開ですよ。見に行ったらいいですよ」と声をかけられました。

Img_2374

[満開の八重桜]

ご近所のご隠居さん同士の会話そのものですが、こういうコミュニケーションはほのぼのした気持ちになって良いものです。

週末にジムに行っても元気な老人たちが、70年代や80年代のヒットソングに合わせてエアロビクスしています。先週から通い始めた囲碁教室でも、シニア世代のおば(あ)さま、おじ(い)さまが、わいわいガヤガヤ言いながら楽しそうに対局しています。ま、わたしも決して若くはないわけですが・・・。

週末はこうしてご隠居気分でのんびりして、月曜からはしっかり働きましょう!

2019年4月 7日 (日)

今年の桜

まつこです。

今年の東京の桜の季節は寒い日が多かったけれど、その分、長めに花を楽しむことができました。

Img_2284

[北の丸の桜。ちょっと早かったみたい・・・]

まずは3月29日の千鳥ヶ淵。テレビで東京の桜が満開を迎えたと言っていたので、早起きして出かけてみたけれど、まだ完全に満開とまではいかず。

Img_2294

[土手に菜の花も咲いていてきれいでした]

朝、7時前でしたが、千鳥ヶ淵は大きなカメラを抱えた人たちがたくさんいました。この日は曇り空で、風もまだ冷たく、桜の花もためらいがちに満開を迎えようとしている感じでした。

Photo_3

[飯田橋のお堀は両側とも桜が満開]

4月3日、まだ少し風は冷たかったけれど、桜は満開。飯田橋のお堀沿いを散歩したら、法政大の新入生たちの賑やかな様子が見えました。青空と桜と若い人たちの笑顔。春爛漫です。

Img_2336

[今度は完全に満開]

4月5日、捲土重来とばかりに、再度、早起きして千鳥ヶ淵へ。今度は圧倒的な力強さで咲き誇る桜をたっぷり楽しむことができました。

Photo_4

[あまり人が多くない朝7時過ぎの千鳥ヶ淵]

朝、7時過ぎの千鳥ヶ淵は、通勤の途中で桜を楽しもうとする人たちが通り過ぎて行きますが、それほど混んでいないのでたっぷりと桜景色を楽しめます。

Img_2347

[お堀の水面に映った桜と朝の空の色がきれい]

ちょっとがんばって早起きすれば、都心でこんな素晴らしい風景を楽しむことができます。

Photo_5

[里山のように見えますが・・・]

4月7日、ぐっと暖かくなって桜も散り始めています。散りゆく桜を眺めようと近所の小石川植物園に出かけました。

Img_2364

[この回遊式庭園の上の広場にソメイヨシノの区域があります]

小石川植物園に行くと子供を連れた家族連れでいっぱいです。お酒の持ち込みが禁じられているので、とても健康的な雰囲気のお花見が楽しめます。

Img_2370

[のんびりお花見を楽しむ人たち]

もちろん私たちもお弁当持参です。

Img_2365

[我が家のお花見弁当]

ひらひらと花びらが降ってくる中でお弁当を広げました。

Photo_6

[桜の園でランチ]

「散る桜残る桜も散る桜」

これは良寛の辞世の句だそうですが、花も散り、人も逝く。それをごく自然なこととして受け入れる自然体の落ち着きが感じられます。こんなふうに飄々とした気持ちでこれからの老いの年月を迎えたいものです。

Img_2299

[桜、2019年]

たっぷりと楽しんだ2019年の桜でした。

 

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »