« 祝!任期満了 | トップページ | 今年の桜 »

2019年3月31日 (日)

『ふたりの女王 エリザベスとメアリー』

まつこです。

エリザベス一世を描く歴史映画で配役が気になるのは、女王の愛人とされるレスター伯ロバート・ダドリー。これまでヘレン・ミレンにはジェレミー・アイアンズ、ケイト・ブランシェットにはジョセフ・ファインズが配されてきました。

今、公開中の『ふたりの女王 エリザベスとメアリー』ではジョー・アルウィンがレスター伯を演じています。まだ日本での知名度は低いのですが、これから人気が出そうな若手の美形英国俳優です。

4113_d012_00444_rc1542759212_wide52bbd33

[『ふたりの女王』でロバート・ダドリーを演じるジョー・アルウィン]

18世紀のアン女王の宮廷での権力闘争を描いた『女王陛下のお気に入り』にも出ていました。エマ・ストーン演じるアビゲイルに言い寄るサミュエル・メイシャム役でした。

Thefavouritejoealwyn700x300

[女王陛下のお気に入りに近付こうとするハンサムな貴族を演じるジョー・アルウィン]

このハンサム君、他の映画でも見たことある気がすると調べてみたら『ベロニカとの記憶』にも出ていました。恋人の母親を妊娠させてしまい自殺してしまうケンブリッジ大生エイドリアン役でした。

Tumblr_oykqnc4pi81wexhbmo1_r3_540

[恋人の母親を妊娠させてしまうハンサムで知的な青年役]

目上の女性に仕える役がぴったりのハンサム俳優・・・と思ったら、実生活でもポップ・ミュージック界の女王様テイラー・スィフトと交際中だそうです。

ブリストル大学からドラマ・スクールのセントラルで学位をとった正統派で2015年にデビューしたばかり。これから活躍しそうです。注目しましょう。

« 祝!任期満了 | トップページ | 今年の桜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝!任期満了 | トップページ | 今年の桜 »