« 沈丁花 | トップページ | 58歳の手習い »

2019年3月 9日 (土)

お茶の稽古

まつこです。

年度末であれこれの会議と書類書きの締め切りが重なり、かなり忙しい今年の2月、3月。そんなときだからこそ、心を落ち着けるべく、お茶の稽古に参加してみました。

Img_2174

[3月なので立ち雛の掛け軸]

といっても、日本橋高島屋ショッピング・センターの中の「茶論」(さろん)というお店がやっているお稽古です。茶論は現代の生活に合わせたお茶の楽しみ方を広げるという趣旨のお店で、講義と実践をうまく組み合わせた講座を開いています。

Img_2213

[一服のお茶を楽しむ心のゆとりを持ちたい・・・]

スライドをうまく利用した講義でお茶の歴史などを学びながら、お茶の点て方やいただきかたも身につけることができます。テーブル席なので正座しなくて良いところもポイントです。

Img_2210

[桃の花ともう一つは百合の一種らしいです]

これまで2回参加してみましたが、若い女性の講師の流暢な講義ぶりと、おちついた佇まいに感心しました。90分のお稽古は内容がたっぷりしていながら、優雅な時間でした。

「忙しい、忙しい・・・」とバタバタしがちな日々だからこそ、なんとか続けてお稽古に通いたいと思っているところです。

« 沈丁花 | トップページ | 58歳の手習い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶の稽古:

« 沈丁花 | トップページ | 58歳の手習い »