« 桜咲く | トップページ | 祝!任期満了 »

2019年3月29日 (金)

まつこの碁

まつこです。

夫婦で共通の趣味を持てば2人で楽しめる。10数年前、そう思ったうめぞうは私に碁のルールを教えようとしました。しかし私には全く理解できず、碁は難しすぎると諦めてしまいました。

けれどそれは、うめぞうの教え方がヘタだったからです。

その後、テレビの入門講座を見たら目からウロコ。ルールはいたってシンプル。初心者でも楽しめるゲームだということがわかりました。

で、2人で囲碁を打ち合うようになったかというとそうでもありません。うめぞうは囲碁仲間と打つことはあっても私の相手をしてくれることはほとんどなく、私はもっぱらiPadに入れたアプリで楽しむだけ。人間相手に打った経験がほとんどありませんでした。

そんな私が突然、プロ棋士から指導碁を受けることに・・・

Photo_1

[美人プロ女流棋士から指導碁を受けるうめぞう。棋譜をとってくださっているのがPukiパパ。隣の碁盤は・・・]

Pukiちゃんのお父様からご紹介いただき、うめぞうが囲碁界のアイドル、美人女流棋士の指導碁を受けることになりました。うめぞうは欣喜雀躍、有頂天外です。ところがその話の勢いで私までが指導碁を受けることに。「私がプロから指導碁?ムリムリ」と抵抗したものの、まさか、まさかの二面打ちが実現。

「勝負じゃありませんから」という女流棋士の可愛らしい笑顔に、若干は緊張が緩んだものの、それでもやっぱり緊張しました〜。せっかくの機会なのでボロボロに崩れてしまうことだけは避けようとなんとか手堅く最後まで打てて、結果は1目差で負け。

うめぞうも終盤でミスが出て中押し負けしたものの大健闘。美人プロ女流棋士に「お強いですね〜」と言われて、うめぞうは天にも上る心持ちでした。

その興奮が容易に冷めやらぬうめぞう、「君ももう少し本格的に勉強したほうがいいよ。もっと実戦経験が必要だよ。だから大会に申し込んでおいたからね」と、私の大会出場まで決めてしまいました。プロの指導碁の次は、大会出場、とあれよあれよというまに局面が展開している「まつこの碁」です。

 

« 桜咲く | トップページ | 祝!任期満了 »

コメント

よもや愛読しているUme-Matsu Diaryに父が登場する日が来ようとは(感涙。そして、あの後の急展開に私も興奮気味です。うめぞうさんのお強いことはもちろん、父はまつこさまのセンスの良さにえらく心打たれたようでした。「着手も早い」というのは、パッパッと打つってことでしょうかね?それは目に浮かぶ(笑)。ピアノにお茶に囲碁と、まつこさんのオフの充実ぶりに憧れます。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

いずれご家族全員でご登場いただく日も近いのでは、と思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

「着手が早い」のは「考えてもよくわからん」からです(汗)。いつもiPadのアプリでやっているため、コンピュータは反応が早いのでつられて早打ちする癖がついてしまいました。囲碁教室も通うことになったので、そこでなんとか考える力をつけたいものです。いつかPukiママにお手合わせしていただけるように、がんばります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜咲く | トップページ | 祝!任期満了 »