« 『ウィンザーの陽気な女房たち』 | トップページ | Finding Your Feet »

2019年1月 6日 (日)

ハンブルク滞在追記

まつこです。

10日間ほどの旅から、昨日、帰ってきました。備忘録もかねて、ハンブルク滞在の追記です。

Photo

[Fier Fahreszeitenは英語にするとFour Seasonsだけど、あのフォーシーズンズとは別のフェアモントというホテルチェーンに入っています]

今回、ハンブルクで宿泊したのはフィア・ヤーレスツァイテン、ハンブルクで一番格が高いとされるホテルです。普通、私たちはこんな贅沢はしないのですが、ハンブルクはうめぞうが40年前に留学した地。若かったうめぞうは「一生の間にフィア・ヤーレスツァイテンに泊まれることがあるのかなあ・・・」と思いながら、この湖畔のホテルを遠くから眺めていたそうです。若くて貧乏な留学生活では、よくある話です。

Img_1842_2

[ロビーのクリスマスツリーも立派です]

だったら今回思い切って泊まってやろうじゃないの、と決断。ま、ドイツの場合は比較的ホテル代が安いので、それも可能だったわけですが。(ロンドンでサボイとかクラリッジズに泊まるのとは比べものになりません。)

Img_1802

[部屋はこんな感じ]

「うめぞう、あんまり期待しないほうがいいよ。ヨーロッパのクラシックなグランドホテルって、厚化粧のおばあさんみたいな感じのことあるからね」と、私はあらかじめ期待値を下げていたのですが、失礼しました。ゴージャスなマダムのようなホテルでした。バス・ルームは大理石の床に床暖房が入っているし、バス・ローブはふかふかだし、ミニ・バーにはヴーヴ・クリコが入っているし(飲まなかったけど)、ハウス・キーピングは丁寧だし。たいへん快適な滞在でした。

Photo_2

[ドイツの朝ごはんはたっぷりとした量があります]

朝食は一度だけホテルで食べました。灰色の湖の風景が眺められる良い席でしたが、朝食そのものは特筆すべきものでもなかったので、翌日からはStadtbackerei am Gansemarktという近くのパン屋さんでいただきました。うめぞうはたっぷりの朝食セット、私は連日、ベルリナーと呼ばれるジャム入りのドーナツです(旅に出たら体重増など気にしません)。

Photo_3

[遊覧船で港内を1時間ほどかけてひとめぐりできます]

ハンブルクはあまり観光客のいない街です。それが街としての落ち着きを保つ要因になっていて、港湾商業都市としての華やぎと、良いバランスになっているという印象でした。私には初めてのハンブルクだったので、観光バスに乗って街をひとめぐりしました。途中で降りて港を周遊する観光船にも乗りました。

Img_1876

[大迫力のコンテナー船]

街を海側(正確にはエルベ川河口)から遠く眺めたり、大迫力のコンテナー船を至近距離で見たりできました。ヨーロッパではロッテルダムにつぐ第2の規模の港だそうです。

Photo_4

[今日、この記念館を訪ねた5人目の日本人だそうです]

観光客の少ないハンブルクですが、日本人が特に多く訪ねるのが、この地に生まれたブラームスの記念館です。2、3部屋だけの極小の記念館ですが、ボランティアのおばさんたちが郷里の音楽家について丁寧に説明してくれます。

Img_1833

[ハンブルクの歌劇場は近代的な建物です]

出発前に少し気になったのが、オペラや音楽会に行くときの服装です。シュターツオーパーに行くと言ったら、うめぞうは「じゃ、僕はタキシードで行きたい」と言ったのですが、最近、ヨーロッパのオペラ劇場もみなさんそれほど正式な服装では行っていないようです。タキシードだと小物もごちゃごちゃ持っていかないといけないし、それに合わせると私の服装も大げさになるし、どうしたものか・・・?

Photo_5

[シワにならないボンディング素材のワンピース]

結局、和戦両様(?)でうめぞうは普通のスーツにし、私も簡単なワンピースにしたのですが、そのあたりが正解でした。オペラも30日の年末コンサートも、だいたい男性はスーツ姿が多く、女性もそれに合わせた程度のおしゃれです。中にはセーターなど、ごくカジュアルな服装の人もいます。子供多いバレエの『くるみ割り人形』だとさらにくつろいだ雰囲気でした。

Photo_6

[トリュフかけのパスタ]

ハンブルクでの食事は、ドイツ風料理を最初の二日間続けていただいたら量は多いし、塩分もひどく高かったので、途中からはずっとイタリアンを選んで行きました。ドイツは外食費もフランスやイギリスに比べると、全般に安く抑えられています。これさいわいと、私は遠慮なくトリュフのかかった手打ちパスタなどいただきました。

音楽も宿も食事も、ぜいたくにたっぷり楽しんだハンブルクの5日間でした。

« 『ウィンザーの陽気な女房たち』 | トップページ | Finding Your Feet »

コメント

本当に素敵な旅行でしたね!ぜひハンブルクに行きたくなりました・・・。

Mochaさん、コメントありがとうございます。

最初に書きましたがハンブルクは「世界一天気の悪い街」です。ドイツ人も「あそこは天気がねえ・・・」とためらうそうです。にも関わらず素敵な街でした。また行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルク滞在追記:

« 『ウィンザーの陽気な女房たち』 | トップページ | Finding Your Feet »