« 冬支度 | トップページ | メイ首相のスーツ »

2018年12月 5日 (水)

もみの木村の子供たち

まつこです。

2012年以来、ドイツに行くたびに少しずつ買い足して増えてきました。

Img_1756

[もみの木村の子供たち]

最初は2012年にベルリンのクリスマス・マーケットで買った3体だけでした。だんだん数が増えて村らしくなってきました。我が家ではこの窓辺の一群を、 「もみの木村」(Tannen Dorf)と名付けました。

Img_1751

[村のシンボルはこの木]

村の子供たちはいろんな表情をしています。

Img_1749

[雪かきしているしっかり者の女の子]

クリスマスがだんだん近づいてくる季節の、わくわくする雰囲気が出ています。

Img_1752

[郵便配達している男の子]

素朴な人形たちですが、細かいところがけっこう凝っています。この郵便配達の少年のカバンにはちゃんとドイチェ・ポストのマークがついています。

Img_1748

[リンゴ飴売っている女の子]

リンゴ飴はクリスマス・マーケットの定番のひとつ。

Img_1750

[今年買ったのはこの二つ]

今年は8月にハイデルベルクに行ったときに、キャロル・シンガーの3人組と、小さな家を買いました。家には「森の家」(Forsthaus)という名前がついています。キャロルを歌っている子供たちの楽譜もちゃんと書きこまれています。

寒くて、暗い冬の季節でも、子供たちの笑顔や歌声が人々の心を暖かくしてくれる。そんな一昔前の田舎のクリスマスを、この人形たちを眺めながら想像しています。

クリスマスまであと20日です。

« 冬支度 | トップページ | メイ首相のスーツ »

コメント

クリスマスツリーにもみの木村、気持ちが華やぎますね。いろいろ押し詰まっていても、心に余裕を持つのが大切だと教わりました。ありがとう!

Mochaさん、コメントありがとうございます。

ツリーももみの木村も現実逃避かも・・・。学期末だし寒くなってきたし、ここは踏ん張りどころですね。お互い風邪ひかないようにがんばりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/67450348

この記事へのトラックバック一覧です: もみの木村の子供たち:

« 冬支度 | トップページ | メイ首相のスーツ »