« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

あれから10年

久しぶりにうめぞうです。

いよいよ2018年も残すところわずか。今年も、うめまつダイアリーを読んでくださった数少ない皆様には、あらためて感謝をささげます。旅の報告はまつこに任せ、馬鹿の一つ覚えのうめぞう節で旧年をしめくくることにしたい。

Photo_3

[ハンブルク市庁舎の前で世界を語るうめぞう]

大晦日といえば紅白歌合戦、お正月は初詣のあと家族そろっておせち料理。そんな昭和な時代は、さすがに生活形態の多様化や家族関係の変化とともにかすんできた。それでも商魂たくましい資本主義はたえず新たな祝祭を生み出し、強化していく。キリスト教とは無縁でも、クリスマス・イヴには恋人や家族とディナーを楽しまないと、クリぼっちなどとからかわれる。クリぼっち、おおいに結構じゃないか、とへそ曲がりなうめぞうは思ってしまう。自分の生活スタイルまで、マーケットに決めてもらう必要はない。それぞれの年末年始を、それぞれの仕方で過ごそうではないか、と。

ふりかえってみれば10年前、そのたくましい資本主義も満身創痍の瀕死状態だった。2008年の大晦日、日比谷公園では「年越し派遣村」が開設されていた。村長役は自立生活サポートセンター・もやいの湯浅誠氏。全国コミュニティ・ユニオン連合会などが協力し、炊き出しや生活職業相談、生活保護申請の援助や簡易宿泊所の提供などを行った。その3ヶ月半前に米国の大手投資銀行リーマン・ブラザーズが史上最大の負債を抱えて倒産。金融不安と景気後退の津波が世界を呑み込もうとしていた。

あれから10年、資本主義という名のフェニックスは灰の中からふたたび蘇ったように見える。しかし、あの危機は本当に解決されたのか。

この10年間、株価や不動産価格は持ち直しても賃金は横ばい。当然ながら富裕層のための贅沢品市場を除けば、個人消費も頭打ち。低成長の中で格差は拡大し続け、家計と国家財政が抱える借金の対GDP比はついに10年前の水準を超えた。次の危機が静かに、しかし着実に近づいているのだ。その危機を10年間、封じ込め、先延ばししてきた唯一の市場プレーヤーは中央銀行だった。その時間稼ぎも、いよいよ限界に近づきつつある。

 こんな暗い話で一年をしめくくるのは気が進まないが、危機は忘れるより、覚えておいた方がはるかに身のためだ。フェニックスは、たとえ燃え尽きても復活する。しかし、私たちの生活はそうはいかない。たとえもう一度、市場に火がついても、私たち自身の生活は、市場の原理とは異なる原理で守り続けていきたい。そのための知恵を来たる年にはみなさんと一緒に磨いていきたいものだ。どうぞ良いお年を。

エルプフィルハーモニー『こうもり』

まつこです。

港湾都市ハンブルクの倉庫街は、大規模な再開発の最中です。その中で威容を誇るのがエルプフィルハーモニー。計画から完成まで10年を要し、昨年開場したばかりのコンサートホールです。

Img_1880

[古いレンガ造りの倉庫の上に建てられたガラスばりのコンサート・ホール]

このホールの音響設計をしたのは豊田泰久さんという日本人。開場以来、その音響の素晴らしさが話題になっています。チケット入手も容易でないと聞いていたのですが、9月にオンラインで申し込み、抽選結果を待つこと1ヶ月。30日と31日の二日間だけ開催される年末コンサートのチケットをめでたく手に入れることができました。

Img_1970

[内部が複雑な作りで階段が多く、老人にはやや厳しい構造をしています]

演目はヨハン・シュトラウスの喜歌劇『こうもり』です。指揮はマンフレート・ホーネック。普通のコンサート形式でやるのかと思ったら、ホール全体を舞台にしたオペレッタでした。

Photo

[階段をたくさんのぼり、回廊をぐるぐる歩いて、ようやく席に到着]

序曲が終わると私たちの座っている席のあたりにスポットライトが当てられたので、何かしらと思ったら、席のすぐ横で大きなバラの花束を抱えた男性が立っていて、甘いメロディのセレナードを歌い始めました。この至近距離のテナーの歌声も、遠く離れた客席から聞こえてくるソプラノの歌声も、オーケストラの音と一体化して、会場全体に鳴り響きます。残響が柔らかく残り、音がまろやかに聞こえてきます。

Photo_2

[壁を埋め尽くす白いボードは「ホワイトスキン」と呼ばれているらしいです。なんとなく有機体ふうの雰囲気を醸し出しています]

この音響効果を作り出すために1万個もの石膏ボードが使われているのだそうです。凹凸のある白いボードが壁を埋め尽くしていて、まるで白いサンゴ礁の中に入り込んだような印象です。

Img_1980

[演奏後、万雷の拍手がホールを満たしました]

オーケストラもソリストもコーラスも安定感のある演奏を聴かせてくれて、ときどき背筋がぞくっとするほどです。ハンブルクまで来た甲斐がありました。この空間の中にいなければ味わえない幸福な経験です。深く心に残る一夜でした。

2018年12月30日 (日)

ハンブルクの『くるみ割り人形』と『魔笛』

まつこです。

うめぞうは40年ちかく前にハンブルクに留学していました。私はハンブルクは初めてなので、まず最初にうめぞうが案内してくれたのが聖ミヒャエル教会です。

Photo

[約40年ぶりに再会したミヒェル]

ひときわ高い塔が街のどこからでも見えるので、ハンブルクの象徴になっています。 街のひとたちは「ミヒェル」という愛称で呼んで親しんでいるそうです。

Img_1882

[港内をめぐる遊覧船からもミヒェルが見えました]

港湾都市のハンブルクで、船が港に入ってきたときまず見えるのも、このミヒェルです。

Img_1915_2

[大きなクリスマス・ツリーが飾られていました]

毎日開かれている正午の祈りの時間に参加してきました。

昼間はこうして教会を訪ねたり、遊覧船に乗ったり、街歩きをしたりし、夜はオペラやバレエを楽しんでいます。

Stueck_highlight201highlight

[少女がバレエの魅力に目覚め成長する物語]

クリスマスらしいと思って『くるみ割り人形』のチケットを買っておいたのですが、このハンブルクのバレエ団の『くるみ割り人形』はジョン・ノイマイヤーの振り付けで、よく知られているクリスマスのお話とはずいぶん異なっていました。

1635_7_nussknacker

[バー・レッスンが幻想的な美しい場面に仕立てられていました]

クリスマスではなく12歳の誕生日を迎えた少女の物語です。バレリーナの姉に憧れ、トウシューズをはくことを夢見た少女が、バレエ指導者の影響によって踊りが持つ多彩な幻想を生み出す力に目覚めていくという成長譚でした。バレエを通してバレエの魅力を伝えようとする、いわば「メタ・バレエ」です。

主人公の少女の姉のバレリーナ役のHélène Bouchetという細くて背の高いプリンシパルがとても優美で、思わずうっとりするほどでした。

2日目の夜は『魔笛』です。指揮者はケント・ナガノ。こちらも斬新な演出で、主人公の成長がテーマです。

Stueck2816original

[最初は赤ん坊、やがて少年になるタミーノ]

幕開けに客席で観客の一人が倒れ、救護の人たちがかけつけ、場内がざわめきましたが、それは実は演出のうち。その人の死で残された赤ん坊が少年になるところから劇は展開し始めます。

Unknown

[試練を経て老境を迎える主人公]

あとは普通の『魔笛』と展開は同じなのですが、ザラストロから与えられる試練を経験するうち、青年は中年へと成熟します。やがてすべての試練を乗り越えて愛する人パミーナと結ばれる時には、老いていたというところが、他の『魔笛』とは大きく違うところです。苦労の果てにようやく結ばれた男女が、互いをいたわりながら舞台奥に消えていく後ろ姿に、モーツァルトの晩年の円熟した音楽が重なる終幕は、見ていて鼻の奥がちょっとツーンとしてきました。

現代に時代設定されていて、舞台装置や衣装がかなり凝りすぎというきらいはありましたが、芸達者なパパゲーノのおどけぶりに笑いながらも、人間の弱さや強さについて考えさせられる舞台でした。

2018年12月28日 (金)

世界一天気の悪い街?

まつこです。

フランクフルトから列車で4時間ほどで、目的地にたどり着いた瞬間、ここは「世界一天気の悪い街」と確信しました。エルベ川河口の街ハンブルクです。

Photo

[灰色の空に、灰色のアルスター湖、一日中降り続けるこぬか雨]

しかし悪天にもかかわらず街は華やいでいます。クリスマス・マーケットがまだ開いている上、27日からセールを始めるお店が多く、人々がどっと街に繰り出して大賑わいです。

Img_1837_2

[街のいたるところにクリスマス・マーケットがたっています]

私もセールに参戦し、戦果をあげてきました。最近、気に入っているPesericoのセーターとスカーフを40%オフで入手できました。

Img_1822

[ハンブルクのファッショナブルな通りNeuer WallにはPesericoの路面店があります ]

食事は典型的なドイツ料理。ホテルで紹介してもらったレストランに行きました。

Photo_3

[グリュンコール(ケール)のソテーの上に、加工肉のグリルがたくさんのっています]

お天気は悪いけれど、町歩きして、買い物して、食事して・・・と、典型的な観光をしっかり楽しんでいます。

Mochaさん、Pukiさん、コメントありがとうございました。コメント欄に書き込めないので、こちらで返信します。ハンブルクは思いの外暖かく、うめぞうも元気に過ごしています。新しいコートは、同じようなのがハンブルクのPesericoで40%オフになっていました。(しかも元値も日本よりはるかに安い。)ちょっとくやしいです。

2018年12月27日 (木)

冬休み

まつこです。

ここはどこでしょう?

Photo

[さっそく新しいコートを着ています]

くるみ割り人形はドイツの伝統的な工芸品で、クリスマスになるといろんなところに飾られているようです。

今日は飛行機でフランクフルトに到着しました。今年の冬休みはドイツとイギリスで過ごします。

2018年12月25日 (火)

セルフ・サービス・サンタ・クロース

まつこです 。

クリスマスおめでとうございます。

Img_1792_2

[Merry Christmas

昨日は私が出勤。さらにうめぞうが風邪気味のため、今年は教会にも行かず、我が家はきわめて俗世的ホリデーとなりました。

プレゼントももはや自分で欲しいものを選び、自分で買う、完全セルフ・サービス型です。本物のサンタさんの登場する余地なし。

で、今朝、包みを開いて出てきたものは・・・

Img_1789

[Pesericoのセーター]

いったい、黒のタートルネックのセーターだけで我が家に何枚あることかと、自分でもあきれつつ、微妙なデザインの違いにひかれつい買ってしまいました。

さらに、今年のセルフ・サービス・サンタ・クロースは太っ腹で、このセーターを選んだときに一緒に目にしてしまったこちらもお買い上げ・・・

Img_1790

[Pesericoのコート]

ちょっとコクーン型でカジュアルに着こなせるコートです。上の黒いセーターを合わせて外出するのが楽しみです。

2018年12月23日 (日)

Abide with Me

まつこです。

今年もいよいよ残すところあと1週間。私たちにとって2018年はなんといっても、二人の母を失った年でした。親を見送るという責任を果たした安堵とともに、寂しさをあらためて感じています。

Photo

[6年前の12月。両親と姉と一緒のうめぞう]

Photo_2

[6年前の12月。母と弟と一緒のまつこ]

この世にある日々がつかの間であり、刻々と流れる時間がいかに貴重なものかを、あらためて深く感じ入る年末です。

今月に入ってから、私はときどきキングズ・カレッジの聖歌隊が歌う賛美歌Abide with Meを聞いています。

死はあまねく誰にでも訪れる。その厳かな定めの前に、謙虚な気持ちになることの大切さを思い出させてくれる美しい歌です。

葬儀でしばしば歌われる歌で、クリスマス・キャロルではないけれど、あわただしい年の瀬にこの歌を聞いて、ほっと落ち着いた気持ちになっています。

クリスマスまであと2日です。

2018年12月21日 (金)

クリスマスは人とつながろう!:Twitter's UKのCM

まつこです。

昨日、紹介したのはデパートのジョン・ルイス(John Lewis)のクリスマス広告。19世紀半ばにジョン・ルイスという創業者によって始められた老舗デパートです。

Oxford_street__john_lewis

[こちらロンドンのオックスフォード・ストリートのデパート、ジョン・ルイス]

毎年、このデパートのクリスマス広告は話題になります。(2015年には私もこのブログで取り上げていました。)

Lewis

[こちらはヴァージニア工科大学のコンピュータ・サイエンスの講師ジョン・ルイスさん]

しかしそれで困ったことになったのが、アメリカ人大学教師のジョン・ルイスさん。Twitterで@johnlewisというアカウント名を持っているせいで、この時期になるとデパートと間違えて、膨大な数のツイートが届くのだそうです。なかには「もみの木、配達お願いします」とか「サンタのコスチュームの在庫はあるか?」といったツイートもあるようですが、ルイス講師はせっせと返信をしているそうです。

これに注目したのがTwitterのイギリス法人。「人違い」を利用してこんなコマーシャルを作ってしまいました。

イギリスから6000キロ近く離れたアメリカのヴァージニアで、次々に届くツイートに返信しているルイス講師。最後に出てくるメッセージはー

"This Christmas, Join the conversation. Even if it's by mistake."

「クリスマスはメッセージでつながりあおう。たとえ人違いでもいいじゃないか」とコミュニケーションの大切さを伝えています。

このルイス講師のツイートを見ると、ユーモアがあって、ほのぼのとしていて、いかにも良さそうな人柄がうかがえます。おまけにコマーシャルでは素人とは思えない演技力を発揮しています。

このコマーシャルを見ると、しばらくご無沙汰してしまっている人に、ツイッターかラインでクリスマス・メッセージでも送ってみようかな・・・という気持ちになってきます。

クリスマスまであと4日です。

2018年12月20日 (木)

プレゼント以上の贈り物

まつこです。

毎年、この季節になるとイギリスのテレビではクリスマス用のコマーシャルがたくさん流れます。デパートやスーパーのコマーシャルは、心温まるストーリーでありながら、購買意欲もかきたてるような工夫がなされています。

今年のクリスマス用コマーシャルをいくつか見てみましたが、私が一番気に入ったのはこちら・・・

古いピアノの前にたたずみ感慨にふける老人はエルトン・ジョン。『僕の歌は君の歌』(Your Song)にのせて、画面は彼の人生をさかのぼっていきます。

Johnlewispartnerseltonpresentday154

[古いピアノを弾きながら記憶をさかのぼる老人]

2000年、ラスベガスでのレッド・ピアノのツアー。1980年代〜70年代の絶頂期、1960年代にパブで演奏する青春時代、学校の演奏会で緊張ぎみの少年時代、そして1950年代のクリスマスの朝、幼い男の子がもらったプレゼントはピアノ。

Johnlewispartnerseltonstadiumtour15

[エネルギーにあふれていた若かりし日]

このクリスマス・プレゼントが彼の人生を変え、世界中の無数の人々が彼の音楽を楽しむことができたのね・・・と感慨にふけったところでメッセージが流れます。

"Some gifts are more than just a gift."

「ただのプレゼント以上の贈り物」-そんなプレゼントを探しに、さあ、デパートのジョン・ルイスへどうぞいらしてください、というわけです。

Johnlewispartnerseltonreceivingtheg

[幼い日のクリスマスの思い出は人生の宝物]

そんな商魂が透けて見えはするものの、幼い日にもらったクリスマス・プレゼントの嬉しさを思い出させてくれるコマーシャルです。子供の成長を願い、子供の喜ぶ顔を想像し、親が選んでくれたプレゼント。その思い出は誰にとっても「ただのプレゼント以上の贈り物」です。今年もそんな思い出を残せる子供たちが一人でもたくさんいるように祈りましょう。

クリスマスまであと5日です。

2018年12月16日 (日)

Middle England

まつこです。

EU離脱をめぐって国民がバラバラになりもはや収拾がつかない状態になっているイギリス。でもその分断はもっとずっと前から始まっていたようです。そんな現在のイギリスを理解するのに恰好の一冊はこちら。

Img_1774

[今年読んだ本のなかで一番おもしろかった]

Jonathan Coeの最新作Middle Englandは、2010年4月から2018年9月までのイギリス社会の変化を、複数の登場人物の人生の変化に重ね合わせて描いた小説です。

表紙は美しいイングランドの風景画が、真ん中で引き裂かれているデザインです。タイトルの「ミドル」は、主人公ベンジャミンが暮らすバーミンガム周辺のイングランド中部地方(The Midlands)とイギリスの中産階級(Middle Class)を指しています。イギリス社会の中核ともいえるこの「ミドル」が大きく引き裂かれてしまっているのです。

リーマンショック以降の緊縮政策の影響を受けたのは、貧困層だけではありませんでした。中産階級もまた疲弊し、多文化共生や政治的正しさといった理念を受け入れる余裕のなくなった人々は、移民や知識人に敵意を向けるようになります。

過ぎ去っていった青春の日々と古い恋愛への追想に埋没していた小説家ベンジャミンも、このイギリスの政治風土の地滑り的変化に無関心ではいられません。2010年の総選挙、2011年の暴動、2012年のオリンピックと節目節目で、家族や友人の間に亀裂が走り、その裂け目は2016年のEU離脱をめぐる国民投票で決定的なものとなる・・・。

この深刻な状況を、イギリス人特有の自嘲的な笑いで突き放しつつ描いたこの長編小説はまさに「ブレグジット悲喜劇」です。ときおりニヤリと笑いながら、イギリスだけでなく、ポスト・グローバル時代をむかえつつある社会の病理の深刻さを考えることのできる一冊です。

2018年12月14日 (金)

アドヴェント・カレンダー

まつこです。

毎日、ひとつずつ窓をかけていくアドヴェント・カレンダー。我が家のアドヴェント・カレンダーはこれです!

Img_1779

[11月になると届く手作りのアドヴェント・カレンダー]

知り合いから送っていただいた手作りのものです。12月1日から、毎朝、うめぞうが朝食のときに窓を開いて、中に書かれている聖書の言葉を読み上げます。

Img_1778

[イラストがかわいい]

小さな窓の中に描かれたイラストがかわいくて、毎日、窓をあけるのが楽しみです。

作ってくださったのは、うめぞうの亡くなった母親の知り合いの、そのまたお嬢さんです。私たちはお目にかかったことはありません。でも細かい丹念なお仕事ぶりと、イラストのかわいらしさから、日々の生活を喜びをもって律儀に送っておられる素敵な方なのだろうなあ、と想像しています。

分かち合い、感謝する、というクリスマスの意義を思い出させてくれるアドヴェント・カレンダーです。

クリスマスまであと11日です。

2018年12月12日 (水)

水曜日のジャケット

まつこです。

苦労続きのメイ首相。今日は保守党議員が党首に対する不信任投票することを決めました。デイヴィッド・キャメロンが党員に向かって、「首相を支えるべきだ」とツイートしたら非難轟々。やれやれ・・・。

73239566486843imagea47_154460765613

[断固戦うわ!]

「私が今やめたらEU離脱が遅くなるだけ」と訴えていますが、保守党議員は次の党首が誰かで浮き足立っているようです。

73255506486671imagea95_154461080565

[後ろのボタンがアクセント]

もはやイギリスの政局の視界はゼロ。テリーザ・メイのファッションにだけ注目しましょう。

今日は紺色のパンツにジャケットの組み合わせ。高い位置でウエストを絞った細身のジャケットでした。ジャケットは織地に模様が入っていますが、パンツは無地。このバランスがなかなかスッキリしてカッコいいですね。

でも明日も党首でいられるかどうか・・・。

2018年12月11日 (火)

月曜日のスーツ

まつこです。

月曜日のテリーザ・メイのスーツはこれ。

181210110017theresamayparliamentbre

[これはまた先週とは違うスーツですね]

メイ首相は火曜日に予定されていたEU離脱協定案についての採決を延長すると発表しました。議場は騒然。議長がなんども静粛を呼びかけるなか、諄々とさとすように、経済的混乱も国民のこれ以上の分断も避けるためには妥協が必要なんだと演説していました。

しかし野党党首コービンはメイにはもはや政権運営能力はないとはげしく非難。さらには採決延長に抗議の意を示すため、議場内に置かれている職杖(Mace, 国王への忠誠のシンボル)を持ち出そうとする労働党議員までいる始末。

_104725542_p06v6z02

[みなが唖然と見守るなか職杖を持ち出そうとする労働党議員]

これじゃあイギリス首相は、まるで学級崩壊した授業をなんとか正常状態に戻そうとしている校長先生みたいな感じです。

私の好きなジャーナリストであるトム・サトクリフは「恥ずかしくて、他の国のひとたちにイギリスのことを見てほしくない」とツイートしていましたが、この混乱ぶりは不条理劇のようでついつい見てしまいます。しばらくメイのスーツ・ウォッチャーとしての日々が続きそうです。

2018年12月 8日 (土)

メイ首相のスーツ

まつこです。

EU離脱をめぐって、「バックストップ」がどうした、「リーガル・アドバイス」がなんだ、離脱延期だ、いや国民投票やりなおしだ、いやいや断固離脱だ・・・と、混迷の度合いが深まるばかりの英国議会。

その泥沼化した議論のただ中で、開き直った感さえ感じさせるきっぱりした服装をしているのがメイ首相。

May_2

[首相官邸を出発して泥沼の議会へ向かう首相]

クリスマス・シーズンらしい鮮やかに赤いコートの下は、ビシッとしたスーツです。

Commons_br_9

[右も左も勝手なこと言ってまったくもう・・・と内心思っているに違いありません]

スーツに大ぶりなアクセサリーを合わせるのが、テリーザ・メイの定番です。

Image_2

[これは上の写真の前日。よく見ると違うスーツです。ストライプの織り柄のスーツにシャープなデザインのネックレスを合わせています]

イギリスでは内務大臣を経験した人が首相になるのは、ごく珍しいことだそうです。調子にのって国民投票して、結果が出たところで、あわてて逃げ出したキャメロンのあとを継ぎ、急遽、内務大臣から首相になったメイ。棚からぼた餅、というよりもババ抜きのババが回ってきたようなものです。

以前はイギリス政界の「おしゃれ番長」と呼ばれ、時にギョッとするほど大胆に派手なコーディネートもしていました。しかし、EU離脱をめぐる迷走の果てに収拾がつかない状況になったイギリスを率いる今、勝負服はやはり堅実なスーツのようです。

Gettyimages1065088412

[こちらは11月25日、ブリュッセルで離脱案にEU首脳が合意したとき]

ハード・ブレグジット派や残留派が、それぞれの思惑から、メイ首相がEU側とまとめた離脱案をボロクソにけなすなか、メイ首相は少なくとも表面は冷静沈着に対応しているように見えます。

やっぱりこういうときはダーク・スーツに限るようです。日本のワーキング・ウーマンのみなさんも揉めそうな会議の日には仕立ての良いスーツに身をつつみ、お腹の中はどんなに煮えくりかえっていようとも、クールな落ち着きぶりを見せつけて、うまくのりきっていきましょう。

2018年12月 5日 (水)

もみの木村の子供たち

まつこです。

2012年以来、ドイツに行くたびに少しずつ買い足して増えてきました。

Img_1756

[もみの木村の子供たち]

最初は2012年にベルリンのクリスマス・マーケットで買った3体だけでした。だんだん数が増えて村らしくなってきました。我が家ではこの窓辺の一群を、 「もみの木村」(Tannen Dorf)と名付けました。

Img_1751

[村のシンボルはこの木]

村の子供たちはいろんな表情をしています。

Img_1749

[雪かきしているしっかり者の女の子]

クリスマスがだんだん近づいてくる季節の、わくわくする雰囲気が出ています。

Img_1752

[郵便配達している男の子]

素朴な人形たちですが、細かいところがけっこう凝っています。この郵便配達の少年のカバンにはちゃんとドイチェ・ポストのマークがついています。

Img_1748

[リンゴ飴売っている女の子]

リンゴ飴はクリスマス・マーケットの定番のひとつ。

Img_1750

[今年買ったのはこの二つ]

今年は8月にハイデルベルクに行ったときに、キャロル・シンガーの3人組と、小さな家を買いました。家には「森の家」(Forsthaus)という名前がついています。キャロルを歌っている子供たちの楽譜もちゃんと書きこまれています。

寒くて、暗い冬の季節でも、子供たちの笑顔や歌声が人々の心を暖かくしてくれる。そんな一昔前の田舎のクリスマスを、この人形たちを眺めながら想像しています。

クリスマスまであと20日です。

2018年12月 2日 (日)

冬支度

まつこです。

いよいよ12月。

Img_1741

[このクマは一足先にすっかりクリスマス気分]

今年は仕事が忙しいのでやめちゃおうかな・・・と断念しかけたのですが、やっぱりないと寂しいクリスマス・ツリー。

Img_1721

[本物のもみの木が欲しいところですが、狭い我が家では組み立て式のでガマン]

クリスマス・カードを書いたり、お歳暮の手配をしたり、やることがたくさんあります。

そんな慌ただしい年末でも、クリスマス・ツリーを飾ると、なんとなくうれしい気分になってきます。

Img_1743

[完成!]

クリスマスまであと23日です。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »