« Wiedersehen | トップページ | 4回目のリモワ修理 »

2018年8月31日 (金)

ドイツ料理

まつこです。

ドイツ料理はおいしくないという人が多いようですが、伝統的なお料理にはおいしいものもあります。私たちはフランクフルトのKlosterhofというお店が気に入っていて、今回も旅の最後の食事はここでいただきました。

Photo_2

[木の内装が素朴ないい雰囲気です]

日本ではドイツのワインはあまり飲まれませんが、白ワインのリースリンクはおいしいです。

この店でも私は好物のシュニッツェルをいただきました。

Img_1482_2

[今回のシュニッツェルはちょっとこんがりした色でした]

日本のとんかつよりパン粉がきめ細かくて、私はこちらの方が好きです。

うめぞうが注文したのは「ピエフェリング入りのシュペッツレ」。ピフェリングは夏の後半から秋にかけて出回る風味の良いきのこです。シュペッツレは卵入りのもちっとした食感の短い麺です。

Img_1479_2

[チーズ入りのクリームソース味]

一人一品ずつ注文して、二人で分け合って食べるのがちょうど良いです。(一人で一皿全部食べると量が多いのでちょっと飽きちゃいます。)

ドイツでおいしく食事をするには・・・

  • おしゃれな凝った料理は避ける(ヘンテコなものが出てくることがあります)
  • 魚より肉料理を選ぶ(スーパーの魚と肉の売り場を比べれば、肉文化であることは一目瞭然。ただしニシンの酢漬けとかスモークサーモンはおいしい)
  • サラダとスープには期待しない(サラダはドロっとしたドレッシングがたくさんかかりすぎていることが多い。スープは塩がきついことが多い)
  • 腹ペコで食べる(高級な店でも量はかなり多い。安い店だとものすごーく多い)
  • 気取らずにガツガツ食べる(ドイツで気取ってどうする?)

Photo_3

[さあ食うぞ!]

Klosterhofで食事をしたのは今回で3回目です。今回も質実剛健でおいしいドイツ料理を楽しみました。   

« Wiedersehen | トップページ | 4回目のリモワ修理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/67117179

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ料理:

« Wiedersehen | トップページ | 4回目のリモワ修理 »