« リーマン・トリロジー | トップページ | グランチェスター »

2018年8月22日 (水)

ハウス・シッター

まつこです。

トムとジュディがスコットランドに旅行に行き、私たちが5日間、留守番をすることになりました。いわゆるハウス・シッターです。

Img_1324

[はじめてのお留守番でうめぞうはちょっぴり不安げ]

「好きなようにしていいわよ。友達呼んでパーティしてもいいわよ。でも毎晩はダメよ」とジュディは笑って出ていきました。

トムとジュディがいなくなった家はシーンと静かです。

Photo

[畑で洗濯物を干すうめぞう]

お天気が良くなったので、お洗濯をしたり、リンゴの木から取り放題の実をとったり、自由に過ごしているのですが、大きな家で二人きりだと妙に静かで落ち着きません。

Photo_2

[静まりかえった庭で朝ごはん]

建ってから100年以上経ている家です。蜘蛛の巣や歪んだガラスを通して屈折して差し込む陽光が絵本に出てくる魔法の家みたいな雰囲気をかもし出します。うめぞうは「この家にボクはぜったい一人ではいられない」と心細そうです。私は収集日に合わせて巨大なゴミのケースを門の前に出すのに、ちょっと手こずりました。

そんな心もとない留守番の私たちを横目に、リスは悠々と庭を横切っていきました。

« リーマン・トリロジー | トップページ | グランチェスター »

コメント

何だか落ち着かない気持ち、すごくよくわかります。私も、鍵一本で出られるマンション暮らしのせいか、もはや一戸建ての家だと落ち着かず、一人だったりすると、ちょっとした物音で夜中に何度も目が覚めるので、寝不足になります。それにしても、この朝食の食卓、美味しそうです。マーマイト、やはりありますか。。。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

ここ数日、庭にbadgerが出るらしいと言われ、芝生に開いた穴はmoleかもしれないと言われ、まるでThe Wind in the Willowsの世界でした。5日間の留守番を無事すませ、鍵を返してホッとしました。イギリス滞在を終え、ドイツにちょっとだけ寄ってから帰国します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/67085276

この記事へのトラックバック一覧です: ハウス・シッター:

« リーマン・トリロジー | トップページ | グランチェスター »