« 友好的離婚 | トップページ | 夏祭り »

2018年7月27日 (金)

日傘の忘れ物

まつこです。

猛暑の夏、朝は真正面から朝日を浴びて通勤します。日傘は必携です。

ところが地下鉄を降りたとたん、座席に日傘を置き忘れたことに気づきました。あー、失敗!

Img_0808

[袋だけ残ってしまった・・・]

すぐに駅員さんにお願いして、その列車の終点の駅で探してもらったけれど見つかりませんでした。数年前に買ったお気に入りの日傘だったのでがっかり。

東京メトロとJRが相互乗り入れしている路線なので、両方の忘れ物センターに連絡してみました。東京メトロもJRも対応してくれた駅員さんがとても親切でした。「一日たって届くこともあるので明日また連絡してください」とのこと。

ダメだろうなあ・・・と翌日電話していみると、ありました!傘は似たようなのが多いので、色や柄だけでなくブランドがわかると見つかりやすいそうです。電話の向こうの駅員さんが、「ありましたよ〜、紺で白い縁取りで、ランバン、きっとこれですよ〜」と嬉しそうに教えてくれました。

Img_0807

[めでたく見つかった紺の日傘]

その間、わずか二日間でしたが、日傘なしでは過ごせないと思い、大慌てで新しいのを買っていました。

Img_0810

[こちら新しく買ったアクアスキュータムの日傘]

この数年の間に日傘も進歩しているんですね。今度のは内側にサマーシールドというコーティングがされていて、このコーティングで2、3度温度が低くなるそうです。

それにしても人口一千万を超える首都圏で、毎日どれほどの忘れ物があるのか見当もつきませんが、問い合わせのひとつひとつにこれほど丁寧に対応してくれるのにはびっくりしました。私が降りた直後の駅に届けられたのだそうです。私が置いていってしまったのを見て、どなたか乗客の方が届けてくださったのでしょう。

「日本すごい」なんてあんまり言いたくないのですが、大都会の真ん中で電車の中に忘れた傘が見つかるなんて、これについては確かに自慢しても良いでしょう。

« 友好的離婚 | トップページ | 夏祭り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/66991868

この記事へのトラックバック一覧です: 日傘の忘れ物:

« 友好的離婚 | トップページ | 夏祭り »