« シャネルの化粧品 | トップページ | 日傘の忘れ物 »

2018年7月23日 (月)

友好的離婚

まつこです。

先日、あるセミナーに参加しました。ドイツのEU議会議員を講師として招きEUの現状について意見を聞くという会です。

EUがテーマのセミナーならあれにしよう!と思って選んだのは、Charlotte Olympiaのユニオンジャックをデザインしたバッグ。ついでに服も靴もJosephにして、UKファッションでコーディネートしてみました。ちょっとした「遊び」のつもり。

Photo_2

[ネイビーのワンピースなら無難]

右傾化が顕著になる国々や、押し寄せる移民の受け入れなど、目下のところ諸課題が重くEUにのしかかっており、かつてのヨーロッパ統一の明るいヴィジョンは見えにくくなっています。日本との貿易協定によって、EUにも日本にも有利になるような関係構築をしたいという趣旨の講演でした。

まあごく一般的な内容だったのですが、イギリスのEU離脱、Brexitが話題になったとたん、ドイツ人EU議員の口調ががぜん熱くなりました。「EUを離れたらイギリスは弱体化するはずだ。出てくなら勝手にどうぞ。さっさと出て行ってくれ。バイバイ」といった調子です。

まあ、確かにBrexitをめぐって、イギリスは迷走を続けています。離脱の交渉条件をめぐっては、メイ首相の離脱方針に反対してEU担当大臣や外務大臣が辞職、さらにはそのEUと協調関係を目指す穏健な方針ですら、EU側は反発していると報道されています。

しかし「さっさと出てけ」と言われると、私が言われたわけでもないのに、なんとなく面白くないのはなぜかしら。Charlotte Olympiaのユニオンジャックのバッグのせいかしら。

いっぽうイギリスでは、「イギリス人よ、自信をもって離脱しよう!」と、辞めた外相のボリス・ジョンソンが檄を飛ばしています。こういうアジテーションも一時的な鬱憤ばらしにしかならないんじゃないかしらねえ。

「友好的な離婚」なんて、言うは易し、行うは難し。夫婦関係と同じように、つい感情的になってしまうのが外交関係です。しかしこういう難しい局面だからこそ、冷静な議論を積み重ねて互いの妥協点をさぐるという「大人の態度」を、ぜひEUとイギリスには見せてもらいたいものです。それができれば、ヨーロッパの価値も世界で再度評価されるでしょうけれど、まあ、難しいんでしょうねえ・・・。

« シャネルの化粧品 | トップページ | 日傘の忘れ物 »

コメント

友好的離婚ができるかどうかは、人でも国でも、次の局面(未来)のヴィジョンがあるかないかにかかっているような気がします。でも、雨降って地固まる、と言うのでしょうか、泥沼の状態で見えてくるものもありますし、希望をもって行方を見守りたいです。バッグ、やっぱり可愛いですー。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

そうですね、イギリスもヨーロッパも次の局面は容易に見えてはきませんが、数百年にわたる近代ヨーロッパの遺産はなにかしらの形で残るでしょうから、長期的に構えて見守るということでしょうね。

1990年代のBritpopとともにユニオン・ジャックが若者にcoolなデザインとして認知されるようになったようですが、国旗がデザインとして通用するのは、アメリカ、イギリス、フランスあたりだけですよね。やはり戦勝国だからでしょうか・・・?(ドイツ国旗とか日の丸じゃ、やっぱりムリでしょう。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/66974255

この記事へのトラックバック一覧です: 友好的離婚:

« シャネルの化粧品 | トップページ | 日傘の忘れ物 »