« ギンレイ・シネマ・パスポート(8):『ローズの秘密の頁』 | トップページ | うめぞうの誕生日 »

2018年6月29日 (金)

二人の母

うめぞうです

先週はうめぞうの母が93歳で他界。これでうめまつも4人の親すべてを看取ったことになる。うめまつダイアリーは10年前に介護ブログとして始まった。ふたたび介護ブログと化すのは、ずばりうめぞうの時だろう。それまで何年の猶予がまつこに与えられているか。これは神のみのぞ知る。それまでの貴重なインターバルは、ファッション・グルメ・カルチャー・英国事情で楽しんでいただければ幸いだ。

旅立った二人の母にはいくつかの共通点があった。元気な時代には人の面倒をよく見た。助けを必要とする人たち、特に心に傷を負っている人や社会的に恵まれない人たちには積極的に手を差し伸べた。学歴や地位にはまったく無頓着で、分け隔てなく人に接し、話に耳を傾けた。

その面倒見の良い二人の母が、施設に入所してからは面倒を見られる側に回った。それでも御世話をしてくださる介護士や看護師に「あなたも大変ね、どうぞお身体に気をつけてね」と声をかけた。だから介護士、看護師、その他のスタッフの方々から、とても慕われた。二人の母は次第に記憶力を失い、認知能力を失っていった。それでも他者の支援にいつも感謝し、その感謝を表明しようと努力した。

二人が施設の部屋で旅立った後、献身的に御世話くださった先生や看護、介護、リハビリ、マッサージ他のスタッフの方々が次から次へと現れた。子供であるうめまつが驚くほど、みんなが悲しみ、何人かは涙をぽろぽろ流した。そして「お母様には、いつも優しくしていただき、慰め、励まされた」と語ってくれた。この点は、二人の母のどちらもまったく同じだった。

施設に入ってから、二人の母はこれまでのように他の方々のために何かをしてあげることはできなくなった。やがて二人は、施設の中でも一番か弱い存在になった。他者を思いやるよりも、むしろ他者からの思いやりや支援なしには、自分自身が生きていけない、小さく弱い存在になった。しかし、それでもなお、二人の母の面倒を見てくださった方々は口ぐちに「自分はお母様から多くのものを与えられた」とおっしゃってくださった。これはいったいどうしてなのか。うめぞうは、母の葬儀の間、そのことを考えながら過ごした。

われわれは普段、人を助ける余裕のある人、たとえば財力や学力や体力に余裕のある人、いろいろな意味で強い人、豊かな人こそが、そうしたものを与えられていない弱い人、貧しい人を助けることができるし、助けなければならないと考えている。でも、うめぞうは二人の母を見送る中で、それは真実ではないということに気付かされた。自分では何も誇るものをもたず、何も他者に与えることができず、むしろ他者の助けなしにはまったく生きていけない絶対的な弱者が、その弱者のままの姿でなお、他者に何かを与えることができる。このことを、二人の母の最後の半年はうめぞうに教えてくれた。

二人の母は、なんとか感謝の気持ちを伝えたいというその意志を通じて、医療、介護、看護、リハビリ、マッサージを献身的に施してくださる方々が、いかに尊厳に満ちた、すばらしい価値のあるお仕事をなさっておられるかを、繰り返し繰り返し、伝えようとしていた。そして時には、日々の過重な仕事で疲れはてているスタッフの方々自身が、自分でも忘れてしまいそうになるにちがいない自分の仕事の意義や素晴らしさを、そしてまた自分自身の価値を、もう一度、思い出してくれるように願っていたと思う。人が人の愛情を求め、互いにそれに応えようとする能力は、狭い意味での認知能力よりもはるかに人間を人間らしい存在にしているのだということを、うめぞうは、二人の母の旅立ちをみて学ばされたように思う。

« ギンレイ・シネマ・パスポート(8):『ローズの秘密の頁』 | トップページ | うめぞうの誕生日 »

コメント

読んでいて、涙がこぼれました。お二人のお母様にお目にかかったことはないけれど、ブログを通して、お人柄がよくわかり、いつも感心していました。ありがとうございました。

Pukiちゃん、いつもどうもありがとう。このブログが今まで続いてきた大きな理由は、Pukiちゃんの励まし(と、おだて?)があったことですね。まつこもうめぞうも、気がついてみると、いつのまにかPukiちゃんに話をきいてもらいたいと思いながらブログを書くようになってました。まつことpukiちゃんの「良いしわ」がふえるように、これからも微力を尽くします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/66881689

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の母:

« ギンレイ・シネマ・パスポート(8):『ローズの秘密の頁』 | トップページ | うめぞうの誕生日 »