« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

二人の母

うめぞうです

先週はうめぞうの母が93歳で他界。これでうめまつも4人の親すべてを看取ったことになる。うめまつダイアリーは10年前に介護ブログとして始まった。ふたたび介護ブログと化すのは、ずばりうめぞうの時だろう。それまで何年の猶予がまつこに与えられているか。これは神のみのぞ知る。それまでの貴重なインターバルは、ファッション・グルメ・カルチャー・英国事情で楽しんでいただければ幸いだ。

旅立った二人の母にはいくつかの共通点があった。元気な時代には人の面倒をよく見た。助けを必要とする人たち、特に心に傷を負っている人や社会的に恵まれない人たちには積極的に手を差し伸べた。学歴や地位にはまったく無頓着で、分け隔てなく人に接し、話に耳を傾けた。

その面倒見の良い二人の母が、施設に入所してからは面倒を見られる側に回った。それでも御世話をしてくださる介護士や看護師に「あなたも大変ね、どうぞお身体に気をつけてね」と声をかけた。だから介護士、看護師、その他のスタッフの方々から、とても慕われた。二人の母は次第に記憶力を失い、認知能力を失っていった。それでも他者の支援にいつも感謝し、その感謝を表明しようと努力した。

二人が施設の部屋で旅立った後、献身的に御世話くださった先生や看護、介護、リハビリ、マッサージ他のスタッフの方々が次から次へと現れた。子供であるうめまつが驚くほど、みんなが悲しみ、何人かは涙をぽろぽろ流した。そして「お母様には、いつも優しくしていただき、慰め、励まされた」と語ってくれた。この点は、二人の母のどちらもまったく同じだった。

施設に入ってから、二人の母はこれまでのように他の方々のために何かをしてあげることはできなくなった。やがて二人は、施設の中でも一番か弱い存在になった。他者を思いやるよりも、むしろ他者からの思いやりや支援なしには、自分自身が生きていけない、小さく弱い存在になった。しかし、それでもなお、二人の母の面倒を見てくださった方々は口ぐちに「自分はお母様から多くのものを与えられた」とおっしゃってくださった。これはいったいどうしてなのか。うめぞうは、母の葬儀の間、そのことを考えながら過ごした。

われわれは普段、人を助ける余裕のある人、たとえば財力や学力や体力に余裕のある人、いろいろな意味で強い人、豊かな人こそが、そうしたものを与えられていない弱い人、貧しい人を助けることができるし、助けなければならないと考えている。でも、うめぞうは二人の母を見送る中で、それは真実ではないということに気付かされた。自分では何も誇るものをもたず、何も他者に与えることができず、むしろ他者の助けなしにはまったく生きていけない絶対的な弱者が、その弱者のままの姿でなお、他者に何かを与えることができる。このことを、二人の母の最後の半年はうめぞうに教えてくれた。

二人の母は、なんとか感謝の気持ちを伝えたいというその意志を通じて、医療、介護、看護、リハビリ、マッサージを献身的に施してくださる方々が、いかに尊厳に満ちた、すばらしい価値のあるお仕事をなさっておられるかを、繰り返し繰り返し、伝えようとしていた。そして時には、日々の過重な仕事で疲れはてているスタッフの方々自身が、自分でも忘れてしまいそうになるにちがいない自分の仕事の意義や素晴らしさを、そしてまた自分自身の価値を、もう一度、思い出してくれるように願っていたと思う。人が人の愛情を求め、互いにそれに応えようとする能力は、狭い意味での認知能力よりもはるかに人間を人間らしい存在にしているのだということを、うめぞうは、二人の母の旅立ちをみて学ばされたように思う。

2018年6月16日 (土)

ギンレイ・シネマ・パスポート(8):『ローズの秘密の頁』

まつこです。

ヴァネッサ・レッドグレイヴが見たくて出かけた『ローズの秘密の頁』(The Secret Scripture)。アイルランドの田舎を舞台に、独立運動、宗教、因習、精神病院という厄介な状況が幾重にも絡み合う恋愛映画です。
Images
[若き日のヒロインはルーニー・マーラ、それを年老いてから回想するヴァネッサ・レッドグレイヴ]

政治的にも宗教的にも複雑な道具立が盛りだくさんなわりに、結末が現実離れしてやや安直なので、イギリスでの評価はあまり良くありませんでした。でも実力派の役者たちの熱演やアイルアンドの荒涼たる風景がたっぷりと堪能できる恋愛ドラマです。

ヴァネッサ・レッドグレイヴを観に行ったつもりが、心に残ったのはこの懊悩するハンサムな神父の顔。
Scripture4
[テオ・ジェイムズ演じる神父]

セリフの中で"deeply troubled man"と表現されていましたが、ローズの瞳が放つ抗しがたい魅力に強烈にとりつかれてしまった神父の、執拗な情念をテオ・ジェイムズがうまく演じていました。
O1200080014128414964
[見つめ合う二人、ここから悲劇は始まる]

ヒロインが愛するのはイギリス空軍に入った健全なプロテスタントの若者ですが、女性観客を魅惑するのはほっそりとした容姿に悶える魂を隠した偏執的なカトリック神父の方でしょう。

ギリシア系の血が混じっているイギリス俳優のテオ・ジェイムズ。こういう美しい顔の俳優には、これからもぜひ悩める魂を抱えた屈折した役柄を演じてもらいたいものです。

テオ・ジェイムズが良かったので星4つあげちゃおう。⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

2018年6月14日 (木)

良いシワ、悪いシワ

まつこです。

うめぞうが私の顔を見ながら「良くないシワが出てるよ」と忠告してくれました。うめぞう的には妻の眉間のシワは「良くないシワ」で、鼻筋のシワは「良いシワ」らしいです。
Img_0708
[緊急シワ対策!]

うめぞうは私の顔を見ながら、シワのことをよく心配しています。「良くないシワ」は忙しくてピリピリしているときに深くなり、八つ当たりされる危険があるので、要警戒らしいです。いっぽう鼻筋のシワは機嫌が良い時に現れるらしいです。

化粧品なんてどれも同じ・・・と思いつつ、夫にシワが目立つと言われると傷つくのが乙女心(?)。以前、試供品をもらって良かったような感触があったので、POLAのBAを買いにいきました。

デパートのカウンターで「BAは当社のエイジングケアの最高峰のラインでございます」と女性販売員がにっこり微笑むので、「え!これ以上、年取ったら使う化粧品ないんですか?」と聞き返してしまいました。

何の予備知識もなく、もらった試供品が良かった気がするというだけで買いに行ってしまったのですが、POLAのBAって高いのね〜。値段を見てびっくりしたものの、もはや後には引けずお買い上げ。

いや〜、価格のチェックくらいしてからカウンターに座るべきでした(反省)。効くといいけど・・・。まあ、このスタイリッシュな容器が二つ並んでいるのを見ると、ちょっとしたマダム気分にはなれます。価格の1割くらいはその気分に払ったのかな、と納得しています。

2018年6月 9日 (土)

知事選

まつこです。

とっても気になる新潟知事選挙。明日はいよいよ投票日です。

Photo

[長岡駅にある良寛像]

先週末帰省していた間に、一方の候補の陣営からは二度も電話がかかってきました。私が応援している候補の陣営からは一度もなくて、ちょっと心配・・・。

Img_0681

[新潟県内でしか売っていない良寛牛乳]

東京一極集中が進み、地方は取り残されているという行き詰まり感を地元の人たちは強く感じているようです。

既存の権力構造を切り崩していくことで、新しい展望が見えてくるような、そんな選挙結果になればいいなあ・・・と、故郷の知事選の結果を固唾を飲んでみまもっています。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »