« 妄想 | トップページ | 日比谷パワースポット »

2018年5月12日 (土)

ギンレイ・シネマ・パスポート(7):『否定と肯定』

まつこです。

しばらく使っていなかったギンレイ・シネマ・パスポートを使って『否定と肯定』を見てきました。原題はDenial、脚本はイギリスの社会派劇作家デイヴィッド・ヘアー。

Rachelweiszdenialcourt

[主人公デボラ・リップシュタットを演じるのはレイチェル・ワイズ]

ホロコーストの真実をめぐって激しく対立するホロコーストを否定する歴史修正主義者デイヴィッド・アーヴィングとアメリカの歴史学者デボラ・リップシュタット。この二人の間で1996年に争われた名誉毀損裁判を描く歴史映画です。

法廷での知的戦略、事実を追い求める学問的正義、反ユダヤ主義者の狂信・・・とテーマは硬派なのですが、私の気持ちを引いたのは主人公演じるレイチェル・ワイズのスカーフ使い。

ひょっとして・・・

440pxdeborah_lipstadt_remembering_t
[アメリカの名門エモリー大学の教授デボラ・リップシュタット]

と、調べてみたら、やっぱり実際のデボラ・リップシュタット教授もスカーフやマフラーをうまく使う人のようです。

Denialdenial_09195_r_rgb11024x640_2
[レイチェル・ワイズとデボラ・リップシュタット]

この映画でのレイチェル・ワイズの衣装は事実にかなり忠実です。

Denialdenial_02144_r_rgb
[これはエルメスかしら?]

アーヴィンを「危険なホロコースト否定論者」と呼んだことでリップシュタットは版元ペンギン出版とともに名誉棄損で訴えられます。

Deborahlipstadt6cbadf7dad534e1b8_2
[やはりエルメス?]

ケンブリッジ大の歴史学者リチャード・エヴァンズ、ダイアナの離婚訴訟も担当した弁護士アンソニー・ジュリアスといった大物たちがチームを組み、リップシュタットの主張を認める判決が出ます。

Unknown
[堂々たる勝利をおさめたリップシュタット]

裁判での勝利が決まった時の記者会見でのスーツ姿も本物そっくり。

Denial1
[正義感が強く知性ある女性はレイチェル・ワイズの得意とする役どころ]

ダイアナ皇太子妃とかジャクリーヌ・ケネディを登場させる歴史物の衣装は話題になりますが、歴史学者なんていう地味な職業の衣装が忠実に再現されたのは意外。でもこれはリップシュタットのファッション・センスが認められたということでもあります。大学教師だってやっぱりおしゃれしないといけません!秘訣のひとつはやはりスカーフ使い、と確信しました。

« 妄想 | トップページ | 日比谷パワースポット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/66712173

この記事へのトラックバック一覧です: ギンレイ・シネマ・パスポート(7):『否定と肯定』:

« 妄想 | トップページ | 日比谷パワースポット »