« リリカちゃん | トップページ | 転ばぬ先の杖 »

2018年2月15日 (木)

はじめての・・・

まつこです。

昨日、うめぞうはMRIの検査を受けました。結果がわかるのは翌日なので、気持ちが落ち着きません。せめてSt Valentine's Dayのチョコレートでも食べて気を静めようと、取り寄せしておいたアンリ・ルルーのチョコレートをいただきました。

Img_0271
[ヴァレンタイン仕様で大きなリボンのついたパッケージ]

アンリ・ルルーのチョコを食べるたび、うめぞうは「パリのお店の店員さん、すごーくきれいな人だったね〜」と必ず言います。チョコレートより甘い思い出のアンリ・ルルー。

でもやっぱり気になる精密検査の結果・・・

で、一夜明けて再び病院へ。

いつもの女医さんが「悪いものじゃなかったです!よかったですね。要は、ま、老化です」とにっこり笑ってくれました。腰椎のすべり症に加え、脊柱管狭窄、椎間板ヘルニアもあって、それらによって坐骨の神経が圧迫されているのだそうです。痛みのコントロールはこれからの課題ですが、とりあえず骨がんとかカリエスというような悪性のものではないとわかり本当にホッとしました。

ホッとしたところでデパートへ。

Img_0281
[うめぞう、はじめての杖]

足腰に痛みやしびれがあるので、杖が必要です。うめぞう、杖を持つなんて年寄りっぽい・・・とやや気落ちしているようですが、もはや見栄をはるような事態ではありません。でも革張りでかっこいい杖を選びました。

ついでにちょっと靴売り場をのぞいたら、セールで半額近くになっていたレペットのボルドー色のフラットシューズ。ちょうど私のサイズだけ残っていました。

うめぞうが歩けるようになって、一緒に散歩できる日が早くくるといいなあと願っています。

« リリカちゃん | トップページ | 転ばぬ先の杖 »

コメント

うめぞうさん、原因が判ってよかったですね。痛みは辛いことと思いますが、、、。どうぞお大事にしてください。まつこさんの素敵なフラットシューズで一緒にお散歩が楽しめますように。(私はもうあのような形の靴は無理、、、。)

Mochaさんどうもありがとうございます。
記事を読んで他の方からも励ましのご連絡をいただき、感謝感激。
なぐさめてくれた同年輩の友人たちは、いや、実は自分もすべり症があるんだとか、足がしびれて動けなかったことがあるんだとか、話してくれました。それでもいつの間にか痛みは去っていくものだ、と。ありがたい言葉に、なんとか希望をつないでいます。
医学部の教授をしていた友人によれば、頚椎・腰椎障害と痔疾は、四足歩行を始めてしまったホモサピエンスの構造的宿痾であるから、甘受するほかないとか。うーん、そうなると、オレは人類の原罪を背負って十字架についたイエスなのかと、ヒロイックな気分にもなってきますが、いやはや、今は自分の原罪を忘れて、あたりまえのように二足歩行している同胞がひたすら羨ましい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての・・・:

« リリカちゃん | トップページ | 転ばぬ先の杖 »