« はじめての・・・ | トップページ | 神経痛と名講義 »

2018年2月26日 (月)

転ばぬ先の杖

まつこです。

うめぞうは、あぶなっかしい足取りで杖をつきつつ病院通い。私は付き添い・・・

Img_0335
[もうじきひな祭り]

うめぞう:「ごめんね、おじいさんになっちゃって」
まつこ:「いいよ、いいよ、私ももうすぐおばあさんになるから」

というような、味わい深い会話もし、「夫の介護」という言葉も頭をよぎっていましたが、さいわいにしてお薬の効き目がよく、うめぞうは杖なしで歩けるようになりました。

まつこ:「杖、2、3回使っただけで、いらなくなっちゃったね」
うめぞう:「だいじょうぶだよ、そのうちまた使うようになるから」

いずれ使う日がくるかもしれないけれど、とりあえずしばらくは不要です。下駄箱の奥深くにしまいこまれた杖は、まさに「転ばぬ先の杖」です。

うめぞうが動けない間、私は大学の仕事と家事いっさいと病院の付き添いでおおわらわ。自分でもよくがんばった気がします。そこで・・・

Img_0326
[開けるのは誕生日まで待とう・・・]

「もうじき私の誕生日だし、わたしこの数週間よくがんばったから、うめぞうからのプレゼント、自分で好きなもの選んで買ってきてもいい?」

予算無制限(?)、選びたい放題、なんでも好きなもの買ってもいいと言われ、喜び勇んでデパートへ。誕生日は3月の半ばですが、早々とプレゼントをゲットしました。

3月の到来が待ち遠しい今日この頃です。

« はじめての・・・ | トップページ | 神経痛と名講義 »

コメント

うめぞうさん、杖も3日で要らなくなるほど回復されて、よかったです!まつこさんの甲斐甲斐しいサポートも効いたに違いありません。青天井のバースデープレゼント、ゴージャスな包みに、何なんだろう?とワクワクしています。私も誕生日は3月なのですが、来月東京に行く時にゲットするつもりで、今は虎視眈々という状況です。

Pukiちゃん、どうもありがとさんです。今回は改めて寄る年波を痛感しましたが、pukiちゃんのお見舞いメールは下手な薬よりずっと効き目があります。レントゲンやMRIの所見と痛みとの関には医者にも判断が難しいビミョーなグレーゾーンがあるようですが、こっちとしては痛みさえとれてしまえば、一旦は問題解決です。Pukiちゃんの上京時には普通の生活に戻っていると思うので、もし時間があればオフ会、計画しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転ばぬ先の杖:

« はじめての・・・ | トップページ | 神経痛と名講義 »