« 寒い朝 | トップページ | パディントン2 »

2018年1月25日 (木)

化粧品の効用

まつこです。

ある日、うめぞうが言いました。「ポーラのリンクル・ナントカっていう化粧品は効くみたいだよ。君も使ってみたらどう?」

美容情報を夫から仕入れるというのも不本意ですが、うめぞうはテレビ番組か新聞かで情報を得たようで、ポーラの販売員よろしく「開発に15年」「医薬部外品」とその商品説明をしてくれました。思わずそのセールス・トークにつられて買ってしまったポーラの「リンクルショット」。

Img_0220_1
[昨年の大ヒット商品だったというリンクルショット]

発売1周年とのことでアニバーサリー・キットになっていました。

Img_0219_1
[1周年記念でローションと美容液がおまけとしてセットになっています]

日頃はこういう「おまけ付き」みたいなのは興味がないのですが、販売員さんがうれしそうに「こちら1周年記念で・・・」と説明してくれるのでありがたくいただいてきました。

1本14,580円(税込)と結構なお値段です。販売員さんの説明によると「効き目がわかるのは3本目くらいから」。その間、「朝晩、シワにそってこれを塗り、そのシワに直角にマッサージする」のだそうです。

うーむ、数ヶ月にわたって朝晩、シワの周囲をマッサージしていれば、ひょっとしてその効果でシワが薄くなるんじゃなかろうか・・・と、若干、冷めた見方もできないではないが、せっかくのうめぞうのオススメなので、さっそく今晩から試してみます。

ついでに・・・

Img_0216_1_2
[気分が高まるJo Maloneの包装』

化粧品売り場を歩いている途中にふと目に入り衝動買いしてしまったのはジョー・マローンのハンドクリーム。

Img_0218_1
[ロンドンの町並みをデザインしたパッケージ。よく見ると空が曇っていてみな傘をさしている]

こちら新製品です。香りは定番のライム・バジル&マンダリンとイングリッシュ・ペア&フリージアに、ピオニー&ブラッシュ・スエードの3種類。テクスチャーは従来のボディ&ハンド・ローションより軽くてべたつきません。

こちらは完全にパケ買い。ハンドクリームとは思えないお値段だったけど、かわいいデザインを見ているだけで気分が上がるから、まあ、よしとしましょう。

実際に効果があるのか(使用価値)ではなく、買うのが楽しい(効用)のが化粧品。ニベアやユースキンの方が手荒れには効くけれど、心に効くのはジョー・マローン。やっぱり買い物って楽しいわ!

« 寒い朝 | トップページ | パディントン2 »

コメント

うめぞうさんのいつもながらの甲斐甲斐しさもさることながら、ポーラとは目のつけどころが素晴らしい。いつぞやドモホルンリンクルをまつこさまのために取り寄せたエピソードの記事を思い出し、さらに進化していることに感心しました。説得力抜群に違いないセールストークを想像するだに微笑ましいです。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

妻が鏡で自分の顔を見る時間より、夫が妻の顔を見る時間の方が長いので、妻のシワは夫にとってより切実な問題なのかもしれません。

うめぞう:「ぬったの、あれ?」
まつこ:「うん、ここんとこ」
うめぞう:「そこだけじゃなくてここにもぬった方が良いんじゃない」

うめぞうのチェック、厳しいです・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化粧品の効用:

« 寒い朝 | トップページ | パディントン2 »