« ハッピー・ホリデー | トップページ | 元気な赤 »

2017年12月26日 (火)

ギンレイ・シネマ・パスポート(4): Beauty and the Beast

まつこです。

ギンレイ・シネマ・パスポートの4回目は、いかにもクリスマスらしい映画『美女と野獣』。

908
[エマ・ワトソンのベルは強い意志と行動力を持ったフェミニスト]

ディズニー映画もファンタジーも日頃は興味がないのですが、飛行機の中で一度見て、映画館でも再度見てみようと決めていました。CGの吹き替えで顔の露出こそ少ないものの、エマ・トンプソン、イアン・マッケラン、ユアン・マクグレガーなど、イギリスの実力派俳優たちががっちりと脇を固めています。舞台はフランスですが、美しいイギリス英語が楽しめます。

Unknown
[王子様役がぴったりのダン・スティーヴンズ]

でもこの映画で顔が見えないのは、なんといっても野獣役のダン・スティーヴンズ。『ダウントン・アビー』のマシューのイメージを払拭すべく、ハリウッドに渡り、髪の色も濃く染めて、いろいろ個性の強い役に挑んでいるようですが、この人、やっぱり正当な二枚目の役があっているのよねえ。

ケンブリッジのエマニュエル・カレッジで英文学を学び、名門ドラマ・クラブのマーロウ・ソサエティでマクベス役をやって注目され、ブッカー賞の審査員もつとめたことがあるというエリート俳優。ホワイト・タイやロココ調の衣装が似合う貴重なハンサムです。あまり無理してあれこれ奇抜な役に挑戦せず、その美しい金髪碧眼で私たちの目を楽しませ続けて欲しい!

『美女と野獣』は、このダン・スティーヴンズが野獣から王子様に戻ったら、すぐにエンディング。ああ、王子様のダンス姿をもう少し長く眺めていたかったのになあ・・・。

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

« ハッピー・ホリデー | トップページ | 元気な赤 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンレイ・シネマ・パスポート(4): Beauty and the Beast:

« ハッピー・ホリデー | トップページ | 元気な赤 »