« 今週のギンレイ(3) La La Land | トップページ | 冬の東京 »

2017年11月19日 (日)

伝統芸

まつこです。

向島の料亭なんて足を踏み入れたことのない世界。そこで開かれる「女性による伝統芸能の伝承」というイベントに誘ってもらったので、興味津々で出かけてみました。

Dsc_1399
[「桜茶ヤ」という名前の料亭です]

地唄舞、義太夫、座敷芸、新内流しなど、日頃はまったく馴染みのない伝統芸能を鑑賞し、お料理をいただくという会でした。

演し物はよくわからないなりに楽しめたものの、つらかったのは正座。ふっくらした座布団の上とはいえ、食事とあわせて3時間近くの正座は難業苦行でした。どうせなら気分をもりあげようと、着慣れない着物など着て行ったせいで足を崩すこともできず・・・。

Photo
[真ん中にいるのは幇間、いわゆる太鼓持ちの櫻川七好さん。屏風芸やかっぽれを披露してくれました]

いっしょに行ったぽにょは雨天のため和装はあっさりとあきらめ、スカートの下で膝をくずして楽勝。立とうとしても立てずにジタバタする私を、同情しながら笑って見下ろしていました。

このたびの教訓、「正座も伝統芸、修行が必要」です。

« 今週のギンレイ(3) La La Land | トップページ | 冬の東京 »

コメント

お似合いです、まつこさん!正座に悪戦苦闘する様子は写真からはまったく窺えず、ふだんから着慣れている余裕の雰囲気です。

でもお着物、お似合いでしたよ♪ 鈴振りも2種類の振り分け、お上手でした。by 太鼓もち

Pukiさん、コメントありがとうございます。

ほとんど「コスプレ」のノリです。和服なんて何年ぶりか・・・。今度から居酒屋の座敷では正座の練習しようと思いました。

ぽにょさん、珍しいイベントに誘ってくださりありがとう。

向島の料亭で太鼓持ちに頼まれて鈴振った、というのは2017年度の思い出ベスト10には入りそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統芸:

« 今週のギンレイ(3) La La Land | トップページ | 冬の東京 »