« 母の誕生日 | トップページ | 伝統芸 »

2017年11月11日 (土)

今週のギンレイ(3) La La Land

まつこです。

ギンレイパスポート使用3回目はLa La Land。輝けるショービジネスの都Tinsel Townで明日を夢見る若者たちの恋。文句なしの娯楽映画です。⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Lalaland585c617a5f650
[歌って、踊れて、ピアノも弾けるライアン・ゴズリング]

私は前に飛行機の中で見てしまっていました。そのちょっと切ない結末を知りながら再度見ると、若さが弾けるばかりの冒頭の場面から、早くもちょっとセンチな気分になり、二人が恋に落ちる頃には鼻の奥がツーンとなり、エピローグでは涙がポロリ。

うめぞうもウルっとしているんじゃないかと思い映画館を出たところで聞いてみると・・・。

うめぞう:「僕はカントの『純粋理性批判』のこと考えながら見ていたよ。人間の自由意志をどうとらえるかの問題だね。」
まつこ:「はあ〜、うめぞう、なに言ってるの???」
うめぞう:「人生を自らの自由な意思で選んだのか、自らの力ではどうにもならない運命と考えるのかの問題だけど、目の前の幸せをあえて選ばないこともカントのいう自由意志なんだ。それに対し決定論は・・・」

うめぞう、お得意の哲学講義が始まってしまいました。しばらくしゃべらせたあとで「でも、うめぞう、ちょっとグッときたんだじゃない?」と聞いてみると、「うん・・・あのピアニスト、かわいそう・・・」としょんぼりした顔をしています。

ははーん、うめぞう、La La Landの結末の切なさに心ふるえ、その涙をこらえるため、カントの自由意志と決定論についての議論を披瀝していたようです。夫婦とも年とって、だんだん涙腺がゆるくなってきています。映画よかったわね〜と、ハンカチで目元をおさえるおばあちゃんと、小難しげな批評で涙をごまかすおじいちゃんに、なりかけているようです。

Photo_2
[パリから進出してきたSacree Fleur]

ギンレイで映画見たあとは、神楽坂で食事をするというのが定番のコース。今回はステーキ屋のサクレ・フルール。

Dsc_1328
[これは150グラム]

メインのメニューはほぼステーク・フリットだけのこのお店。ステーキは150グラムか300グラムかを選べます。お肉大好きな私たちは、二人とも150グラムずつだとちと足りない。部位の異なる150グラムと300グラムをひとつずつ取って分け合うのがちょうど良い。

Dsc_1013
[これが300グラム]

たっぷりお肉を食べると、老け込むにはまだまだ早いわ、という気分になってきます。

« 母の誕生日 | トップページ | 伝統芸 »

コメント

目下イギリスにいます。あ、この映画、見損ねたのです。やはりミュージカル映画は、映画館の大きなスクリーンで見たいものです。ララランドでカントを語るうめぞうさん、笑えます。今、イギリスに来ています。これからハイテーブルにお呼ばれなのですが(泣)、たしかまつこさんの記事があったはずと、これから検索して、メンタル的な準備をするところです。

コメントを読み返したら、文も変で誤字もあり、自分の緊張が伝わってきました。カチンコチン。ひえー。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

ハイテーブル、いかがでしたか。Pukiちゃんのことだから、そつなくこなし、雰囲気を楽しまれたことと思います。ラテン語のお祈り、長かったですか。帰国したらイギリスの様子など、うかがうのを楽しみにしています。Rememberance Dayも終わり、そろそろクリスマスに向けて、冬の寒さも次第に厳しくなる季節。早い日暮れの茜色の空が懐かしいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のギンレイ(3) La La Land:

« 母の誕生日 | トップページ | 伝統芸 »