« イタリアからの手紙 | トップページ | のんびり休日 »

2017年9月26日 (火)

どうぶつむら

まつこです。

私たちが住んでいる界隈はお寺が多く、お彼岸の時期になると人通りが増えます。近年はお彼岸以外のときも若い人や外国人の観光客が急増しました。路地の奥にある古い家を利用したカワイイ系のお店が増えています。

Dsc_0980
[ボンジュール・モジョモジョってなに?]

突然あらわれた看板の矢印の先には・・・

Dsc_0983
[忍者の気分が味わえる細い路地]

マルに「ヒ」のマークは元質屋さんを利用したギャラリー・マルヒ。蔵やタイル貼りの古めかしいキッチンのあるおもしろい建物です。

Dsc_0985
[くま、カエル、カニ、ライオン、ぶた、いぬ、うさぎ、カメなど並んでいます]

その隣のボンジュール・モジョモジョは動物パンのお店です。いろいろ並んだカワイイ動物の絵にどれにしようか悩んでも、いつも買うのは決まって「つぶあんくま」と「クリームうさぎ」。

Dsc_0992
[くまとうさぎ]

日によってカワイイときとへちゃむくれな日があるのはご愛嬌。

他にも若い人が喜びそうなお店や、古い家並みを利用した個性あるお店がいろいろあります。目立って多いのはこのモジョモジョのように動物をモチーフにしたお店です。旅するミシン店という名前からは何のお店か判明しない店もその一つ。

Dsc_1009
[ブックカバーのほかに小物も売っている]

こちらはブックカバーのお店です。店長さんが描いた動物のキャラクターが描かれています。

上野動物園からも遠くないこの界隈。パンダの赤ちゃん誕生に沸いていて、昔から老舗もパンダの誕生を祝っています。

Dsc04491_1
[マミーズのアップルパイのうえにもパンダ]

西片の坂の途中にある地味な店だったマミーズも、すっかり有名なアップルパイ専門店になり、支店も増えているようです。

大学最中が名物だった本郷三原堂も今はパンダ最中を売っています。パンダ饅頭も新発売。

Dsc_1199
[さりげなくパンダ]

求肥のはいったミニどら焼きにもパンダの刻印。

猫マニアが集うカフェやら専門店やらも多く、なにやら動物村と化しつつある谷中・千駄木・根津・本郷。散歩の途中で新デザインの動物発見が楽しい界隈です。

« イタリアからの手紙 | トップページ | のんびり休日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうぶつむら:

« イタリアからの手紙 | トップページ | のんびり休日 »