« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月26日 (火)

どうぶつむら

まつこです。

私たちが住んでいる界隈はお寺が多く、お彼岸の時期になると人通りが増えます。近年はお彼岸以外のときも若い人や外国人の観光客が急増しました。路地の奥にある古い家を利用したカワイイ系のお店が増えています。

Dsc_0980
[ボンジュール・モジョモジョってなに?]

突然あらわれた看板の矢印の先には・・・

Dsc_0983
[忍者の気分が味わえる細い路地]

マルに「ヒ」のマークは元質屋さんを利用したギャラリー・マルヒ。蔵やタイル貼りの古めかしいキッチンのあるおもしろい建物です。

Dsc_0985
[くま、カエル、カニ、ライオン、ぶた、いぬ、うさぎ、カメなど並んでいます]

その隣のボンジュール・モジョモジョは動物パンのお店です。いろいろ並んだカワイイ動物の絵にどれにしようか悩んでも、いつも買うのは決まって「つぶあんくま」と「クリームうさぎ」。

Dsc_0992
[くまとうさぎ]

日によってカワイイときとへちゃむくれな日があるのはご愛嬌。

他にも若い人が喜びそうなお店や、古い家並みを利用した個性あるお店がいろいろあります。目立って多いのはこのモジョモジョのように動物をモチーフにしたお店です。旅するミシン店という名前からは何のお店か判明しない店もその一つ。

Dsc_1009
[ブックカバーのほかに小物も売っている]

こちらはブックカバーのお店です。店長さんが描いた動物のキャラクターが描かれています。

上野動物園からも遠くないこの界隈。パンダの赤ちゃん誕生に沸いていて、昔から老舗もパンダの誕生を祝っています。

Dsc04491_1
[マミーズのアップルパイのうえにもパンダ]

西片の坂の途中にある地味な店だったマミーズも、すっかり有名なアップルパイ専門店になり、支店も増えているようです。

大学最中が名物だった本郷三原堂も今はパンダ最中を売っています。パンダ饅頭も新発売。

Dsc_1199
[さりげなくパンダ]

求肥のはいったミニどら焼きにもパンダの刻印。

猫マニアが集うカフェやら専門店やらも多く、なにやら動物村と化しつつある谷中・千駄木・根津・本郷。散歩の途中で新デザインの動物発見が楽しい界隈です。

2017年9月22日 (金)

イタリアからの手紙

まつこです。

古いジャケットのポケットに折りたたんだ紙が入っているのに気付きました。取り出してみると手紙。「え、誰かにもらった手紙を入れ忘れちゃったのかな?」と一瞬、うろたえました。

Dsc_1210
[一瞬、古いエアログラムかと・・・]

 

開いてみたら、なんのことはない、ジャケットのメーカーのチルコロ(CIRCOLO1901)の宣伝用メッセージでした。

Dsc_1208
[イタリア語、英語、ドイツ語の3ヶ国語表記]

 

「わきに抱えてもいいし、肩に羽織ってもいい、いつでもどこでもこのジャケットを着て楽しんでね」みたいな他愛ない内容です。でも、さすがイタリアのメーカー、宣伝とはいえ演出がおしゃれです。薄紙がエアログラムみたいで、さりげないインクのシミまで印刷してあって、雰囲気出ています。

Dsc_12162

[春から夏にかけてけっこう着たジャケット。白と薄いブルーの糸をあわせたニット素材]

チルコロのジャケットは細身でシルエットがすっきりしているのですが、ニット素材なので着ていてらくちん。柔らかい印象の仕事着として重宝します。

Dsc_1213
[つい最近買ったニット・ジャケット。丈が長めなので着こなしやすそう]

イタリアブランドのCIRCOLOやSeventyを買うのはいつもの近所のセレクトショップのSORRISO。この秋冬用のCIRCOLOのジャケットもそこで買いました。今月のPreciousに同じのが掲載されていて、ちょっとうれしい。(このジャケットのポケットにも同じ手紙が入っていました。)

ほかにもあれこれ秋冬物を購入したので、早く涼しくならないかなあ・・・と、本格的な秋の到来を心待ちにしています。

2017年9月13日 (水)

デジタル・デトックス

まつこです。

あまりパッとしない天気の夏も終わり、あっというまに秋。その間、私が取り組んでいたのは「デジタル・デトックス」。パソコンやスマホの使いすぎが、体の様々な不調の原因と指摘する人は多いようです。そこで決意したのが・・・

夜8時以降はできる限りパソコン、タブレット、スマホを使わない。デジタル・デトックスです。

Dsc_1182
[ネック・レスト・タイマー]

 

画面を見続けることで首に負担がかかり、それが肩こり、不眠、ひいてはウツを引き起こす、という説もあるようです(『首は絶対にもんではいけない!』)。PCで仕事をするときには、15分に一回、30秒の休憩を取る方が良いというのを読み、専用のタイマーまで買ってしまいました。

確かにこのデジタル・デトックスを始めて以来、体調はまあまあ良いように感じています。

もっと良いのが本を読む時間が増えたこと。で、最近読んで、圧倒的に面白かったのが前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』。学生への推薦図書にまでしてしまいました。

Dsc_1181

[圧倒的なおもしろさ!]

若い研究者がフィールドワークでの苦労を描いた自伝なのですが、文章のうまさに加え、著者の研究に対する情熱がストレートに伝わってくるのがこの本の魅力です。ポスドクの身分の不安定さ、研究資金と語学力の不足など、苦労の種は尽きない研究生活ではありますが、アフリカの大地でひたすらバッタを追い求め続けるひたむきさと、その苦労をユーモラスかつドラマティックに語る話術がお見事。表紙の写真のヘンテコさにひるまずに手にとってもらいたい一冊です。

この秋はデジタル・デトックスと読書の季節にしたい・・・と思っています。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »