« ゆったりとした時間 | トップページ | ユニバーシティ・チャレンジ »

2017年8月15日 (火)

年々歳々

まつこです。

何百年も同じ風景がそのまま受け継がれているケンブリッジ。

Dsc_1110
[8月はパントを楽しむ観光客でにぎわいます]

「年々歳々、花相似たり」

でもそのあとに続くのは、

「歳々年々人同じからず」

今回、聞いた残念なニュースは絵画教室のジャズミ先生(Mohammed Djazmi)が亡くなっていたこと。まだ60代だったと思うのですが・・・。イランから亡命してきて、生活のためにケンブリッジの風景画を描いて売ったり、絵画教室の指導をしたりしながら、イランの政治状況に対する抗議の痛切な思いをこめた暗い作品を描いておられました。

Hme_1m
[こちらはジャズミ先生の絵。先生のHPからお借りしました。他の絵もHPのギャラリーで見ることができます]

ケンブリッジ大学の建物の一つで個展を開催した際、それにあわせたトークの会には、盲目の息子さんも含めて家族の皆さんが来ていました。愛情にあふれたご家族の様子でしたが、目の見えない息子さんはお父さんの絵をどんなふうに想像しているのかな・・・と、複雑な思いも胸に去来しました。

ジュディたち教会のメンバーは、教会で追悼の会をしたそうです。若き日に亡命して以来、何十年もたっても、あくまでイランの政治をテーマにし続けていました。教会という地域コミュニティの一員として受け入れてもらいながらも、同時に最後まで故国を追われた異邦人でもあったのだろうと思います。

半年ほど通っただけの絵画教室での、ほんのささやかなご縁でしたが、鉛筆デッサンや水彩画の「きほんのき」だけではなく、いろんなことを考えるきっかけを与えてくれたジャズミ先生でした。

« ゆったりとした時間 | トップページ | ユニバーシティ・チャレンジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/65668825

この記事へのトラックバック一覧です: 年々歳々:

« ゆったりとした時間 | トップページ | ユニバーシティ・チャレンジ »