« ショーズ・コーナー | トップページ | デジタル・デトックス »

2017年8月25日 (金)

保守的であること

まつこです。

2週間ほどのケンブリッジ滞在、今回は最初から最後までトムとジュディにお世話になりました。

Dsc_1129
[出発前の最後のお手伝いは庭のラズベリー摘み]

ときどき政治の話もしますが、二人は典型的な保守派です。新聞は右寄りの『テレグラフ』、選挙は保守党、EU問題も当然のように離脱支持。「社会主義」という言葉を嫌い、数百年前の先祖がフランス系らしいということを「残念」に思っているイングランド人です。夏の最大の関心事はクリケットのイングランド・チームの試合ぶり。

しかし二人は決して、偏狭なナショナリストではありません。人種的偏見にとらわれることも決してありません。

若い頃からトムは建築家としてジンバブエ、南アフリカ、モザンビーク、パキスタン、インドネシアなどアフリカやアジアの各地で仕事をし、一家は世界各地での生活経験があります。アフリカやアジアの政治状況をいつも気にかけ、政治的混乱に無辜の民が巻き込まれることに胸を痛めています。

Wp_20170823_09_36_14_pro
[この日はグランチェスター・メドウズで犬を走らせました]

二人の様子を見ていると、「保守派」であることと「コスモポリタン」であることは両立するのだと実感します。

もちろんそこには、かつてのイギリスの帝国主義支配の歴史も深く関わっています。かつて世界を支配した国に蓄積された文化資本・社会資本が、こうした善良なる中流階級の市民を育む豊かな土壌になっているのでしょう。

しかし日々の生活はつつましく、めまぐるしく変化する消費文化とは一定の距離を置き、20年前、30年前とあまり変わらない生活習慣をごく自然に保とうとしている。その様子を見ていると、こうした保守層の持つ倫理的安定感の意義は大きいと思えてきます。

Dsc_1115
[私が泊めてもらっていた部屋。全体がアンティークっぽい]

自然の中を犬と散歩し、昼は庭仕事に精を出し、しょっちゅうティーに友人を招き、近所の人たちとの交流を大切にし、そういう日々の積み重ねの中で老いていくことを、当然のことと受け止める。そういう価値観を守ることも保守の一面なのでしょう。

滞在中は毎朝、私も二人と一緒に小一時間ほどの散歩をしました。家で見つかった一番小さい長靴は50年くらい前のかと思うほど古びていました。まだ私には大きすぎる古い長靴を履いて、草原の中をブカブカ音を立てながら歩きながら、古いものを守ることの良さを私も少し実感した気がします。新しいもの好きの私も少し保守派になったかも・・・と思う二週間の英国滞在でした。

« ショーズ・コーナー | トップページ | デジタル・デトックス »

コメント

夫の亡くなった両親がまさにそうでした。テレグラフのクロスワードが大好きだった義父さん。懐かしくて、涙腺が決壊しました。

Pukiさん、コメントありがとうございます。

そうそう、クロスワードもイギリス人が好きなものですね。テレグラフのクロスワードの中にMIRINとOKINAWAという言葉がありました。へえー、ミリンやオキナワは英語の中に定着しているのかとびっくりしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527170/65704800

この記事へのトラックバック一覧です: 保守的であること:

« ショーズ・コーナー | トップページ | デジタル・デトックス »